綺麗なトゥルーワイヤレス「Bluetoothヘッドセット SKU-ear-001/Icheckey」レビュー

特徴

  • 【快適なフィット感・軽量】重量はわずか5.6gの軽いボディ、長時間の装着でも重たい感や耳に引っばる感じはありません。人間工学による、しっかりしたデザインで耳にフィットし、落ちにくいで、長くかけても耳に圧迫感を与えません。そして、耳に合わせるデザインでしっかり固定できます。完全にハンズフリーでトレーニング、ジョギング、ドライブ、ウォーキング、デスクワーク、作業中、通勤、通学、DVD鑑賞、電話会議など、ミュージック、通話をエンジョイ可能です。
  • 【左右完全独立ワイヤレスイヤホン】USB仕様な充電器は場所を問わずに、ケーブルが必要ないのでスッキリとご利用いただけ、充電ケーブルの煩わしさから解放され、充電の悩みを一気に解決できます。服との摩擦によるノイズや断線の心配もなく、より快適に音楽を楽しめます。また、片耳ブルートゥースヘッドホンとしても使用でき、仕事中や運転中も大活躍できます。その他、最大距離は10メートル(障害なし)で、恋人同士や友達同士で音楽を楽しむことができます。
  • 【Bluetooth4.2・高音質・CVC6.1ノイズキャンセリング搭載】Bluetooth4.2を採用し、ほとんど(99.9%)のbluetooth デバイスに対応でき、速く安定にペアリングできます。また、最高音質で低遅延、高品位な音質が得られるだけでなく、ワイヤレスイヤホン/ワイヤレスヘッドホンの難点である音の遅延も小さく抑えられ、高音質のステレオオーディオをお楽しみいただけます。更にCVC6.1ノイズキャンセリング搭載し、雑音を消し、相手の声が聞き取りやすくなります、相手とクリアな通話を実現できます。
  • 【ワンボタン設計・着脱可能な充電式収納ケース】ワンボタン設計なので、片手でも操作可能です。ワンボタンで音楽再生/一時停止、通話開始/終了/拒否などの操作をすべて実現可能です。更に、珍しいワイヤレスヘッドホンの歌曲の制御ができます。1回押し: 一時停止/音楽再生。収納と充電一体式ケース付属し、イヤホンを紛失防止だけではなく、繰り返し充電も出来ます。600mAh(300mAh×2)の満充電の充電ケースで左右イヤホンを約6回フル充電可能で、約18時間の使用時間を実現可能です。通勤通学にご使用いただいても、充分なスタミナを確保。バッテリー不足を心配せず、長時間安心してご使用いただけます。さらに、充電式収納ケースが2つを着脱される可能で、片耳での使用、両耳で使用しても、充電と収納が持ち運び便利です。
  • 【安心な1年保証サポート・日本語説明書】弊社は品質向上に向けて常に努力していますが、万が一商品に不具合がある場合は、弊社にご連絡いただければ日本語スタッフが迅速に対応いたします。また、ご購入後1年のメーカー保証が付いており、アマゾンの購入履歴より弊社までご連絡ください。 【パッケージ内容】●2 x TWS Bluetoothイヤホン ●1× ポータブル充電ケース ●1× USB充電ケーブル ●1× 取扱説明書(日本語、英語)

 

長所と短所

  • ○トゥルーワイヤレスでケーブルの煩わしさがゼロ
  • ○収納と充電とモバイルバッテリーが一体となっていて便利
  • ○マルチペアリング機能で2台同時接続可能
  • △音楽再生で3時間のバッテリー持ち
  • △本体にはボタン1つのみ

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、IcheckeyさんのトゥルーワイヤレスのBluetoothヘッドセットSKU-ear-001』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

箱は綺麗な白い箱でした。シンプルにこのヘッドセットの写真が印刷されています。

 

CB43A0F0

 

パッケージ内容は、ヘッドセット、収納ケース兼モバイルバッテリー兼充電器、USBケーブル、英語版説明書、日本語版説明書。

 

3DFE2420

 

ヘッドセットはトゥルーワイヤレスで左右を繋ぐケーブルがありません。完全コードレスです。

 

693F56A1

 

イヤホンに被せるゴム製イヤーチップは無く、この状態のまま耳に装着します。

 

CDA922CA

 

100円玉と比較すると下記画像のような感じ。イヤホンは小さいのですが、細長い長方形のパーツが縦に伸びています。ユニークな形状です。

 

9E027D7D

 

重量は5.7gと軽量です。

 

E8E08683

 

収納ケースは500mAhのモバイルバッテリーにも充電器にもなっています。収納すると自動的に充電がされるので、充電を意識することはまずありません。

 

CEB701BE

 

収納ケースは片手で持てるほど小さいです。男性のパンツのポケットになら余裕を持って入れられますが、ジーパンなどタイトな物だとボコッと盛り上がって形が分かります。

 

4AE3A748

 

収納ケースの重量は42.7g。重さは全く苦になりません。

 

BBBB9163

 

充電用のUSBケーブル。

 

28618A7B

 

英語版の説明書。

 

26169A8E

 

日本語版の説明書。

 

179BABF0

 

きちんと図解入りの説明書で分かりやすかったです。

 

13C309BF

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

トゥルーワイヤレスでケーブルの煩わしさがゼロ

このヘッドセットはトゥルーワイヤレスというタイプのヘッドセットです。

 

