サイボーグ爺ちゃん?「いぬやしき/奥浩哉」(第1~3巻)レビュー

あらすじ

いぬやしき

その男には誰にも言えない秘密がある! 58歳サラリーマン2児の父。希望もなければ人望もない冴えない男。しかしある日を境に男のすべては一変する――。「GANTZ」で漫画表現の極地を切り拓いた奥浩哉がおくる、全く新しい世界がここに!

 

58歳が主人公

GANTZの終わり方がしょんぼりだったため、どうなんだろうと思って読んだのですが、結論から言うと面白かったです。今は…ね。

 

GANTZも途中までは痺れるくらい面白かったのですが、最後があんなことになってしまって…。途中まで面白く、楽しませて貰った事実は消えないのですが、終わり方がしょんぼりだと、その良い印象すら消えかねないんですよね。そう言う意味でもGANTZの終わり方は残念でした。

 

さて、このいぬやしきですが、主人公はなんと58歳の男性です。見た目より老けて見られ、お爺ちゃんと言われ、家族からは邪魔者扱い。背も小さく力もなく、何の取り柄もないしょぼくれたお爺ちゃんです。このあらすじを知ったときには、これはさすがに無理だ、面白くないだろうと思ったのですが、前段でも述べたように面白かったんです。

 

FC836998

 

奥浩哉の漫画の見せ方

奥浩哉さんの描く漫画は、終わり方はともかく、途中まではもの凄く面白いんですよね。もっと言えば物語が始まる過程、話が動き出す過程、何かに巻き込まれていく過程。この辺のいわるゆる導入部分の話の流れがもの凄く上手いんです。

 

今回もしょぼくれたお爺さんが、何者か(多分宇宙人)に事故で殺され、サイボーグ化される話のたった1話を見終わった時点で、すっかり引き込まれていました。

 

FC532F35

 

冴えない主人公、無気力な主人公が、自分の意思とは関係なく、何か大きな事に巻き込まれていく。そして主人公は一旦死んでいる。この辺もGANTZと酷似しています。

 

ヒーロー漫画として

既刊3巻まで読んだのですが、今のところ話としては典型的なヒーロー物ですね。スーパーパワーを手に入れた主人公のお爺ちゃんが悪者をやっつける。アメコミヒーローチックです。そしてライバルとなるのか、悪役のサイボーグもいます。当面はこのヒーロー話と、悪役のサイボーグとの戦い2点セットで話は進んでいくと思いますが、設定や話の流れがGANTZに似ていることから、おそらく他の宇宙人に改造されたサイボーグや、そのサイボーグとの戦い、味方の出現、そして団体戦。さらには宇宙人の謎まで話は行くでしょうね。まあそうなったらなったで、GANTZの悪夢再びの予感がしますが…。

 

CC6BEAE1

 

更に大胆な予想をすると、宇宙人が絡んでくるとなると、GANTZと同じ世界か、もしくはリンクしてくるかも知れません。永井豪さんんのデビルマンワールドみたいになるかもなんて想像もしてしまいます。

 

デビルマン (完全復刻版) 全5巻完結 [マーケットプレイス コミックセット]

 

しかし奥弘哉さんは、憎らしい悪役描くの上手いですね。もっとハッキリ言えばクズの描き方が半端じゃないです。徹底したクズっぷり。完全無欠のクズを描かせたらこの人の右に出る者はいないかも知れません。だからこそ、そのクズをぶちのめしたときの爽快感があるんでしょう。こういう見せ方もまた上手いです。

 

425E01A0

 

こんな人にお勧め

 

関連商品

 

当該商品