おすすめ記事

スマホやタブレット用に大容量128GBSDカード「ST28MSU1P/SUPER TALENT」レビュー

特徴

  • 128GBの大容量
  • 安い

 

長所と短所

  • ○128GBの大容量
  • ○安い
  • △聞き慣れないメーカー

 

はじめに

今回、タブレット用に128GBのSDカードSDXC)を購入しました。SDカードはもはやスマホやタブレットのモバイル端末では必須ですね。

 

私が使用しているタブレットは、ZenPad S8.0ですが、先に結論を書くとこのタブレットで問題なく使え、きちんと128GBを認識しました。また、ファイル形式はexFATなのでFAT32のような4GB制限はありません。4GB以上のファイルをスマホやタブレットでそんなに使うのかと言われれば否なのですが、備えあれば憂いなしとも言いますし、いざ使いたくなったときに使えませんでしたではたまりませんからね。また、4k2k動画が撮影できるような機種も出始めましたし、私の場合ライブBDなんかも見るので、大容量SDカードや4GB以上のファイルを扱えるexFATはあって困る物ではありません。

 

6D177C27

 

 

 

アップル製品のiPhoneiPadではSDカードが使えないことが、私がAndroid端末を選ぶ理由の一つになっています。どうもアップルのモバイル端末の設計思想は、SDカードをハードウェア的に付けるより、常時通信してクラウドでデータ保存とのことらしいのですが、格安SIM(MVNO)が流行っている現状を考えると、いささか先を行きすぎた設計思想かなと思います。誰しもが外で高速通信を出来る環境はまだまだ整っていませんからね。

 

 

また、長いことパソコンを使っている者としては拡張性にこだわってしまいます。「後のことを考えた場合これがあった方が良いな」、「先のことを考えるとあれが無いと困るのでは」というように、『この先のこと』を考えてしまうんです。今のモバイル端末の製品サイクルだと、このようなことは考えなくて良いのかも知れませんが、今までの経験で付いてしまった思考はそう変えられません。

 

と言うことで、今回はモバイル端末用に大容量のSDカードを購入しました。

 

516BCC33

 

本当は64GBでも足りていた

実を言うと容量的には私が扱うデータだと、64GBのSDカードで足りていました。しかし今までのSDカード64GB運用の場合、本体のストレージに音楽を入れ、SDカードに動画とラジオと本を入れていました。データが分散されてしまうんです。どうもこれが気持ち悪くて…というのが今回128GBのSDカードを購入した理由です。実際に11月にZenPadと供に64GBのSDカードを購入していました。今回はさらなる利便性を求めてってことになります。

 

 

実際、中身のデータを削除したり新しい物を追加したりと弄る場合、フォルダ間をあっちに行ったりこっちに行ったり移動しなければならず、これが結構面倒でした。毎日するような作業ではないので、我慢しようと思えば出来るのですが、結果的にはデータ管理が一元的に出来るようになってスッキリしました。

 

聞き慣れないメーカー

今回購入したSDカードのメーカーは『SUPER TALENT』というところで、パソコン好きの私も聞き慣れないメーカーです。近年パソコンパーツ、周辺機器を作るメーカーは、中国を中心に多数新規参入してくるので、また中国メーカーかなと思ったらアメリカのメーカーでした。先日購入したMpowヘッドセットもそうでしたが、アメリカの小さい会社がパソコン関連の物を最近作るようになっているのでしょうか。

 

 

 

このSUPER TALENTSDカードの他にもUSBメモリも作っていて、メモリ関連に強いみたいです。そういえばUSBメモリで名前を聞いたことがあることをを思い出しました。

 

 

聞き慣れないメーカーの128GBSDカードであり、大容量クラスでは最安値だったので、ノーブランドのつもりである程度失敗覚悟で購入したのですが、使用してみると全く問題なく使え、後述しますが東芝やSanDiskなどの、この分野では一日の長があるメーカーと遜色がない能力でした。

 

E5DBA570

 

パッケージもしっかり日本語表記で、オマケとしてSDカードアダプタが付属していました。まあSDカードアダプタは100円ショップのダイソーでも売っていて、マトモに使用できるのでそれで問題ないんですけどね。本当の意味でオマケですね。ただデジカメなんかはマイクロSDカードには対応していない場合がほとんどなので、あって困る物でもありません。

