こんな壮絶な話だったのか「デビルマン/永井豪」レビュー

たまたま先日デビルマン漫画を読みました。最近は、昔の読んでいない伝説的漫画を読むことに填っています。

 

感想は…衝撃的でした…。 余りにも衝撃的だったので、感想を書かずにはいられませんでした。

 

読み始めたときは、寝る前に一冊だけのつもりだったのですが、止まらなくなって一気に全部読んでしまいました。

 

意外と言うと失礼ですが、設定がしっかりしていてびっくりしました。もっと単純な子供向けのお話だと思っていました。

 

調べたところ、アニメは結構そんな感じで、子供向けらしいのですが、漫画は対象年齢を少し上に設定しているらしいですね。

 

デビルマン(1) [DVD]

 

悪魔(デーモン)の設定や、デーモンの戦略が実に辻褄が合っていて感心してしまいました。確かにこの辺は単純な子供向けではないですよね。

 

懐かしアニメでざっとストーリーを知っている程度ですが、アニメ版の方はひたすら襲い来るデーモンと戦うイメージだったのですが、漫画版の方はデーモンが軍団として人間に戦争を仕掛けますし、人間同士で世界規模の戦争が起こりますし、そのおかげで世界は荒廃しますし、スケールが地球規模になるので、これもまた私の持っていたイメージと全然違い驚きました。

 

最終的には人類が滅亡し、デーモン軍団とデビルマン軍団が、地球の支配者を掛けて戦うという、とんでもなく壮大な話で更にびっくり。まさかデビルマンってこんな話だったとは…。

 

ヒロインは死んでしまいますし、主人公も最後に死んで終わりますし、本当に衝撃的な漫画でした。

 

当該商品