おすすめ記事

アニメ全話レビュー「機動戦士ガンダム 第09話「翔べ! ガンダム」」

あらすじ

機動戦士ガンダム

ささいなすれ違いが積み重なり、ついに戦闘を拒絶してしまうアムロ。ブライトは任務を拒否するアムロに活を入れようとするが、アムロを逆上させる結果を招き、激しい口論となってしまう。だが、ブライトの捨てゼリフのシャアという名前に反応したアムロは出撃を決意し、ガンダムを使って驚くべき戦法を見せるのだった!

 

見どころ

  • アムロがブライトに殴られる
  • マチルダ登場

 

初登場人物

連邦軍
  • タムラ
  • マチルダ・アジャン
  • セキ

 

F2EF21F6076FE41E

 

初登場メカ

連邦軍

 

 

ジオン軍

 

 

はじめに

前回、やっとお荷物だった強烈なクレーマー避難民を降ろし、遂にホワイトベースは軍艦として本格的に稼働を始めます。ただしまだ避難民ホワイトベースをたまに引っかき回すのですが…。

 

そしてなんと言っても今回は有名なシーンである、ブライトがアムロを2度殴るシーンに注目です。また、アムロ憧れの人となるマチルダも最後に登場し、序盤の人間模様はこのホワイトベースとマチルダによって繰り広げられていきます。

 

放送内容

躁鬱のアムロ

前々回、鬱になりかけたアムロですが、前回は何事もなかったようにやる気満々でした。そして今回またしても鬱が再発。多分躁鬱なんでしょうね。そんな訳でアムロは戦いを拒否するのですが、フラウやブライトに叱責され、なんとかガンダムに乗り込みます。

 

このブライトの叱責がもの凄く有名なシーンで、一度ならず二度までもアムロを殴り、その後に謎の背面ポーズをするなど、ガンダムファンならずとも有名なシーンで、印象に残っている人も多いんじゃないでしょうか。人気バラエティ番組のアメトーークでもガンダム芸人の回を何回かやっていて、このシーンのことは詳しく取り上げていました。このガンダム芸人が収録されているアメトーークのDVDはVol.1、4、15です。

 

 

援軍は無し

今回、ホワイトベースは地球に降下してから、初めて味方の連邦と連絡が取れました。しかし返ってきた返事(指令)は単独で海へ脱出しろとのこと。援軍は無しでした。連邦はホワイトベースに冷たいです。こういう事からもホワイトベースは、囮部隊だとか捨て駒だとか一部で言われるんです。

 

ここまでリード中尉が無能で横暴な上官として描かれていましたが、リード中尉より更に上の連邦からの命令で、ホワイトベースを助けてくれないことが分かりリード中尉も怒っていました。リード中尉が腐りきった連邦の象徴と言うわけではなく、もっと上から腐っていると言うことですね。

 

26F0AF2603A34E1B

 

アムロ出撃拒否

アムロは鬱になりかけていて今回出撃を拒否しましたが、リュウとハヤトがコア・ファイターで出ていました。劇場版ではアムロの1回目の出撃拒否で、ブライトに鉄拳制裁を食らったことになっているのですが、テレビ版だと2回目の出撃拒否で鉄拳制裁だったんですね。これなら少しはブライトの気持ちを理解出来るかもしれません。

 

AD8126D0AA986D4D

 

シャアの工作

今回初めてシャアがガルマを陥れる工作をしていました。ドップとの通信を担うケーブルの接続端子になにかを付けて接触不良を起こさせ、ガルマからの通信が入らないようにしていました。そのせいで、ガルマからの援護射撃要請の通信が届かず、あわや撃墜されるところまで追い詰められていました。戻ったガルマは原因を調べ、単なる端子の汚れと結論付けていましたがシャアの工作だったんです。セコいぞ!シャア!

 

64D7ECAAA408383A

 

シャアは特にガルマと因縁があるわけではないんですけどね。ガルマの親や兄がシャアの父親を暗殺したわけでガルマに罪はないのですが…。もはやザビ家一族に怨みが行っていますね。

 

この時、勿論援護しなかったシャアも責められるのですが、上手くガルマのプライドをくすぐり、責任をのらりくらりと躱します。ガルマにこのようなプライドさえなければシャアに殺されずに済んだのかも。

 

翔んだガンダム

アムロは出撃拒否から一転ガンダムに乗り、ドップを相手に空中戦をしていましたが、この辺りからアムロのニュータイプとしての強さが出てきて暴れまくります。

 

そして少しニュータイプの予感をさせる描写もありました。アムロは戦闘中にもかかわらず、ガルマの鬼気迫る迫力を感じていました。これはのちのニュータイプの伏線でしょうか。テレビ版では終わり間際になり、突然ニュータイプとの言葉が出てきて、視聴者からご都合主義だとも言われていたのですが、後から見るとこうやってニュータイプの描写かなと思わせるシーンもたまにあるんですよね。

 

57EFB634392B2E96

 

マチルダ登場

そして最後にはアムロ憧れの人となるマチルダが登場していました。小中学生の男の子が年上の女性に憧れるエピソードはもはやテンプレですね。実際にそういう人が多いからなのですが、その年上の女性と結ばれないことまで含めてのあるあるネタで、当然アムロもマチルダとはくっつかないのですが、マチルダに心酔したことで、確実にフラウの心は離れていったように思います。

 

FD650E8F

 

おわりに

今回はガルマ専用ドップなんてマニアックな戦闘機だったり、ミデア輸送機なんて地味な船も出てきました。このガンダムでは、スポンサーから「新しいメカを毎週出せ」、「ガンダムを毎週出せ」と、スポンサーから突き上げがあったみたいですが、確かにここ数話新しいメカは出ています。ドップだったりマゼラアタックだったりミデアだったり…。どう考えても子供は食いつきませんが。富野監督のささやかな抵抗だと思うのは考えすぎでしょうか。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品

関連記事

  1. アニメ全話レビュー「寄生獣 セイの格率 第07話 「暗夜行路」

  2. 異世界版戦国自衛隊「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」レビュー

  3. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第48話 「五代激白!僕の気持ちを判ってほしい!!」」

  4. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第46話 「響子争奪!スケートリンクは愛の戦場」」

  5. 逆襲のシャアのそのまた先の宇宙世紀「機動戦士ガンダムF91」レビュー

  6. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第05話 「響子さんヤキモキ!五代くんが家出した」」

  7. 全てはここから始まった「攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL」レビュー

  8. アニメ全話レビュー「寄生獣 セイの格率 第05話 「異邦人」」

  9. 名探偵コナン劇場版第17作「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ) 」レビュー

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP