両耳と片耳のハイブリッドなヘッドセット「ワイヤレス イヤホン Q16/SoundPEATS」レビュー

特徴

  • 【ワイヤレスイヤホン】ケーブルがなくて、服とのノイズや断線に心配が要りません。かつ本製品は一人や二人も同時に使用でき、最大距離は10メートル(障害なし)で、恋人同士や友達同士に音楽を自由に体験できます。
  • 【Bluetooth 4.2と高音質 AAC コーデック対応】最新のBluetooth 4.2バージョンを用いて、より簡単、速くスマホ、タブレットなどのデバイスと接続できます。AAC 高音質コーデックと CVC6.0 ノイズキャンセル機能を搭載し、音楽をより美しく忠実に再生でき、クリアな通話を実現できます。
  • 【抜群のフィット感】軽量かつコンパクトな設計と、柔軟なイヤーフック、サイズの調整可能で、耳の上部にひっかける独特のフックがあり、イヤホンを耳にしっかり固定でき、ケーブルがないので、多くの場合に適用、イヤーピースも3セットあるので自分にぴったり合うのが見つけられます。
  • 【大容量のバッテリー】 1回の充電はわずか2時間、最大6時間の連続音楽再生、180時間の待ち受けが可能です。通勤通学にご使用いただいても、充分なスタミナを確保。バッテリー不足を心配せず、長時間安心してご使用いただけます。iOS機器(Apple社製品、iPhoneやiPad、iPodなど)では、バッテリー残量も確認できます。
  • 【パッケージ内容】 ●SoundPEATS Q16 Bluetooth イヤホン本体 ●イヤーピース●キャリングポーチ●USB充電ケーブル ●取扱説明書

 

長所と短所

  • ○両耳ヘッドセットでアリながら完全コードレスで取り回しが良い
  • ○両耳と片耳ヘッドセットのどちらの使い方も出来る
  • ○ストッパーが大きくイヤーチップが耳に入りすぎない
  • ○ストッパーが大きく遮音性が高い
  • ○イヤーフックが直付けて柔軟で装着力が強い
  • ×両耳をリンクさせる方法が一手間掛かる
  • ×ストッパーが大きく耳当たりが強い
  • ×左耳を片耳ヘッドセットとして使用出来ない

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、SoundPEATSさんのヘッドセットQ16』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

化粧箱。黒い落ち着いた外観です。

 

67F3D5C2

 

同梱品。ヘッドセット、イヤーチップ(大、小)、二股給電用USBケーブル、専用ポーチ、説明書。

 

69571819

 

ヘッドセット。完全コードレスで取り回しが良いです。赤いボタンのあるヘッドセットが右です。

 

7766FA51

 

USB端子カバーは爪で引っ掛けやすく、簡単に開閉出来ました。

 

F94B40E2E0866683

 

専用ポーチ。

 

777EE4AE

 

専用ポーチにはヘッドセット、付属品全てが収納出来るので持ち運びが便利です。

 

D075E05569978EC6

 

説明書。日本語ページ無し。

 

0088D5EF

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

気になるところ

まずは気になるところから書いていきたいと思います。

 

両耳をリンクさせる方法が一手間掛かる

このヘッドセットは両耳ヘッドセットでありながら、完全コードレスの片耳ヘッドセット×2の構造なので、その分操作方法や電源の入り切り、両耳のリンクの仕方など、少し変わっています。

 

まず、ペアリング時ですが、右ヘッドセット(赤いボタン)の電源を長押ししペアリングするところまでは、他のヘッドセットと全く一緒です。この時点で、片耳ヘッドセットとして使用出来ます。片耳ヘッドセットとして使用する場合、ここでペアリングは終了です。

 

1BB9DDE4

 

他と変わっているのはここからで、両耳として使用する場合、左右のヘッドセットを『リンク』させなければなりません。リンク方法は、前述の片方のヘッドセットのペアリングが終わった後、残った方のもう片方のヘッドセットの電源を短押しで入れるだけです。

 

とは言え、毎回2個のヘッドセットの電源をそれぞれ入れることになるので、一般的な片耳ヘッドセットや両耳ヘッドセットよりも、使うのに手間が必要な事は確かです。よほどの面倒くさがりの人でなければ大丈夫だとは思いますが、念のため、ペアリングと毎回の使用時に一手間増えることだけは留意しておいた方が良いと思います。

