「2度目のGoogle AdSenseポリシー違反」レポート ~価値の低い広告枠:コンテンツが存在しない~

今回レポートするのは、Google AdSenseさんのポリシー違反です。

 

以前1度警告を受けたことがあるのですがまた来てしまいました。今回も焦ったのですが、数時間で解消されたのでその報告です。

 

それでは早速レポートを書いていきたいと思います。

created by Rinker
¥1,998 (2019/09/15 11:08:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

レポート

またしてもポリシー違反で怒られる

以前警告を受けたときに経緯を記事にしたのですが、それが下記の記事になります。

 

日付を見ると2018年12月23日でした。前回から半年足らずでまた警告を受ける羽目に…。前回は『アダルトコンテンツ』と言う恥ずかしい警告でして…。まあ、記事を見るとなんでもない、シティーハンターとめぞん一刻の記事で、知っている方はピンと来ると思いますが、ストーリー上、女性の際どい姿やシーンもあり(今説明するのも気を使う…)、おそらくそれかなと思い、画像の削除や伏せ字にして再審査を依頼したら、ちょうど1日くらいでGoogle Adsenseのページ上部の赤い警告が消えました。Googleさんのアダルトチェックは凄く厳しいので要注意です。

 

ところが今回、前回とは違う新たな警告で頭がハテナで一杯になりました。

 

価値の低い広告枠:コンテンツが存在しない

さて、今回私が受けた警告は『価値の低い広告枠:コンテンツが存在しない』とのこと。メールに詳しいことは書いていないので、メールに貼られているリンクに飛ぶとこのように記載されていました。

81662AFA

 

価値の低い広告枠って…とショックを受けたのは置いておいて、このようなGoogleやAmazonからの文言は通り一辺倒でザックリとしか教えてくれません。このページのこの部分のこれが駄目なんですよと教えてくれれば、「イェッサーすぐに直します!」と即修正作業にかかれるのですが、わからないのでまずは検索です。

 

すると、いくつか候補があるようで、文言通りページがインデックスされていなかったり、そもそもページのない404であること。そしてもう1つは広告が多すぎることなどとのこと。公式には下記のように記載がありました。

 

価値の低い広告枠: コンテンツが存在しない

AdSense のプログラム ポリシーに記載されているとおり、ユーザーにとって価値がほとんどないページやアプリ、または広告の比率が高すぎるページやアプリには、修正が行われるまで Google 広告が表示されません。これには、広告配信専用のページや、コンテンツが存在しないページやアプリが含まれます。
詳しくは、次のリンク先の情報をご確認ください。

 

 

多分広告が多いんじゃないかなあと思い、8割方広告を削除。そして再審査を請求してみました。

 

審査のリクエストは下記ページで修正したページ左のチェックボックス①をオンにし、②の『審査のリクエスト』をクリック。あとは神様…もといGoogle様に祈るだけです。

CF8B4337

 

なんと今回は6時間でポリシー違反が解消

そして…今回はなんと審査のリクエストをしてから6時間でポリシー違反が解消されました。

216DEE46

 

時系列で書くと下記のようになります。

 

  1. 2019年6月11日1時42分:警告メールが来る
  2. 2019年6月11日2時54分:修正完了、再審査をリクエスト、問い合わせから「広告を大幅にカットしましたがこれで合っていますか?」と送る
  3. 2019年6月11日9時30分頃:ポリシー違反が解消される(この時点でメールはまだ来ていない)
  4. 2019年6月12日1時00分頃:再審査完了とポリシー違反快勝のメールが届く

 

前回1日で解決したのも早くて驚いたのですが、今回はなんとたった6時間で解消で驚きました。と、ともにホッとしました。しかし、やはり広告が多すぎたのね…。

 

何故広告を多くしたのか

では何故警告を受けるほど広告を多くしたのかと言うと、勿論お小遣いが増えたら良いなとの思いは正直ありました。ただ、それより『技術的に面白いものを発見したのでやってみたくなった』との思いがメインでした。

 

