「磁気フィルター SKU.1626/K&F Concept」レビュー ~お手頃な4点セットでプロ並みの写真が撮れる~

今回レビューするのは、K&F Conceptさんの磁気フィルター 『SKU.1626』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • フィルターの取り付けと取り外しをすばやく行い、磁気フィルターを1秒で取り付けます。
  • 保護レンズとして使用でき、他のフィルターを積み重ねることもできる磁気MCUVフィルターを装備。また、磁気アタッチメントリングを装備しており、MCUVが不要な場合は他のフィルターを積み重ねることができます。
  • ドイツから輸入されたガラス素材で、16層のコーティングが施され、高解像度、防水、傷のつきにくい、反射防止機能を備えています。フレームのエッジはCNCバンプ滑り止め設計を採用しており、お客様がフィルターを取り付けたり取り外したりするのに役立ちます。
  • 非常に薄くて軽い。MCUV + CPL + ND1000を同時に使用すると、16mm広角レンズはケラレを発生しません。
  • 磁気MCUV、CPL、ND1000ニュートラルデンシティフィルター、磁気アタッチメントリング、4ピース収納バッグが含まれています。

 

長所と短所

  • ○MCUV、CPL、ND1000の3点セットでお得
  • ◎磁気フィルターなのでワンタッチ脱着が出来る
  • ◎白飛びや黒潰れを簡単に防げる
  • ◎スローシャッターで美しい写真が撮れる
  • ○収納ケースが便利

 

外観

パッケージ外観
13814009

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

DCC3DC7C

 

アタッチメントリング。

82AFAD10

 

MCUVレンズフィルター。

82AFAD10

 

CPLレンズフィルター。

DF35BB97

 

ND1000レンズフィルター。

95BE0F12

 

収納ケース。

3EB7D925

 

使用した感想

○MCUV、CPL、ND1000の3点セットでお得

こちらの商品は、MCUVフィルター、CPLフィルター、ND1000フィルターの3点セットになります。正確にはレンズでは内磁気アタッチメントのリングが付属しているので4点セットですね。フィルターレンズ3点とアタッチメントリングです。

 

各レンズの役割は以下のようになります。

 

MCUVフィルター

紫外線をカットする効果のあるレンズ保護フィルターです。入射の時点で不要な波長の光をカットしたり、色収差を低減することができ、人間の見た目に近い映りを実現します。

BA63C523

 

このMCUVフィルターは、人間の見た目に近付く性質のため、常時カメラに取りつけておくことをお勧めします。また、多重加工で撥水、撥油性があり、諮問や汚れが付きにくいのです。そのためレンズ保護フィルターとしても使用出来ます。

 

CPLフィルター

CPLフィルターは不要な反射を取り除くことで、被写体の色彩を鮮やかに映し出します。代表的な例で言うと、青空を濃くしたり、清流や海をクリアに、新緑や紅葉の鮮やかさを損なわずに撮影出来ます。

57E07728

 

まとめると、役割としては反射を抑え、色彩を鮮やかにするフィルターです。

 

ND1000フィルター

NDとは減光フィルターで、名前の通り被写体の色に影響を与えることなく光の量だけを減少させます。これをデジカメの設定だ野郎とすると、カメラに詳しくないとどこを弄って良いのか分からなかったり、微調整が面倒になってしまいます。しかし、このND1000の3点セットフィルターを使用すると、素人でもフィルターをはめるだけで簡単に減光できます。

9B87AEC1

 

減光の度合いが1000という高濃度な物なので、作例は後述しますが、極端なスローシャッターが可能になります。本来、スローシャッターにすると光を取り込みすぎて真っ白になってしまうような場合でも、きちんと風景が撮影され、動きのある写真が撮影できます。

 

◎磁気フィルターなのでワンタッチ脱着が出来る

全てのフィルターには磁気が内蔵されています。そのため、カメラのレンズにカチッと気持ちよいくらいしっかり吸着します。また、この3つのレンズとアタッチメントリングは重ねて装着することも出来ます。2枚重ねても良いですし、3枚重ねても問題ありません。

5B1729DC

 

それぞれのフィルターには最適な使い道があるのですが、それを重ねて使用することにより、自分なりの使い方が出来ます。

 

◎白飛びや黒潰れを簡単に防げる

3レンズの説明で前述しましたが、基本的にこのフィルターを使用すると、白飛び(反射が強すぎて白くなってしまうこと)や黒潰れ(影などの黒が濃すぎて被写体が映りづらくなること)を防ぐことが出来ます。

 

最もわかりやすい例を挙げると、いわゆる逆光のような場面です。太陽は光源に向かって撮影すると、光を取り込みすぎて明るすぎ、しろっぽくなってしまうような場合でも、フィルターを使用するとそれが防げます。

 

明暗差が激しいと、デジカメの補正が上手く行かず、不自然な写真になることもあるのですが、そのような場合でも明暗差を少なくしてくれます。

 

作例として撮影してみました、。まずはなにもフィルターをしていない通常撮影。

38C74BC8

 

こちらはCPLフィルターを装着して撮影した様子。青い色が濃くなっていることがわかると思います。

01EFBB55

 

このように、フィルターを1,2秒で交換するだけで、色々なシーンに合わせた好みの撮影を素人が出来るようになります。デジカメの設定を細かく弄るよりずっと簡単です。

 

◎スローシャッターで美しい写真が撮れる

この3枚のフィルターの使い道は前述の他、シャッタースピードを遅くして、動きが止まって見えるような滑らかな写真が撮れることが挙げられます。シャッタースピードを遅くすると、その分光を多く取り込みます。光を多く取り込みすぎるので、極端に遅くするとほぼ真っ白の写真ができてしまいます。

 

これをカメラの設定でやろうとすると、細かい設定をいくつもいじったり、調整したりテストしなければならなのですが、NDフィルターがあるとレンズを一間重ねるだけでそれができてしまいます。また、可変フィルターなので、ツマミを回すだけで即座に色々なシーンに対応できます。

 

○収納ケースが便利

付属品として収納ケースがあります。これも良く出来ていて、丁度レンズが1枚1枚個別に入るようなポケット構造になっており、整理整頓しやすく、出すときもわかりやすっくなっています。

 

各ポケットの仕切りにはレンズを傷付けないようにクッションが入っていますし、外側にはさらに分厚いクッションがあります。そのためかなり高いところから落としても全く傷が付くことはありません。

 

この収納ケースには裏面にカラビナの取り付け金具や面ファスナーが付いており、ベルトやバッグに取り付けておくことも出来ます。特に面ファスナーはしっかりしており、ワンタッチでパンツのベルノに通しておくことが出来ます。腰脇にこのレンズ収納ケースを取り付けておくと、サッと取り出して使うことが出来るので便利です。

20EAB4D6

 

クーポン

 

 

総評

デジカメの設定で色々弄瑠ことは出来るのですが、その都度数値を弄ったりモードを切り替えるより、このようなレンズフィルターを購入して付け替えた方がずっと楽です。また、こちらは3種類のレンズフィルターがセットであり、マグネットで吸着するので、ねじり回す必要はありません。ただレンズに近づけるとカチッとはまるので非常に簡単にレンズフィルターの脱着ができます。

 

こんな人にお勧め

  • デジカメの設定を弄るのが面倒な人
  • 簡単に効果の変更をしたい人
  • 白飛びや黒潰れを低減したい人
  • 人の見た目に近い色合いで撮影したい人
  • スローシャッターで撮影したい人
  • マグネットで簡単に脱着するレンズフィルターが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事の商品