「PayPalで受け取りが一時保留になる」レポート ~24時間後に解除で解決~

今回レポートするのは、『PayPalで受け取りが一時保留になる』レポートです。

 

それでは早速レポートを書いていきたいと思います。

 

レポート

支払いがステータスが一時保留になって焦る

先日、PayPalで送金された分がステータスが保留になってしまいました。5年ほどPayPalを使用していますがこんなことは初めてです。

 

ネットで検索すると、eBayで売買したとき、売り手や買い手保護のため、商品を発送するまで一時保留にすることがあり、その体験談はたくさんあったのですが、eBayを一度も利用したことがなく、商品を売ってもいない私のような保留の体験談は見つかりませんでした。そこで今回、この体験をレポートとしてまとめておきます。

 

先方から支払いされたのが11時27分。メーラーを見てみると11時29分におかしなメールが届いていました。それがこちらのメールです。

3D47C60B

 

11時27分に支払われ、11時29分にメールが来たので、受信のタイムラグを考えると、送金されたと同時に保留になったようです。送金後数時間たってから保留されたわけではありません。

 

詳しいメールの内容はこちらになりますなります。『一時保留?なんだそりゃ』とビックリしました。このようなことは初めてですし心当たりも一切ありません。

 

ワード検索する方も多いと思うので文面を記載しておきます。重要な文言は太字にしてあります。

 

(※私)様、こんにちは。

(※送金元)様からの支払いは一時保留になっています

PayPalでは、お客さまへの送金のためにログインしたのが(※送金元)様であることを確認するため、セキュリティチェックを迅速に行う必要があります。お客さまの¥9,425 JPYの支払いは、このメールを受信してから24時間後に「保留」と表示されます。

取引履歴の詳細でステータスを確認するか、弊社の保留に関するポリシーで詳細をご覧ください。

ご対応が必要な事項はありません。次のステップは以下の通りです。

友達・家族などの個人から資金を受け取った場合

PayPalは、送信者が正しいことを確認してから保留を解除します。送信者が(※送金元)様ではないと疑われる場合にのみ、支払いをキャンセルします。

購入代金の支払いを受け取った場合

商品を発送する前に、このメールを受信してから24時間お待ちください。

お客さまの商品が保護の対象であるかどうかを確認するには、取引の詳細の[売り手保護]セクションをご覧ください。

支払い内容の詳細
送信者: (※送金元)
お取引日: 2020年4月3日 11:27:01 JST
取引金額: ¥9,425 JPY
取引手数料: -¥426 JPY
取引ID: (※取り引きID)
配送先住所: (※送金元)
(※送金元住所)

PayPalは不審なメールからお客さまを守るため、PayPalからのメールでは必ずお客さまの氏名を記載させていただいております。不審なメールの対処方法について

このメールへの返信はご遠慮ください。ご質問・お問い合わせがございましたら、[ヘルプ・お問い合わせ]をクリックしてください。

このメールが届いた理由がご不明な場合詳細情報

PayPal Pte. Ltd.はシンガポール法人であり、日本国金融庁に(1)資金移動業者(関東財務局長第00026号)および(2)前払式支払手段第三者型発行者(関東財務局長第00705号)として登録されています。

 

『このメールを受信してから24時間後に「保留」と表示されます。』と少しおかしな日本語が書いてあります。おそらく、『このメールを受信してから24時間「保留」と表示されます。』でしょう。

 

一文言には『24時間保留と表示されます。』と書いてあるので、『24時間後に解除されるのか?支払われるのか?』と思うのですが、なにせ初めてのことなのでわかりません。また、その前には『ご対応が必要な事項はありません』とも書いてあるので、ただ待てば良いのだろうか…とも思うのですが不安です。

 

取り引き画面の詳細を見ると、やはりステータスが保留中なっています。また、下部には保留日や保留解除日の記載もあります。保留解除日が明確に翌日になっているので、これは本当に待つだけで良いのか…。

1C6F902B

 

心配性でせっかちなので、こうなったらもう問い合わせです。メールでも問い合わせ出来るのですが、返信までに24時間ほど掛かってしまうので、サポートセンターに電話してみました。

 

サポートセンターに電話してみる

問い合わせのページはこちらなります。

 

