アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第51話 「四谷さんもびっくり一刻館が消える日!?」」

あらすじ

1987年03月18日放送。

 

アニメオリジナルの前回からの続きです。

 

一刻館取り壊しの噂が駆け巡る中、そこに三越さんが関与しているとの疑惑が…。

 

アニメオリジナルの話の中でも異質

三鷹さんが響子さんの再婚の話を、強ち噂だけとは言えないと聞かされて、「あ、やっぱりそうなんだ」とあっさり受け止めたり、響子さんが三越さんにやたら肩入れしたり、やっぱりどうにも違和感満載のアニメオリジナルでした。

 

F32F97A9

 

特に響子さんの三越さんへの肩入れは異常で、宗教の教祖と信者のような関係にすら見えてくるほどでした。一刻館で2年以上一緒に暮らしていて、良好な関係を築いてきた他の一刻館住人を、数日前に引っ越してきた三越さんが、あっさり抜いてしまいました。こればかりは違和感が物凄かったです。

 

756EF970

 

アニメオリジナルって、話に1本筋が無いと言うか、纏まりが無いというか、あっちこっちに話が飛ぶんですよね。なので、観ている方も中々集中出来ません。

 

原作漫画では

  • オリジナル

 

三越さんの話終了

結局三越さんは、地上げをする物件を探す仕事の人で、一刻館を視察しに来ていたのですが、一刻館の住人と触れ、無くすには忍びないとのことで自ら姿を消したのでした。

 

ACEE8E6C

 

さて、これでめぞん一刻アニメの中でも異質中の異質である第2期があと1話で終わります。あと2話で待望の八神登場です。

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品