アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第18話 「響子さんの贈り物エッ?これを僕に!?」」

あらすじ

1986年07月23日放送。

 

生活が苦しい五代君ですが、何とかなけなしのお金で、響子さんへのクリスマスプレゼントとしてイヤリングを買います。しかしこずえちゃんと会ったときに、こずえちゃんからクリスマスプレゼントを貰ってしまい、こずえちゃんに対しては何も考えていなかった五代君は、響子さんへ買ったはずのイヤリングをクリスマスプレゼントとして渡してしまいます。

 

1F68A80C CFC2F9E1

 

響子さんへのクリスマスプレゼントがなくなった五代君は、部屋の中を何か無いかと必死に探し、去年渡しそびれたブローチを見付け、それを響子さんにプレゼントします。

 

五代君は響子さんから手編みのマフラーを貰い感激するのですが、実はそのマフラーは色違いでみんなにプレゼントした物のひとつであることが判明。一時はがっかりするのですが、それでも響子さんから手編みのマフラーを貰えたことを嬉しく思うのでした。

 

3B3FADF2 BD403862

 

放送時期とアニメの季節が真逆

この回は、アニメの中の時間ではクリスマスで真冬なのですが、放送日は7月23日で、現実世界での季節は真夏です。まるっと季節が真逆なんです。

 

4B513C31

 

中盤以降めぞん一刻アニメは、原作漫画を改変し、季節を放送時期に出来るだけ合わせるようになりましたが、こういった初期の季節の「大きすぎるずれ」が要因だったと思われます。

 

一刻館は下宿

一刻館はもはや下宿ですね。一応くくりとしてはアパートのようですが、帰ってきたら「ただいまと」言い、管理人が「お帰りなさい」と返し、夜は玄関の鍵を閉めるので、自由に出入り出来ない。今更ですが下宿ですよね。

 

96A0CC15

 

朱美さんの無防備さ

今回も朱美さんは五代君の部屋にスケスケのネグリジェで、おっぱいにパンツ丸出しで現れ、しかも五代君の布団で眠っていましたが、これ普通にOKサインですよね…。

 

D0F1EBC1

 

原作漫画では

 

ツボを押さえた話

初期は日常ドタバタコメディと言っても、こうやって区切りのイベントをしっかり描いて、ちゃんとドタバタコメディをしながら、最後はちゃんとオチを付けて終わるというのは、本当に話の構成が上手いなあと思います。

 

6333660D

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品