「ハードディスク(12TB) MN07ACA12T/東芝」レビュー ~東芝がいつのまにか鉄板のHDDメーカーになっていた~

今回レビューするのは、東芝さんのハードディスク『MN07ACA12T』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • 東芝製内蔵HDD 新品3年保証
  • サイズ:3.5 容量:12TB
  • 回転数:7200rpm バッファ:256MiB
  • 記録方式:CMR
  • 最大120万時間のMTTF ワークロード180TB/年
  • 24時間連続稼動 RVセンサー搭載

 

長所と短所

  • ○12TBの大容量
  • ◎静か
  • ○静かなのに7200rpm

 

外観

パッケージ外観
D0493C89

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

072B28E8

 

使用した感想

○12TBの大容量

このHDDは12TBの大容量です。遂に手が出せる普及価格帯でも10TB超えが出てきました。

72FDE1B6

 

HDDなどのストレージは、1024(byte)を1(キロbyte)とする慣習があるため、容量が大きくなればなるほど、理論値と実容量に差が出てきます。12TBともなるとその差は大きく、実容量だと10.9TBです。1TBも少なく損した感じ…。

44F7E35D

 

◎静か

私は経験上、静かで壊れないHDDはWestern Digitalだと確信してきました。今もその信用に揺らぎはないのですが、新しく出たWDの12TBは、ヘリウムガスではなくうるさいとの評判が…。

 

私はPCがある部屋と寝るところが同じなので、静音性を重視しています。うるさいHDDでは困るので、今回は静かだと言われていた東芝のHDDを購入。これが大正解。

 

7200rmpの高速回転なので、本当に静かなのかどうか不安だったのですが、これまでのWDに勝るとも劣らない静かさでした。東芝の10TBのHDDも現在使用しているのですが、それよりも明らかに静かです。

 

画像のように、ケース内に入れず裸運用しても全くうるさくなかったです。うるさいHDDでありがちな、アクセス時のスピンアップで「キュルルルル」との音もなし。ケース内に入れてしまえば音は聞こえません。

43FA9637

 

○静かなのに7200rpm

静音HDDは5400rpmが多いのですが、最近は5400rpmをあまり見掛けなくなってきました。しかし、前述したように7200rpmでも静かですし、やはり7200rpmだと読み書きは速いです。

 

こちらの画像はUSB 2.0の外付けでの転送速度を計測した様子です。

9871861D

 

一方、こちらはUSB 3.0での接続。USB 2.0とは比べものにならないくらい速いです。USB 3.0は優秀。

1E954738

 

そして、こちらは内部のSATAケーブルで接続した様子。USB 2.0、3.0よりも速いです。しかし、予想外にUSB3.0でも速かったので、外付けUSB3.0での運用でも十分です。

96CF29DB

 

HDDで気になるのは、速度、静音性、そして温度です。高温になるHDDは寿命が短くなります。その点もこちらは優秀で、1時間ほどファイルを連続して書き込んでいる状態です。以降もこれ以上温度が上がることはなく、最大でも42度でした。このときの室温は31度です。

E8B3785F

 

総評

静音。それでいて7200rpm。温度も低め安定。弱点のないHDDだと思います。どうも私が鉄板だと思っている、WDの12TBはうるさいとの評判が多いので、静音性を気にするなら、東芝のこのHDDはお勧めです。

 

東芝製はうるさいと言われた時期もあったようですが、このHDDは間違いなく静音です。

 

こんな人にお勧め

  • 12TBの静音HDDが欲しい人
  • 7200epmで静音のHDDが欲しい人
  • 温度が低め安定のHDDが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品