 

ストッパーが大きく耳当たりが強い

このヘッドセットには、大きめのストッパー(?)が付いているのですが、このおかげで遮音性は高い(後述)メリットがあるのですが、その逆にデメリットとして、耳の穴にガツンとプラスチックの固いストッパーが当たってしまうため、若干装着感の良さは損なわれている気がします。

 

21C15A80

 

贅沢を言えば、この部分がゴムやシリコンで覆われていれば、耳当たりが良かったのではないかなと思います。ただ、よほどグイグイ押し付けない限り、痛くなることはないとは思いますが、場合によっては耳に負担が掛かるかも知れません。

 

お勧めするわけではないのですが、片耳ヘッドセットの場合、装着したままヘルメットを被り、バイクを運転することは、今のところグレーですがセーフです。片耳ヘッドセットを装着しての自転車やバイク乗りがアウトになってしまうと、白バイの存在そのものもアウトになってしまいますからね。最近、自転車でのイヤホン装着が禁止になりましたが、あれは正確には両耳イヤホンのことで、片耳はセーフです。何故イヤホン装着が禁止になったかと言えば、周りの音が聞こえなくなり危険だからであって、逆に言えば、周りの音が聞こえて安全ならOKなんです。なので、片耳ヘッドセットや、骨伝導イヤホンはセーフなんです。

 

話を戻して、このような場合、このヘッドセットを片耳に入れ、ヘルメットを被ると、構造上どうしてもヘッドセットが耳の奥へグイッと押し込まれる形になります。その場合に気になるのがこの大きいプラスチックのストッパーで、この部分が耳の穴をグイグイ押して痛くなる場合もあります。

 

ちなみに、自転車での片耳イヤホンは、セーフとは言ってもグレーであり、警察から注意を受ける場合はあるのでご留意ください。昔、まだバイクにヘルメットが必要無かったころ、「違反じゃないけど安全のため出来るだけヘルメットをしてください」と警官に呼び止められたそうですが、あれと一緒ですね。

 

左耳を片耳ヘッドセットとして使用出来ない

以前使用した全く同じタイプのヘッドセットの場合、左のヘッドセットも片耳ヘッドセットとして使用出来たのですが、どうもこのヘッドセットはその用法は出来ないようで、片耳ヘッドセットとして使用する場合、右のヘッドセットしか稼働しませんでした。

 

 

ただ、その分操作は上記のヘッドセットより簡単で、前述したように、右のヘッドセットの電源を入れ、左のヘッドセットの電源を入れる。これだけでした。上記ヘッドセットのように『TWS』ボタンを押す必要はありませんでした。このヘッドセットの操作の簡単性を取るか、上記のヘッドセットのように左も片耳ヘッドセットとして使用出来る機能性を取るかですね。簡単に操作したいならこのヘッドセットを、左のヘッドセットも単独で片耳ヘッドセットとして使用したい人は上記のヘッドセットをどうぞ。

 

両耳ヘッドセットでアリながら完全コードレスで取り回しが良い

やはりなんと言っても特徴的なのは、両耳ヘッドセットでありながらコードが一切無いことです。完全に独立した片耳ヘッドセット×2の構造になっています。

 

一般的な両耳ヘッドセットは勿論左右を繋ぐケーブルがあるのですが、そのデメリットとしては、首の後ろなどにケーブルを回す煩わしさ、衣服に当たってズリズリと衣擦れ音がすることなどがあげられます。また、仕舞うときにもケーブルがあるので、グチャッとしてしまい、その辺に放っておくと見た目が悪く、きれい好きや神経質な人の場合、どうにもムズムズしてしまうんです。私がこれです。些細なことなのですが、頻繁に使う人の場合、この『取り回しの面倒さ』が気になっていたかと思います。

 