一般的なヘッドセットは左右のイヤホンを繋ぐケーブルがあるのですが、トゥルーワイヤレスはそのケーブルもありません。ケーブルがあることによって起こる煩わしさは全てなくなっています。首筋をケーブルが這う煩わしさ、体に擦れて乗るノイズ、仕舞うときにゴチャゴチャする煩雑さ。これら全てから解放されます。

 

89972E4E

 

形状は耳の穴にスッポリと収まるような極小ではありません。一般的な片耳ヘッドセットより少し小さいかな程度の大きさです。このヘッドセットを両耳に装着すると、両耳の完全コードレスなヘッドセットとなります。ただ、色が綺麗な白で映えますし、大きさが極小タイプではない物を両耳に取り付けるので、多少目立つかなと感じました。目立つことが嫌な方には向かないかもしれません。

 

50B35178

 

収納と充電とモバイルバッテリーが一体となっていて便利

トゥルーワイヤレスではこのスタイルが定着しつつありますが、収納ケースと充電器とモバイルバッテリーが三位一体となっています。

 

35A5F469

 

ケーブルレス無しのトゥルーワイヤレスなので、2つのイヤホンを管理しなければなりません。そうすると、どうしても人間の管理することですから、紛失の危険性もあるんです。これを補うのが収納ケースです。小さく収まりの良い収納ケースがあるので、所定の窪みにポコッとイヤホンを入れてやることにより、その辺に放り投げて紛失する危険性をなくしています。

 

また、収納ケースは600mAhのモバイルバッテリーにもなっています。何も給電していなくても、このモバイルバッテリーに残量があれば、収納した時点で自動的に充電されます。また、この収納ケースにUSBを接続して充電することも勿論可能です。

 

モバイルバッテリーになっているので、外出時に持っていくと、仕舞う度に充電されます。1度に3時間以上使用しない場合、逐次充電されていくので、バッテリー切れを心配する必要がほとんどなくなります。

 

マルチペアリング機能で2台同時接続可能

マルチペアリングで2台同時接続が可能でした。

 

スマホ2台と同時にペアリングすると、どちらのスマホから着信があっても出られるので、音楽再生中に着信を逃すなんてことがなくなります。また、家で使用する場合でも、PCでゲームをやりながらスマホの待ち受けをするなんてことも出来ます。こちらもゲームに集中していて着信を逃すなんてことがなくなります。Bluetoothでペアリング出来る端末を複数持っている方には最適な機能です。

 

音質について

音質についてそれほどこだわる方ではありませんが、音楽を楽しむのに十分だと感じています。低音で音が割れることもなく、高音で音が歪むこともありませんでした。シャリシャリしたチープな音もそれほど感じません。

このような極小タイプのヘッドセットを求める方の場合、音質よりも使いやすさという方だと思います。使いやすさ重視の方なら、音質に特に不満は出ないレベルだと思います。ただ、apt-x対応の高音質を謳うヘッドセットには敵わないので、音質重視の方は満足出来ないかもしれません。

また、このタイプのヘッドセットで、あまりこのような用とを求める方はいないと思いますが、極小タイプのヘッドセットの場合、バッテリー容量が小さいので、音量によりバッテリー消費の影響がもろに出ます。音量を大きくすればするほどバッテリー消費が大きくなるので、大音量でガンガン聞く用途には向かないタイプです。

 

受信感度について

受信感度の実験を屋内でしてみました。

8mの距離で間に木製の扉が2枚あり、その扉を閉め切った状態で音楽を流してみたところ、全く途切れることなくスムーズに聞こえてきました。また、その状態で耳を手で覆ってみたところ、音楽がブツブツと途切れ、手を離すとまたスムーズに聞こえてきました。

また、バッグにスマホを入れ、フルフェイスのヘルメットを被った状態でも、音は途切れることなく聞くことが出来ました。

数多くのヘッドセットを使用してきましたが、これは中の上から上の下といったところで十分だと思います。一般的な生活で問題になるような受信感度ではありません。

 

気になるところ

最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

 

音楽再生で3時間のバッテリー持ち

音量の大きさや音質に影響されますが、音楽再生でのバッテリー持ちは3~4時間といったところでした。トゥルーワイヤレスのヘッドセットは、左右のイヤホンをシンクロさせる電力も必要なので、まだまだ

バッテリー持ちに課題があるようです。3~4時間という音楽再生でのバッテリー持ちは、このタイプでは一般的ですが、やはりもう少し持って欲しいというのが本音です。

 

本体にはボタン1つのみ

このヘッドセットは本体にはマルチファンクションボタンの1ボタンのみです。

再生、一時停止、受話など、ヘッドセットの一般的なマルチファンクションボタンで操作出来ることは、本体での操作も可能なのですが、音量の上下、曲送りや曲戻しなどは、スマホやPCなど、音楽を再生している端末本体の操作をする必要があります。

音量の変更や曲送りなどを多く操作するスタイルの場合、極小タイプのヘッドセットは向かない可能性があります。

 

おわりに

トゥルーワイヤレスのヘッドセットは、黒く地味で目立たない物が多いのですが、こちらは白くてLEDも綺麗なヘッドセットでした。

 

また、トゥルーワイヤレスとしては形状も少しユニークで、音を拾いやすいようにマイク部分が伸びていました。CVC6.1ノイズキャンセリングもあり、マイク機能も優秀なので、トゥルーワイヤレスで音声通話もする方には向いていると思います。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

当該商品