アニメ全話レビュー「機動戦士ガンダム 第17話「アムロ脱走」」

あらすじ

機動戦士ガンダム

アムロにガンダム出撃が命じられたが、慢心したアムロは独断で乗機をガンタンクに変更してしまう。だが、そんなアムロの前にラルのグフが出現し、アムロは戦力差に後退を余儀なくされる。ガンダムに換装してシミュレーションどおりの戦いを試みたアムロだったが、それは実戦の厳しさを体感する結果を招いてしまう…。

 

見どころ

  • ミライのサービスシーン
  • アムロの家出

 

初登場人物

ジオン軍
  • スティッチ

 

死亡登場人物

ジオン軍
  • コズン・グラハム

 

157292224F26C376

 

初登場メカ

ジオン軍
  • ファット・アンクル

 

34BB965A33BA0338

 

はじめに

今回はサブタイトル通りアムロ脱走の話です。しかし脱走と言うよりは、自分を認めて貰えない、軽く見られていることに憤慨しての「家出」と言った方が良いでしょう。第13話で母と決別し、ホワイトベースしか帰るところがなくなったことからも、もはやアムロにとってホワイトベースは唯一無二の家ですからね。

 

放送内容

販促と言われるシーン

この第17話から、ガンダムファンの間でまことしやかに囁かれる販促シーンが始まりました。

 

1BFA8E01A0BEEEA6

 

ロボットアニメの場合、アニメに登場するロボットの玩具を買って貰うことも重要な使命なので、空中合体シーンが今回から唐突に冒頭挿入されるようになりました。全くストーリーに関係ないシーンをここから暫く冒頭に入れてくるので、さすがに見ていると違和感を感じます。

 

サービスシーン

アニメでも映画でもサービスシーンはよくあるのですが、今回はミライが入浴しているシーンがありました。古今東西、唐突にお風呂のシーンがされるのは変わりませんね。当然ストーリーに全く繋がりのないものでした。前後にも一切繋がりがありません。実に分かりやすいサービスシーンです。そしてこのシーンはこれだけストーリーに関係ないのにも関わらず、時間がキツかった劇場版でもしっかり入っています。

 

1056D2C417A89211

 

コズン脱走

前回捕虜になったコズンは、ジョブ・ジョンとオムルの甘い身体チェックを潜り抜け、歯の中に仕込んでおいた爆薬を使って扉を壊し脱出していました。コズンが「素人どもめ」と言っていましたが、こういうところにもホワイトベースが寄り合いの素人集団で運営されているところが見て取れます。

 

97A5AE51962DA78D

 

コズンはこのあとセイラ達に追い詰められ、あと少しのところでホワイトベースから空中に爆風に押し出され、転落死してしまいます。バズーカを撃ったオムルにセイラは「気にすることはないわ…私たちだっていつああなるか…」と慰めていました。

 

B9C2E310507DCCA5

 

コズンを追い掛けるため、セイラを独房から出していましたが、結局このままセイラはなし崩し的に独房から解放。本当にセイラには皆甘いです。

 

アムロ脱走

アムロは今回、ガンダムで出るところを独断でガンタンクに乗って出撃してしまいました。これがのちにブライトの不興を買い、アムロ脱走へと繋がるのですが…。それにしても前回はセイラが勝手にガンダムに乗り出撃。今回はアムロが独断でガンタンクで出撃。ホワイトベースは結構無茶苦茶ですね。指揮系統が全くと言っていい程機能していません。

 

75AEFEF2531105C9

 

今回アムロがガンタンクで出撃したのは、前回ガンダムではなくガンキャノングフザクを相手にして戦えたので、その奢りがあったのかも知れません。

 

しかしまたしてもアムロには厳しいブライト。勿論命令を無視してガンタンク出たアムロが悪いのは当然なのですが、アムロには厳しい言葉で軍紀違反と責め立てるのに、前回のセイラの時は敬語で本人の許可を取ってから独房入りさせるこの差…。

 

1CF7D918673AE816

 

ガンダムの乗って家出

ブライトとミライがアムロの取り扱いについて議論しているその会話をアムロは偶然聞いてしまい、これが決定的な不信感となってホワイトベースからアムロは家出してしまいます。ガンダムに乗って…。

 

9DF4D718

 

子供の頃見ていたときは、このシーンに特に何も思いませんでしたが、成長してから見ると皆ここに「おいおい」って突っ込みますよね。自分一人でホワイトベースを降りるならともかく、連邦の最新兵器であり、最高機密のガンダムを奪って家出をしてしまうと言う…。これじゃブライトもホワイトベースの皆も、アムロはどうでも良いとしても、ガンダムだけは取り戻さなければならないので、追い掛けざるを得ませんよね。

 

5C83B618CB7B6FC4

 

もしかしたら構って欲しかったアムロがそれを無意識に分かってガンダムを持ち出したのかも知れません。

 

おわりに

今回は自分の家出であるにも関わらず、ガンダムを持ち出して家出してしまうと言う衝撃的な回でした。

 

また、あっさりとコズンが死んだことにより、人はいかに簡単に死んでしまうのか。セイラ達もいつああなってもおかしくないとの恐怖も覚える回でした。子供の頃、コズンが空中に放り出され消えていく描写は怖かった記憶があります。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. めぞん一刻「年齢考察」

  2. 完璧なタイムリープアニメ「STEINS;GATE」レビュー

  3. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第53話 「女子高生パワー爆発響子に恋の宣戦布告」」

  4. アニメ全話レビュー「機動戦士ガンダム 第14話「時間よ、とまれ」」

  5. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第81話 「愛の執念!明日菜はやっぱり懲りない女」」

  6. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第89話 「結ばれぬ愛!五代と響子今日でお別れ?」」

  7. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第44話 「賢太郎君もマッ青!? 四谷の恐るべき正体」」

  8. アニメ全話レビュー「機動戦士ガンダム 第37話「テキサスの攻防」」

  9. 名探偵コナン劇場版第17作「名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ) 」レビュー

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP