アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第59話 「ドキッ!九条明日菜はじめての体験!!」」

あらすじ

1987年05月20日放送。

 

前回、三鷹さんから響子さんへプロポーズしたのですが、その日に行き違いがあり、答えが先延ばしになりました。

 

一方、三鷹さんと明日菜さんは、三鷹さんの思惑とは逆に、どんどん話が進んで行き…。

 

きょんきょん

保育園できょんきょん登場。この話はよく出来ているんですよね。

 

E2B558C5

 

五代君が保育園のきょうこちゃんからカセットテープのラブレターを貰い、無視するのは可愛そうなので、子供の気持ちを考えた、実に子供向けの話方で、カセットテープの返事をきょうこちゃんに返します。ここからヒントを得て、響子さんにも同じ方法で、前回の謝罪をを録音したカセットテープを渡すのですが、そのカセットテープを間違えてしまい、響子さんにきょんきょん宛てのカセットテープを、きょんきょんに響子さん宛のテープを渡してしまいます。

 

FFE0F912

 

このオチが実に面白かったです。この辺はどんどんシリアスになっていき、ラブコメと言うより、ラブストーリーへと変わっていくので、笑いは段々少なくなってくるだけに、こうやって少ない笑いで思いっきり落とすというのは実に効果的です。

 

三鷹さんと明日菜さん第1の誤解

のちに来る三鷹さんのマンション口での誤解を第2の誤解とするなら、これは第1の誤解ってところですかね。

 

本当にめぞん一刻は誤解とすれ違いで半分は出来ています。こういう積み重ねでどんどん選択肢が狭まっていくんですよね。

 

00F6F1E6

 

原作漫画では

 

きょんきょんのオチは素晴らしい

この回のきょんきょんのオチは凄く面白いです。コメディオチとしては、おそらくめぞん一刻で1,2を争う面白いオチでした。こういうこと考えつくって凄い。

 

94EDA83A

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品