コストパフォーマンスが凄い「ビデオカメラ HDV-Z18/Besteker」レビュー

特徴

  • 利点:HDMIビデオカメラ、2400画素、3.0TFT液晶タッチパネル、16倍ズームレンズカメラ、12倍の増加ピッチ鏡と広角レンズ、手頃な価格で撮影の楽しみを楽しむ。注:映像レンズを撮影し、レンズを調整して、もっとはっきり。12倍高清望遠鏡カメラレンズと広角レンズ付き、より良い撮影体験をもたらす。
  • 画素CMOSセンサー:500万画素、2400万画素まで、このカメラは優良品質の材料を使った、先進的な技術で使用した、お客様は撮影とき良い画像を記録できる(ご注意:このカメラは光学ズームがないです)
  • 特徴:液晶高解像度カメラ、軽く小さいので、ポケットに入れることができます。ディスプレイは270度回転をサポート。安全ロープはカメラを保護して、カメラが落ちない。タッチパネルは操作簡単になります、さらに多くのユーザーを使用できます。
  • メディア:SDHC SDカード(至大64GB)テレビ接続できる(本品はSDカードを含まない)機能:顔面捕獲、手ぶれ補正、内蔵マイク、内蔵スピーカー、電源自動切り、USB2.0、HDMI(高解像度のマルチメディアインタフェース)やテレビ出力。3.0インチ液晶タッチパネル(16:9)

 

長所と短所

  • ○フルハイビジョン撮影が可能
  • ○3インチのタッチパネル液晶で操作性が良い
  • ○広角レンズ付属で魚眼撮影が可能
  • ○リモコン操作が可能
  • ○単体で動画も音声も確認が可能
  • ○充実の付属品
  • ○安い
  • △本体からケーブルを通して出力する解像度は720p
  • △タッチパネルの反応が若干もたつく

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、BestekerさんのビデオカメラHDV-Z18』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

箱は白く綺麗な物でビデオカメラの写真が印刷されています。元々ビデオカメラが小さいので箱もコンパクトです。

 

1DF8B5F1

 

付属品はたっぷりありました。ビデオカメラ本体は勿論、オプションのレンズ、電池が2個、各種ケーブル、ビデオカメラケースまであります。

 

32CF3F4C

 

ビデオカメラは片手で軽々持てるほどの小ささと軽さです。

 

DD141DA5

 

改造フォはフルハイビジョンなので画質に不満はありませんでした。

 

1EF5B403

 

液晶は270度回転します。

 

746D1BAB

 

液晶を開けたところに各種コントロールボタンが配意されています。

 

4FBA5E3B

 

説明書。

 

D8A11D2E

 

説明書は日本語単独の物でした。

 

C0C154C9

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

フルハイビジョン撮影が可能

このビデオカメラはフルハイビジョン撮影が可能です。…と書くと当たり前だと思うかもしれませんが、1万円を超える程度の安いビデオカメラできちんとフルハイビジョン録画出来るのには時代を感じます。

 

4k2k映像に切り替えたいからなのか、フルハイビジョンの動画撮影機器は一気に安くなってきている気がします。今現在は4k2k映像を撮影しても、再生機器が乏しい現状なので、無理して4k2k機器を購入する必要もないのかもしれません。

 

TVを見ていても地上波の映像で十分綺麗ですよね。しかも、あれはNHK以外フルハイビジョン(1920×1080)ですらなく、1440×1080なんです。それで十分綺麗なんですから、フルハイビジョンの1920×1080が十分綺麗なのは当たり前です。

 

画質の方は、国内メーカーの高い機器に比べれば若干劣るかな、ザラザラするかなとは感じますが、5万6万するものとそれだけの価格差があるのかと言われれば…ないような気がします。今は前述もしたように、解像度切り替わりの過渡期なので、安いフルハイビジョン撮影機材がベストチョイスなのかも…。

 

昔の話だと、プラズマTVが持て囃された時期がありましたが、50万、60万で買って、結局プラズマは消滅しちゃったなんてこともありましたからね。また、昔は30万とか当たり前だった液晶TVも5万円とかになっているので、規格切り替わりの過渡期って何を選ぶか難しいんです。選択を間違えてのちのち大幅に下落する最新機器を購入するなら、現在普及している機器を安く買うのも賢い選択かなと思います。

 

ちなみに、最初の動画で実際にこのビデオカメラ友人を撮影した動画をアップしましたが、フットサル場の明かりの下では十分明るく綺麗に撮影出来ました、

 

ただ、静止画の画質に関しては…悪いと思います。スマホの画質にも及びません。動画を撮影するビデオカメラですから、私は静止画に期待していなかったので良いのですが、もし購入される方で静止画も…との方は期待しない方が良いかと思います。動画に関しては前述もしたように、この価格なら十分過ぎるほど綺麗なので不満はありません。

 

ちなみに、録画して出来上がるファイル動画は下記画像のようになります。『MOVIE』フォルダに撮影日時が元になったファイル名で保存されます。PCにはUSBドライブとして認識されるので、PCでファイルを扱うように移動やコピー、リネームが可能です。

 

 

静止画は『PHOTO』フォルダに作成され、動画ファイルと同じく日時を元にしたファイル名になります。

 

 

3インチのタッチパネル液晶で操作性が良い

1万円を超える程度の安価なビデオカメラなのに、3インチの液晶モニタがあって驚きました。更にタッチパネルです。いくら海外製の安いビデオカメラだとは言っても、ここまで機能が揃っているとは思いませんでした。

 

91C0DF4B

 

