漫画全話レビュー「めぞん一刻 第041話「誤解の方程式」」

掲載情報

掲載雑誌
  • ビックコミックスピリッツ 1982年10月30日号

 

アニメでは

 

時系列と出来事
  • 1982年10月15日前後 音無響子、五代君の新居を訪れる

 

この頃の出来事
  • 10月1日 – 京都セラミックが京セラに社名変更。
  • 10月1日 – 寺田治郎が第10代最高裁判所長官に就任。
  • 10月1日 – ソニーが世界初のCDプレーヤー、「CDP-101」発売。CDソフト50タイトルも同時発売。
  • 10月1日 – 西ドイツでヘルムート・シュミット首相が議会で不信任となり退陣。ドイツキリスト教民主同盟党首のヘルムート・コールが首相に就任。
  • 10月1日 – 財形年金制度施行。
  • 10月1日 – 鹿児島放送(KKB)開局。
  • 10月4日 – フジテレビ系『森田一義アワー 笑っていいとも!』放送開始(2014年3月31日放送終了)。
  • 10月8日 – 国道24号奈良バイパスが全通。
  • 10月9日 – 北炭夕張炭鉱閉山。
  • 10月12日 – 鈴木善幸首相退陣表明。
  • 10月13日 – NECが「PC-9801」を発売。
  • 10月18日 – 三越事件で同社社長を解任された岡田茂の愛人・竹久みちが脱税容疑で逮捕。10月28日には岡田も特別背任容疑で逮捕される。
  • 10月18日 – 中日が、シーズン最終戦でセ・リーグ優勝決める。
  • 10月19日 – デロリアン・モーター・カンパニー(DMC)が倒産。
  • 10月23日 – 日産自動車が「マーチ」を発売(同時に「ADバン」も発売)。
  • 10月30日 – 西武、中日破り日本シリーズ制覇。西武黄金期の始まり。
  • 10月31日 – 大分県日田市でKCVコミュニケーションズ(当時九州有線放送)が放送開始。

 

あらすじ

五代君が勘違いから一刻館を家出してはや1ヶ月。相変わらず同居中の彩子さん達は出て行く気配がありません。遂に我慢の限界が来た五代君は、一刻館の荷物を新居に入れることにします。一刻館に来た引っ越し業者に五代君の新居の住所を聞いた響子さんは、家出中に届いた郵便物を届けに行くのですが、そこで五代君と彩子さんが同棲していることを知ります。また、四谷さんと偶然に会った五代君は、響子さんの結婚話が間違いだったことを知ります。

 

 

みどころ

  • 響子さんの未練
  • 勘違いの上塗り

 

はじめに

もう五代君が家出をして1ヶ月なのですが、未だに五代君をどうすれば良いのか分からない響子さんが意を決して五代君に会いに行き、またしても間が悪く誤解してしまう話です。いつもいつもこの2人は間が悪いにも程があります。

 

家出をしてから1ヶ月

今回で五代君が家出をしてから1ヶ月たってしまいました。めぞん一刻は現実世界と同じ時間でリアルタイムに進行しているので、2話前で家出をして今も家出が継続中と言うことは、即ちそのまま1ヶ月となるんですね。

 

F9476D1D

 

普通に考えて借家をろくに連絡もせず1ヶ月空けて出て行きますと宣言した以上、もう家出の域を出ていますよね。ところが一刻館は、と言うか五代君と響子さんの関係は特殊なので、家具がそのままとの理由もあるのですが、それでもまだ五代君の部屋はそのままです。

 

しかし響子さんが「家具は置いたままだし」と思った瞬間、タイミングを見計らったように引っ越し屋が来て五代君の部屋の家具を持って行ってしまいます。響子さんも五代君の部屋の家具がそのままだから戻ってくる可能性があると思っていたようです。そしてこの引っ越し業者に響子さんは転居先の住所聞くのですが、今では個人情報保護の観点からこれは無理ですよね。携帯電話がある今ではめぞん一刻は成り立たないとよく言われるのですが、この引っ越し業者に転居先を聞くという行為も今では無理ですね。

 

66646600210220BC

 

隣の駅

響子さんは引っ越し業者に住所を聞き新居の住所を知るのですが、それが西時計坂で隣の駅と言う…。東京で隣の駅と言えば、おそらく距離にして5kmも離れていないでしょう。ハッキリ言って近所です。この距離の近さは五代君に未練があることを示しているのでしょう。

 

誤解の入れ違い

五代君は四谷さんと偶然会い、家出の原因となった響子さんと三鷹さんの結婚話が間違いだったことを知り、これで一刻館に帰れると喜びます。一方その頃響子さんは、五代君がいない大宇宙ホール2階へ行き、彩子さんと会い同棲していると勘違い。折角五代君の方の誤解は解けたのに、今度は響子さんの方に勘違いが発生してしまいました。

 

785D01AC

 

このように、一方の勘違いが解消されたのに、入れ違いでもう一方で新たな勘違いが発生する現象も、めぞん一刻でよくある現象です。

 

おわりに

五代君の実家から来た郵便物を送り返さない響子さんや、隣の駅との極めて近い距離に引っ越した五代君を見ると、お互いに未練があるのがわかります。それなのにお互い素直になれずに帰れないのでやきもきしてしまいます。

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品