アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第05話 「響子さんヤキモキ!五代くんが家出した」」

あらすじ

1986年04月23日放送。

 

五代君のお婆ちゃん初登場の回です。ついでに茶々丸のマスターも初登場でした。

ABA585F5

 

お婆ちゃんが一刻館に来て、響子さんが家出をしている五代君のことを隠そうとするも、茶々丸にいた四谷さんのせいであっさりばれてしまいます。そして五代君は受験番号4989(四苦八苦)で、三流大学に合格した話です。

 

原作漫画でもアニメでも、三流大学と言う名称でしか呼ばれないため、これが正式な大学の名前のはず…。酷い話ですが。

EDDA5665

 

created by Rinker
¥110 (2019/11/12 00:19:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

五代君のお婆ちゃん初登場回

五代君のお婆ちゃん初登場回で、この話は原作漫画に忠実で、原作漫画では数えるほどしかなかった一刻館来訪なのですが、このあとアニメではちょくちょく一刻館に来ることになります。

1BFCFD2B

 

オリジナルのブリーフ話

五代君はどこかの大学に合格するまで恥ずかしいので、坂本の家に逃げ込んでいるのですが、中々合格が出ないので宿泊が長くなり、パンツを買いたいという話がオリジナルだったのですが、今では300円も出せば変えそうですが、当時そんなにブリーフって高かったんですかね。

97E71220

 

この辺からちょっとずつ尺稼ぎのためか、原作漫画の話にミックスしてオリジナルの話も追加されるようになっていきます。

 

原作漫画では

+オリジナル

 

四苦八苦で大学に合格

五代君のお婆ちゃんを迎えに行った帰りに、響子さんは五代君の名前をまだ認識しておらず、浪人さん扱いだったこともわかりました。この時は完全に男として意識していませんね。

33055D93

 

今回はお婆ちゃんのキャラクターや顔の崩れ方も相まって完全にギャグ回でした。

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

created by Rinker
ワーナーホームビデオ
¥37,800 (2019/11/12 01:36:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

この記事の商品

created by Rinker
¥110 (2019/11/12 00:19:53時点 Amazon調べ-詳細)