捻りすぎたか?「攻殻機動隊イノセンス GHOST IN THE SHELL」レビュー

率直な感想ですが…つまらなかったです。

 

TVアニメを見た後にこれを見たので、余りのギャップに驚きました。

 

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX シーズン1+2 コンプリートDVDBOX [Import]

 

素子は最後の最後まで出てきませんし、バトーは犬と戯れていますし、映像美に特化していますし、攻殻機動隊を見ている感じがしませんでした。最後に日本人形みたいな義体に乗り移っていたので、素子が出ないというのは厳密には違いますけどね。

 

素子を最後まで出さないのは制作者側の狙いで、良い意味で視聴者を裏切ったという事にしようとしたのでしょうが、私はこれは捻りすぎだと思いました。

 

映像美に関しては、ファイナルファンタジー(以下、FF)と同じ臭いがしました。FFもどんどん映像美に特化し、内容が希薄になって、単なるCG映画になっていったと私は感じているのですが、このアニメもそう言った違和感を感じました。映像美に拘りすぎて内容を軽視している、内容を描く時間を潰しているのではいかなと。

 

【「攻殻機動隊 INNOCENCE」OP】

 

当該商品