記事内のある部分に任意に広告を入れられるコードを見付け、それを自分なりに改造してさらに柔軟に対応できるようにし、それがきちんと動いたので嬉しかったんです。ただ、今回はそれが災いしたようです。弄るのが好きだからってやりすぎは良くないですね。反省。

 

実はもう1つ前段階があって、1年くらい前までGoogleは1ページに広告が3つだったり5つだったり数が制限されていました。ところが少し前からこの制限が撤廃され、1ページ内にいくつ設置しても良いですよとなったので、公式がそう言うならじゃあ…と調子に乗ってしまいました。

 

『価値の低い広告枠:コンテンツが存在しない』は無視でも問題ないらしい

今回は前回のポリシー違反とかなり様相が違っていました。と言うのも、前回Google Adsenseページの上部に赤いバーでわかりやすく警告が出ていたのですが、今回はそれがありませんでした。警告メールを見逃していたら自分が違反していることにも気付きません。

 

また、今回のポリシー違反ではページ単位であり、サイトにもアカウントにも影響がないとのこと。画像を見るとわかりますが、左の2つが0なんです。前述の画像にありますが、このポリシー違反ではポリシー違反のあったページのみ広告が制限、停止され、その他に影響はないとハッキリ書かれていました。つまり、面倒なら放置でも問題ないと思います。そのようなことは他サイトにも書いてありました。ただ、これはあくまで私たちの勝手な想像なので、責任は持てません。この辺りはあまり信用しすぎないでください。

DF694AC2

 

追記:問い合わせてみた結果

『価値の低い広告枠:コンテンツが存在しない』とはなんなのかGoogleに問い合わせをしたのですが、その回答が来たので報告します。

 

価値の低いコンテンツのポリシーにつきましては、一般的に以下の内容となります。

 

1. コンテンツに対して広告の量が多い
2. 削除されたページに広告コードがついている

 

1 に関しましては、ページを読み込んだ際に広告の画面占有率がコンテンツより多いと判断された場合、違反措置がつくようになります。

 

対応方法としましては、コンテンツに対して広告を減らしいただくか、コンテンツ量を増やしていただくという形になります。

 

やはり調べて推測したとおり、『広告の量が多い』とのことでした。このポリシー違反は既にGoogle Adsensに承認されて広告を貼り付けているユーザー向けですね。あらたにGoogle Adsenseを始める人に来るものではありません。現在、Google Adsenseを貼り付けている方で、このポリシー違反で警告が来たら広告が多すぎるいうことのようです。

 

総評

前回のポリシー違反の警告から半年で2回目の警告を受けてしまい、メールを見たときは愕然とし、今度は見たこともない内容なので再度愕然としましたが、6時間で解消されて良かったです。

 

公式には再審査には1週間くらい掛かると書いてありますし、他サイトでも早くても2,3日掛かると散見するので、私の場合は問い合わせから改善計画書のようなものを出し、丁寧に再審査をお願いしたことが良かったのかもしれません。別に早く再審査してもらうことを狙ったわけではなく、文言がザックリしていて何をすれば良いのか分からず、助けてくださいと泣きついた…ってのが正しい表現なんですけどね。

 

Google Adsenseのポリシー違反はきちんと真摯に対応すればまず大丈夫だと思います。問題はどこが問題かわからないことですが、その場合は問い合わせから泣きついてサポートの人に聞きましょう。相手も人間なので土下座すれば少なからず同情してくれると思います。これまで長いことネットをやっているため、Google、Amazon 、ヤフオクから警告を貰ったことがありますが、土下座&お願いメールで全て乗り切ってきました。自慢出来ることではないですが…。規約は定期的に変わるので、長いことやっているとその変更に気付かず、意図せず違反してしまう…なんてことがどうしてもあります。

 

今回のようなポリシー違反は2019年から多く報告されるようになったようで、まだあまり情報が出回っていないようです。前述したように、Google Adsenseは広告の貼り付け枚数制限を撤廃しました。なので、私のように広告を多く貼り付けすぎる人が出てきたため、Googleも警告を送るようになったのかもしれません。

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

created by Rinker
¥1,998 (2019/09/15 11:08:57時点 Amazon調べ-詳細)