ところが、このヘッドセットは完全にコードレスなので、首の後ろに「よいしょ」と回す手間はいりませんし、どこかに引っ掛かることもなく、衣擦れ音もしません。また、仕舞うときには2個の片耳ヘッドセットを仕舞うのと同じなので、ポンとその辺に置いておいても、見た目グチャグチャせずにスッキリします。ただ、逆に気を付けない点としては、片耳ヘッドセットが2個単独であるので、無くさないようにすることでしょうね。

 

両耳と片耳ヘッドセットのどちらの使い方も出来る

前述もしたように、このヘッドセットは片耳ヘッドセット×2の構造なので、右のヘッドセット一方だけを使用して片耳ヘッドセットとしても使用出来ます。つまり、両耳ヘッドセットとしても、片耳ヘッドセットとしても、両方の使い方が出来るハイブリッドなヘッドセットなんです。これが存外便利で、私の場合、外で使用するときは両耳ヘッドセットとして、家で使用するときは片耳ヘッドセットとしてなど変えています。

 

スタイル 何故か
徒歩での移動時 両耳 音楽をきちんと聴きたいから
ジョギングや散歩時 片耳 安全のため周りの音も聞きたいから
車、バイク搭乗常時 片耳 安全のため周りの音も聞きたいから
家で音楽を聴く時 両耳 音楽をきちんと聴きたいから
家でTVを見る時 片耳 チャイムなどを聞き逃さないため

 

私は上図のように、両耳と片耳を時と場合により変えて使用していますが、これが実に便利なんです。

 

ストッパーが大きくイヤーチップが耳に入りすぎない

前述したように、イヤーチップ手前に、円形のストッパーのような物があるので、装着するとこれが耳の穴に当たり、余計にイヤーチップが奧に入るのを防ぎ、耳の穴の奧が痛くなることを防いでくれます。ただ、前述もしたように、この『当たる』感覚が逆に気になる人がいるかも知れません。上からヘルメットでも被らなければ、おそらく問題にはならないと思うので、それほど気にする必要は無いとは思いますが、留意しておいてください。

 

6CB90774

 

また、この大きいストッパーは、耳の穴を塞いでくれるので、外の雑音が入りづらく、そして、聞いている音が音漏れしづらい構造になっています。遮音性が高く、没入感の高いヘッドセットが好みなら、この構造はメリットになると思います。

 

イヤーフックが直付けて柔軟で装着力が強い

最の近ヘッドセットでは多い直付けのイヤーフックですが、固めのシリコン製である程度柔軟に動くので、耳たぶの外郭が痛くなることは全くありませんでした。また、面取りもしてあり、角張ったところも一切無いことも、耳たぶの外郭が痛くならない要因かと思います。

 

26DDCEF5

 

シリコン製とは言っても固めでしっかりしているので、装着感も強く、どんなに頭を振っても取れることはありませんでした。個人的には、もう少し柔らかい素材の方が、肌触りが良く好きですが、耳が全く痛くならない機能性は十分なので満足です。

 

音質について

このようなコードレスの『取り回しの良さ』を優先してヘッドセットを選ぶ方は、『音質よりも取り回しの良さ』って方だと思います。私も完全にこのタイプです。勿論、話にならないような音質や、音が割れまくるなんて物は論外なのですが、普通に音楽を楽しめれば良いので、このヘッドセットの音質に何不満はありません。ヘッドセットの技術はもう広く行き渡っているので、これまで多く使用してきたヘッドセットの中で、音質が悪くて他のにしたくなるなんてことは今までありませんでした。

 

電波受信感度

距離8m+木の扉2枚で音は全く途切れることなく聞こえ続けました。また、この状態で耳を手で覆っても音が途切れることは一切ありませんでした。これまで、40~50個のヘッドセットを使用してきましたが、後者の状態だとほとんどのヘッドセットで音が聞こえなくなるので、これは非常に受信感度が高いヘッドセットだと思います。後者の状態で音が聞こえるヘッドセットは、10台に1台あるかどうかのレベルです。

 

おわりに

完全コードレスの両耳ヘッドセットのため、コードの煩わしさが一切無く、取り回しが非常に良かったです。

 

また、片耳ヘッドセットとしても、両耳ヘッドセットとしても、両方での使用が可能なため、と金と場合によって最適なスタイルを選べるのは、ヘッドセットを多用する私のような人間には非常に有り難い構造でした。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

当該商品