簡単に手順を記載すると、ヘルプセンターよりページ下部右側のお問い合わせをクリック。その後、メールで問い合わせるか電話で問い合わせるかが出るので、そこで今回は電話を選択。

1A529400

 

一時お問い合わせ用番号が表示されるので、その画面を表示しつつ、カスタマーセンターへ電話。

90FD3B89

 

電話はまず自動音声案内に繋がります。そこで、『日本語のお問い合わせが必要なら1を押して下さい』などと案内されるので、指示に従って手順を踏んでいきます。そして、前述した一時お問い合わせ用番号を入力。すると人に繋がります。

 

繋がったのは女性で、流ちょうな日本語ですが、あきらかに中国人が喋るイントネーションでした。サポートセンターは中国にあるのでしょうか。

 

今回の一時保留はどう言うことなのか訪ねました。すると、これはPayPalがランダムに行っているセキュリティチェックとのこと。要はスポーツ選手がランダムで検査されるドーピング検査と同じ類いのもののようです。

 

自分のアカウントが怪しまれているのか、アカウントを見ての制限ではないのかも訪ねましたが違うようです。PayPalのランダムチェックに、たまたま私のこの送金が当たったようです。

 

通常は24時間から48時間で自動的に入金されるとのこと。前述したメールにも24時間うんぬんの記載がありましたが、それとも符合するので納得して電話を切りました。

 

24時間後に無事入金される

カスタマーセンターに直接電話をして理解したとは言え、実際にどうなるかはまだわからないので不安です。『本当に24時間で入金されるのか?』とビクビクしながらPayPalの取り引き画面を開き、リロードしながら待っていたら、本当にピッタリ24時間後に保留が解除されて入金がありました。また、取り引き詳細にあった、下部の保留解除日などの記載も消えました。

C525213B

 

保留が解除されて入金があったことを知らせるメールも来ました。

4827C12C

 

こちらも下記に文面をコピペしておきます。

 

(※私)様、こんにちは。

(※送金元)からの支払いがご利用いただけるようになりました。
¥9,425 JPYをお客さまの利用可能残高に移動しました。この支払いは、お客さまの取引履歴の詳細に「完了」として表示されます。

購入代金の支払いを受け取った場合は、商品またはサービスを提供できるようになりました。

支払い内容の詳細
送信者: (※送金元)
お取引日: 04/02/2020 19:27:01
取引金額: ¥9,425 JPY
取引手数料: -¥426 JPY
取引ID: (※取り引きID)
配送先住所: (※送金元)
(※送金元住所)

PayPalは不審なメールからお客さまを守るため、PayPalからのメールでは必ずお客さまの氏名を記載させていただいております。不審なメールの対処方法について

このメールへの返信はご遠慮ください。ご質問・お問い合わせがございましたら、[ヘルプ・お問い合わせ]をクリックしてください。

このメールが届いた理由がご不明な場合詳細情報

PayPal Pte. Ltd.はシンガポール法人であり、日本国金融庁に(1)資金移動業者(関東財務局長第00026号)および(2)前払式支払手段第三者型発行者(関東財務局長第00705号)として登録されています。

 

『自分が何か疑われているのか?なにかやらなければいけない手続きがあるのか?』と焦ったのですが、特になにもすることなく、勝手に24時間後に自動入金されました。

 

総評

eBayでの取り引きで入金が保留されることがあると、検索ではたくさん出てきたのですが、私のように、eBayとは関係ない送金で保留されることもあるようです。

 

eBayでの保留の場合、本人確認や商品の発送情報を、PayPalに送らなければならないことが多いようなのですが、私はこれら自分ですることは一切なく、なにもせずただ24時間待つだけで入金されました。

 

eBayの保留とは種類が違うようで、カスタマーセンターで教えてもらったように、PayPalは全送金の中から、セキュティティチェックのため、ランダムチェックをしているとのことです。前述もしましたが、スポーツでのドーピング検査と同じ性質です。

 

私と同じように、eBayを利用していないのに保留された場合、メールや取り引き詳細画面に、24時間後にうんぬん、対応が必要な事項はありませんなど記載があるので、これがあったらランダムチェックです。心配しなくても24時間後に入金されます。

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品