 

3EDA340875327607

 

実際にスペックを計ってみた

さて、実際はどれくらいの性能なのか、そして他メーカーとの差が気になるので実際に速度を測定してみました。

 

まずは定評のある東芝製の64GBSDカードの測定結果が下図の左。そしてこちらもメモリ関連では定評のある64GBのSanDiskの測定結果が下図右です。この辺りの数値が、一般的に信頼できるSDカードの数値だと思って差し支えはありません。

 

F0EEB5DE6FFF574C

 

そして今回買った新進メーカーのSUPER TALENTの結果は下図の通りです。

 

191628E1

 

小さいファイルの書き込みに関してはちょっと苦手といった感じです。簡単に言うと、例えば50KBのJPEGファイルなんかを100個200個とこのSDカードに書き込み(移動したりコピー)すると、ちょっと遅いですよということです。ただ、実際に細かいファイルを多数書き込んでみましたが、特に遅くてイライラなんてことはありませんでした。それ以外の数値では、なんと東芝やSanDsikと同等かそれ以上との結果に。128GBがこの値段で買えてこのスピードなら何も不満はありません。

 

参考までに私が使用しているHDDとSSDの速度を載せておきます。左がHDD、右がSSDです。さすがにこれらと比べるのは酷ですね。ちょっと意外だったのは、SDカードよりHDDの方が細かいファイルの書き込み苦手なんですね。私のHDDが酷使しすぎてボロボロなのかも知れませんが…。まあそれにしても細かいファイルの書き込みでHDDの速度に不満がなければ、このSUPER TALENTSDカードも問題ないと思います。

 

65538E83FFCAD5E9

 

ちなみに、このSDカードは最初からexFATで初期化されていました。スマホやタブレットは基本的にexFAT形式を取り扱うので、スマホやタブレットにこのSDカードを挿入すればそのまますぐに使えます。ただSDXCを扱うモバイル端末でも、FAT32形式しか受け付けない変態仕様もあるので、使う端末はどうなのか確認してください。

 

0BFD559E

 

おわりに

聞き慣れないメーカーで128GBのSDカードでは最安値だったので不安でしたが、当然のように認識し、そしてスピードも問題なく快適に使えました。

 

64GBのSDカードでも内部ストレージと合わせて使えば容量的には問題なく使えていたのですが、データが分散して管理が面倒でした。そこで今回この128GBの大容量SDカードを購入して、パソコンと連携するデータはこの一カ所にまとめたのですが、データ管理が圧倒的に楽になりました。

 

追記:安価な126GBのSDカード3種類を比較してみた

128GBのSDカード、『SUPER TALENT』、『HI DISC』、『gigastone』3種類の計測比較を追加しました。

 

こんな人にお勧め

  • 128GBの大容量SDカードが欲しい人
  • 128GBのSDカードで最安値が欲しい人
  • メーカーに拘りがない人

 

関連商品

 

当該商品

The following two tabs change content below.
記事を読んでいただき有り難うございました。当ブログは管理人が日々購入した物や観た物の感想やレビューを書いていくHPです。何かの参考になれば幸いです。(詳しいプロフィールお知らせレビュー依頼お問い合わせ

関連記事

  1. 超薄型USBメモリ「HT-IM002/HooToo」レビュー

  2. ハウジングが小さくて邪魔にならないヘッドセット「Q15/SoundPEATS」レビュー

  3. 2016年の今年に欲しい物2「スマートフォン」

  4. 超コンパクトなUSB充電器「17W 2ポート USB急速充電器/HUNDA」レビュー

  5. 薄くて軽量で持ち運びに便利「10000mAh モバイルバッテリー/Reacher」レビュー

  6. 耳が全く痛くならない掛け心地「STN-444/J & L since 2015」レビュー

  7. ビデオ資産を手軽にデジタル化「GV-USB2/I-O DATA」レビュー

  8. 本当に出力が上がった「USB急速充電アダプタ/COOWOO」レビュー

  9. カスタマイズ性が高いPCケース「Obsidian 550D CC-9011015-WW/Corsai…

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP