アニメ全話レビュー「機動戦士ガンダム 第41話「光る宇宙」」

あらすじ

機動戦士ガンダム

相対するララァとアムロ。サイコミュ誘導されたビットはオールレンジ攻撃でガンダムを包囲するが、アムロはコントロール系を読んで次々に撃破していく。先鋭化する二人の意識は共鳴し、思惟が直結して会話となっていく。思わず二人の間に割って入るシャア。そして、ガンダムがゲルググにとどめを刺そうとした瞬間…。

 

見どころ

  • アムロとララァの邂逅
  • ララァ死亡

 

ジオン軍
  • バダシャム(帰還したかったので推定死亡)
  • マリガン(ザンジバルがホワイトベースに撃破され死亡)
  • ララァ・スン(シャアを守ってガンダムに撃破され死亡)

 

1EFA3D72

 

はじめに

今回はララァがシャアをかばって死んでしまう回です。

 

アムロとララァのニュータイプ同士の感応が凄く、もはや会話レベルの意思疎通が出来ていました。

 

放送内容

シャアとキシリア

冒頭、シャアとキシリアは会談をしていましたが、そこでキシリアはシャアの正体を見破っていました。つまり、ジオン・ズム・ダイクンの息子、キャスバル・レム・ダイクンだと言うことをわかっていて、それでいて登用していたんです。ザビ家と一括りに言ってもお互い思惑は少しずつ違い、いずれ表だって対立することになるであろうことは、今までの話でもチラホラ出てきていたので、多少危険をはらんでいようと、有能な部下を集めることを優先したみたいです。

 

7C2FE306CE1CAB69

 

キシリアは自分の能力を過信し、シャアくらいなら操れると踏んだのでしょうが、十年越しの親の敵をそうそう水に流すことなど出来ないわけで…。結果的には皆さんご存じの通りの結果になってしまいました。貴族として生まれ、エリート教育を受け経験を積んできたキシリアと、身分を偽ってまで、たった一人でザビ家への恨みを晴らすべく戦ってきたシャア。結果、シャアの方がキシリアよりも1枚上手でした。

 

また、シャアはこの会談で、キシリアに最もらしい理由を付けて、もう恨んでいない、復讐は考えていないと嘘を言い、キシリアを信じ込ませていました。演技派です。まあキシリアも信じたふりをしたのかも知れませんけどね。今のところ、シャアはザビ家の懐に入り込みたい、キシリアは自分の影響力を増すため、有能な部下が欲しいとのお互い利害は一致しているわけですからね。

 

ニュータイプの描写

登場人物の誰がニュータイプかは、目の前にバチバチと雷のような閃光が走るのでわかるのですが、昔はこれらの描写から誰がニュータイプで誰がニュータイプじゃないのか、そして誰の能力が強いのかなど、友人と話のが楽しみの一つでした。この辺はのちに出るギレンの野望で全て明らかになるんですけどね。当時は公式設定などの存在も知らず(あったんでしょうか?)、ただ目の前で見たアニメから想像を膨らませるだけでした。