「折りたたみクーラーバッグ/Bescoo」レビュー ~折りたたみだがしっかりした作りのクーラーバッグ~

今回レビューするのは、Bescooさんの折りたたみクーラーバッグです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • クーラーボックスの高い保冷力秘密は5層の断熱構造で、長時間に冷たさをキープします。クッション(断熱材)の厚さは8mmです。
  • 折り畳み式ので場所を取らないです。帰りは折りたたんで収納できるので、場面を問わず活躍しています。
  • 外生地のオックスフォ一ド布と内生地のアルミ蒸着シートは濡れたタオルで簡単に清潔出来、それに、内部PVC袋添付、防水の上、取り出して洗濯可です。
  • 手持ち、肩掛け両方出来るので便利です、手が自由になり快適です。
  • 大容量:28L。外部サイズ:約幅37×奥行29×高さ27cm、内部サイズ:約幅32×奥行24×高さ23cm、 収納時サイズ:約幅37×奥行29×高さ10cm、 目安容量:500ml缶なら約20本、重量約1.5kg。

 

長所と短所

  • ◎折りたたんだときにコンパクトになる
  • ○ しっかりとした作りで安心
  • ○オックスフォード生地で安物感がない
  • △底板は別
  • ○肩掛けと手提げ両方で使用出来る
  • ○収納力は28リットルでコンパクト

 

外観

パッケージ外観
6F63FB31

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

E91DDB25

 

ショルダーバッグ。(折りたたんだ状態)

2FEE17DC

 

型崩れ防止底板。

103B90B0

 

防水袋。

966AB2AB

 

ショルダーベルト。

7DF694E5

 

動画

 

スペック

  • 大容量:28L
  • 外部サイズ:約幅37×奥行29×高さ27cm
  • 内部サイズ:約幅32×奥行24×高さ23cm
  • 収納時サイズ:約幅37×奥行29×高さ10cm
  • 目安容量:500ml缶なら約20本
  • 重量約1.5kg

 

使用した感想

◎折りたたんだときにコンパクトになる

このクーラーボックスの最大の特徴は折りたためることです。開くと通常のクーラーボックスの真四角の形状となり、折りたたむと平らになります。

B4D631724CFE883D

 

開いた状態だとサイズは約幅37×奥行29×高さ27cmとなり、折りたたむと約幅37×奥行29×高さ10cmです。

 

ただ、折りたたんだときの厚み10cmと言うのはいささか厳しいです。重りを置いたりみっちりした袋に入れれば確かにその厚みになりますが、自然に放置しておくと断熱層の綿が膨らんできます。また、底板が別なのもポイントで、これを折りたたみ時に中に入れられるわけではないので、実質的に厚み10cmは厳しいです。とは言え、十数センチ収まるのは事実なのでコンパクトに折りたためることには間違いありません。

 

折りたたみ方法は簡単で、複雑なギミックや手順があるわけではありません。底板を取り出してあとは横と底を折り目に従って折るだけです。説明書はありませんが直感的に誰にでわかります。

 

○ しっかりとした作りで安心

折りたたみなのでチープで薄いクーラーバッグを想像していたのですが、想像よりもずっとしっかりとした作りでした。断熱材もしっかり入っていて厚みもありますし、表面の素材もオックスフォードで防水性もあります。また、どの面を見てもペラペラでチープな感じはしませんでした。言われなければ折りたたみとはわかりません。

DDA18895

 

収納スペースはメイン意外だと、両サイドにメッシュポケットが合計2つ。正面に1つ。メインの天井部分に保冷剤を入れるメッシュポケットが1つです。保冷剤を入れるポケット意以外は厚みがないポケットなので、あまり収納力はありません。紙やペン、スマホなどを入れるくらいでしょうか。

E807325D

 

○オックスフォード生地で安物感がない

表面の素材はオックスフォード生地です。厚めのシャツに使われている生地と同じで安っぽさはありません。手触りもサラサラしていて気持ちよく、農水製もあるので水をある程度弾きます。

7D4D5E99

 

△底板は別

底板は別パーツになっています。また、折りたたんだ状態では中に入れられません。なので、折りたたんで持ち運び時には、このクーラーボックスと底板という2つのパーツを持ち歩くことが必要になります。出来れば中に入れられれば良かったんですが無理でした。底板を入れないとこの画像のようにきちんと真四角に生計が維持されずクシャッとなってしまうので必須のパーツです。また、底板にも断熱材が入っているので、底板を入れないと保温性も落ちてしまいます。

C721E0D0

 

この画像は底板を入れたところです。きちんと整形が保たれており保温性もアップ。また、上部には黒い取っ手が見えると思います。取り出すときはここを摘まんで取り出すと楽に出来ます。

9790D8A9

 

また、防水のビニール袋も付属しています。これは使用してもしなくてもOKですが、水滴が大量に発生する場合などは取り付けた方が無難です。この防水袋は折りたたみ時中に入ります。ただ、この防水袋は形状にピッタリではありませんし、どこかに引っ掛けて固定するわけでもないので形状が不安定で見た目が悪いです。出来れば何カ所か引っ掛けて固定する作りなら良かったのですが、この辺りは値段なりと言ったところでしょうか。

A9B3A573

 

○肩掛けと手提げ両方で使用出来る

このクーラーバッグは手で持つことも肩に掛けることも可能です。ショルダーベルトも付属しているのですが、それを取り付けないでも最初から取っては付いています。ここを持てば手持ちバッグになります。

C995728F

 

ショルダーベルトは付属しているので、両サイドにカラビナで取り付けるだけです。このショルダーベルトは折りたたんだときに中に入れておけます。

63D16D07

 

○収納力は28リットルでコンパクト

28リットルはほどよいコンパクトさであり、ほどよく収納力があります。500mlのジュースを約20本収納可能。この画像は500mlのペットボトルを入れたところですが、高さがちょうど収まるくらいです。

A2670446

 

この画像は2リットルのペットボトルを入れたところですが、立てるとペットボトルが飛び出して収納不可能です。しかし、横にするとちょうど良い感じに収まります。

5A3F100CE204BA80

 

総評

意外としっかりした作りの折りたたみクーラーバッグでした。開いた状態で底板も入れると、一見して折りたたみとは思えないほど、断熱材も分厚く入っており保温性もあり、全くペラしておらず型崩れもしませんでした。

 

容量や性質から、1人で行く釣りや数人で行う行楽、スポーツに便利に使用出来ると思います。

 

こんな人にお勧め

  • 使わないときはコンパクトに折りたためるクーラーバッグが欲しい人
  • 折りたたみの割にしっかりしているクーラーバッグが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事の商品