ビデオカメラ用に128GBのSDカード「PWHDMCSDX128GCL10UI/HIDISC」レビュー

特徴

  • microSDXC 128GB
  • UHS-I class1対応 UHS規格に対応したデジタル一眼レフカメラや、ハイビジョンムービーに最適
  • microSDXCスロットを有するデジタル機器に対応しています
  • ファイルシステム:exFAT
  • SD3.0規格に準拠

 

長所と短所

  • ○安い
  • ○読み込みが速い
  • ○実績がある程度あるメーカーであること
  • ×書き込みが若干遅い

 

※○長所/△人による/×短所

 

はじめに

先日、ウェアラブルカメラSJ5000Xをお購入したので、今回はそのSJ5000Xに使用するSDカードを購入しました。本当は32GBのSDカードでも良かったのですが、折角なのでこの先2,3年は他で流用しても使えそうな128GBの大容量SDカードを購入。

 

CA90A70E

 

HIDISC製

HIDISCはCD-RやDVD-Rを購入していた人には馴染みがあるメーカーだと思います。

 

49CFD29B

 

CD-RやDVD-R黎明期の値段が高かった頃、他より二段も三段も安く販売していた台湾メーカーがこのHIDISCです。その当時、決して品質が良いと評判のメーカーではなかったのですが、多数購入する人には、その安さと品質のバランスを鑑み、コストパフォーマンス重視で選ばれる。そんなメーカーでした。そんなHIDISCがSDカードを出していたとは知らず、調べたら私が求めていた128GBを安く出してたことを知りました。

 

実際にスペックを計ってみた

さて、今回も実際にスピードを測ってみたいと思います。USB2.0環境なのでご了承ください。

 

以前購入した同じ128GBのスーパータレントのSDカードの速度は以下の通り。

 

 

そして今回購入したHIDISCのSDカードの速度は以下の通りとなりました。

 

57BAC18C

 

この結果を見ると、読み込みは今回購入したHIDISCのSDカードの方が若干速く、書き込みは以前購入したスーパータレントのSDカードの方が若干速いとの結果になりました。

 

実際にウェアラブルカメラSJ5000Xで使用してみたところ、今回購入したSDカードで、最高画質の4k動画も含めて、全てのモードの録画がスムーズに行われました。この速度が出ていれば、4k2k動画の録画でも実用上何の問題も無いようです。

 

おわりに

意外なことに前回購入したほぼ無名のスーパータレントのSDカードの方が書き込みが速い結果になりました。

 

HIDICはCD-R時代から安くて有名(品質は怪しかったのですが)なので今回試しに購入してみたました。実用上全く問題なく使えるのですが、更に無名のスーパータレントの方が書き込みは速いという意外な結果に。SDカードやUSBメモリの分野は、小さいメーカーがどんどん参入してくるのですが、知名度だけでは計れないジャンルとなっているようです。

 

追記:安価な126GBのSDカード3種類を比較してみた

128GBのSDカード、『SUPER TALENT』、『HI DISC』、『gigastone』3種類の計測比較を追加しました。

 

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品