この液晶モニタは270度回転するので自撮りも問題ありませんし、ローアングルもハイアングルも、レンズを覗くことなくベストなカメラの向きが分かります。撮影に失敗がないので、ビデオカメラに液晶モニタがあるのは本当に便利です。ちなみに、回転の方向は上に180度で完全に裏側まで周り、下には90度の真下まで稼働します。

 

BCBDCBBA26AD1AA4

 

電源の動作ですが、この液晶モニタを開くと勝手に電源がオンになり、閉じるとオフになります。普段使用していていちいち電源を入れたり切ったりする操作は必要ないので楽でした。

 

広角レンズ付属で魚眼撮影が可能

付属品に広角レンズがありました。いわゆる魚眼レンズというやつです。撮影範囲が左右に広くなるので、ウェアラブルカメラや一人称視点の撮影に活用されています。このようなオプションのレンズを購入すると、安い物でも2千円程度するのでありがたいです。

 

D30C1F88

 

私の場合、ウェアラブルカメラを玩具として活用して遊んでいるので、一人称視点で撮影することが多いです。このビデオカメラも一人称視点で撮影して左右に広く撮れるので、楽しい玩具として活用しています。

 

リモコン操作が可能

このビデオカメラはリモコンでの操作も可能でした。何度も前述していますが、1万円を超える程度でここまで至れり尽くせりだとは思いませんでした。

 

D693B581

 

リモコン撮影出来るので、前述した液晶の回転と合わせると、今どのように撮影出来ているかがリアルタイムでわかるので、自撮りも失敗せずに完璧に出来ます。

 

単体で動画も音声も確認が可能

ビデオカメラにはスピーカーも付いているため、液晶モニタに今撮影した動画を再生して音声も聞くことが出来ます。

 

このビデオカメラ単体で動画も音声もすぐに確認出来るので、撮影に失敗したらその場ですぐにやり直すことも可能です。単体で確認が出来ないと、あとから失敗だったことが分かって、取り返しが付かないなんてことも起こり得るのですが、その心配がありません。

 

充実の付属品

広角レンズやリモコンの項目でも前述してきましたが、付属品が充実していてお得なセットになっていました。広角レンズ、望遠レンズ、各種ケーブル類、リモコン、充電器、バッテ-×2、カメラバッグ、レンズカバーと盛りだくさんです。ただ、よく使うであろう機材では三脚だけ付属していませんでした。

 

5D4717BB

 

付属品ではバッテリーが2個付いているのがありがたいです。1個だと切れたらそこでハイ終わりとなってしまうのですが、2個あれば1個のバッテリーが切れても交換して撮影が続けられます。ただ、充電はビデオカメラ本体にUSBケーブルを繋げて行うので、長時間録画するなら、単体で充電出来るUSB充電器を購入した方が良いと思います。

 

このビデオカメラに使用されているバッテリーは物凄く普及しているタイプなので物凄く安いです。これもメリットになります。充電器とバッテリー2個セットで、Amazonだと1500円程度です。この程度なら迷わず最初から買っておいた方が安心だと思います。

 

 

安い

何度も前述してきましたが本当に安いです。これで元が取れるんだろうかと思うくらいです。

 

フルハイビジョンのビデオカメラには270度回転する3インチのタッチモニタがあり、広角レンズに望遠レンズも付属。バッテリーも2個付いています。更に細々した付属品もあってこの安さは有り難いです。

 

ビデオカメラは欲しいけど、5万も6万もする国産メーカーの物まではなかなか手が出ないという方には最適だと思います。ビデオカメラ本体の性能も普通に撮影する分には不足はありません。付属品も充実しています。これで1万円を少し超える程度なら、買って物凄い得をしたと思うかはわかりませんが、少なくとも買って損をしたとは思わないはずです。価格も性能の一部だと考えると、やはりこの安さは評価せざるを得ません。

 

気になるところ

最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

 

本体からケーブルを通して出力する解像度は720p

録画出来る解像度はフルハイビジョンですし、ファイルを移動してPCやTVで見ると勿論フルハイビジョンで見られるのですが、何故か本体でファイルを再生してTVやPCに出力すると720p(1280×720)の解像度になります。この辺り細かいところが削られているのが安い理由でしょうか。ただ、個人的には720pでも十分綺麗です。

 

本来の解像度、本来の映像の綺麗さで見たいなら、PCなどにファイルを移動して再生してやる必要があるので、一応ここは注意点かなと思います。

 

また、ケーブルの関して言及すると、使用するUSBケーブルはMicro Aです。現在主流のスマホなどで使用されているUSBケーブルのミニ端子はMicro Bなので、多く使用されているスマホのUSBケーブルを流用することは出来ません。簡単に言ってしまうと、旧式のUSBケーブルだってことです。勿論、今でも簡単に購入出来ますし、特別高いこともないのですが、今はほとんどが平べったいMicro Bなので、四角いMicro Bだと他から流用したり、他へ流用ということが難しいです。

 

タッチパネルの反応が若干もたつく

タッチパネルの液晶があると操作性が格段に上がって便利なのですが、若干タッチの際にもたつくかなといった印象を受けました。例えるなら激安のスマホのような感じでしょうか。タッチしてその項目が立ち上がるのに、一瞬間が空くことがあります。我慢出来ないほどではありませんが、タッチして瞬時に項目が立ち上がる、遷移するといった感じではありませんでした。この辺りもコストカットの影響なのでしょう。

 

2BAE1F56

 

おわりに

とにかく安すぎて驚きます。本体で再生してケーブルを繋げて出力すると720pになってしまったり、液晶のタッチ感度は若干もたつくことはあったのですが、それでも1万円を超える程度でこのクオリティのビデオカメラが購入出来ることは驚きです。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品