リーズナブルなトレイルカメラ「トレイルカメラ/ABASK」レビュー

特徴

  • このカメラはHD720pのハイビジョン録画に対応しさらに鮮明な映像を録画、SDカード32GBにHD画質で約5時間分のセンサー録画に対応。
  • 乾電池で動作する為、電源不要のケーブルレスカメラ(待機時間:最大6ヶ月)。
  • PIPセンサー(人感)を搭載しセンサー内での熱や温度差を感知して録画開始。
  • 夜間も最大15mのLED照射を備えており夜間時の撮影も問題なし。
  • 録画した映像は本体の2インチモニターで現場で確認可能(SDカードを取り出しPCでの確認もOK)。

 

長所と短所

  • ○IP54防水防塵規格対応
  • ○動体検知で録画される
  • ○動画を本体のモニタで確認出来る
  • ○広角レンズで広い範囲を撮影出来る
  • ○赤外線撮影で暗所でも15m先まで撮影出来る
  • △フルハイビジョン撮影は出来ない
  • ×人感センサーでの録画開始が遅い

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、ABASKさんのトレイルカメラです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

パッケージ外観はアウトドアらしい無骨な感じ。

 

A9AF7D4B

 

パッケージ内容は、トレイルカメラ、ベルト、USBケーブル、ジョイント、設置台、ネジ、ネジストッパーと一通り揃っていますが、電池は付属していないので別途用意する必要があります。

 

104AB1C3

 

トレイルカメラには赤外線撮影機能や、動体検知撮影機能が搭載されています。

 

E369F2E4

 

蓋を開くと、左側に2インチの液晶画面、コントロールパネル、各種スイッチ類や端子類があります。また、右側には蓋を開けると電池を入れるスペースがあります。

 

A588AE4D

 

電池を入れていない状態で重量は258.7g。

 

ECAC12F7

 

USBケーブル。

 

A31D368A

 

ベルト。

 

AEC28B51

 

設置台。

 

C1A2F5AB

 

ジョイント。

 

71601BC1

 

ネジとネジストッパー。

 

9CA7207A

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

IP54防水防塵規格対応

アウトドアで使用するトレイルカメラなので、しっかりと防水と防塵規格に対応しています。

 

 

防水性能は上記画像を見ていただければわかるとおり、IP54の4です。これは、『あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がない。』となっています。基本的に普通の雨程度なら問題なく防いでくれる防水等級です。外に設置し、動物の観察や防犯に使用するトレイルカメラなので、防水性能があることは必須となります。

 

 

また、防塵規格にも対応しています。等級はIP54の5となります。これは、『粉塵が内部に侵入することを防止する。若干の粉塵の侵入があっても正常な運転を阻害しない。』となっています。

 

このように、このトレイルカメラは防水にも防塵にも対応しているので、外のタフな環境で使用しても問題ありません。

 

動体検知で録画される

このトレイルカメラはカメラの前でなにかが動くと撮影される動体検知撮影機能付きです。なにもないシーンを延々撮り続けても無駄ですし、後から確認するときも手間になってしまうので、動体検知撮影機能は有り難いです。

 

後述しますが、動作は若干もっさりしている物の、動いたら撮影が開始されるとの動作はきちんと動いてくれました。

 

動画を本体のモニタで確認出来る

ネットワークで繋がっていてリアルタイムで動画を見られるわけではないので、あとからなにが撮影されているのか確認する必要があります。本体のモニタで動画や画像を確認することが出来ます。いちいちPCに繋げたり、SDカードを取り出して確認する必要がないので楽でした。

 

709ED0EB

 

液晶画面は2インチと小さいので、しっかりと大画面で細かい部分まで確認するには、PCで見る方が良いのですが、確認用としては問題のない映りでした。

 

広角レンズで広い範囲を撮影出来る

レンズは広角なので左右に広く撮影が出来ます。いわゆる魚眼レンズに近い物になっています。左右に広く撮影出来、雅楽が広くなっているので、動物や侵入者を早くから画面内に捕らえてくれます。

 

14F1C621

 

赤外線撮影で暗所でも15m先まで撮影出来る

赤外線撮影で暗所でも撮影が可能なのですが、その距離は15mとなっています。つまり、15m先の物でも暗所でしっかり撮影することが出来ます。暗所での撮影能力は十分だと思います。

 

気になるところ

最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

 

フルハイビジョン撮影は出来ない

フルハイビジョン撮影出来るトレイルカメラあるのですが、こちらは残念ながら最大解像度は1280×720までとなっています。解像度的には実用上問題ないレベルなのですが、フルハイビジョン撮影に慣れた人には物足りなさを感じるかも知れません。ただ、フルハイビジョン撮影機能が削られている分、安くなっているともいえるので、拘りがなければ、安くて720pまでのトレイルカメラも選択肢に入れて良いと思います。

 

人感センサーでの録画開始が遅い

動体検知で撮影出来ることは前述しましたが、カタログスペック通り0.5秒で起動するといった感じではありませんでした。2,3秒は掛かっていると思います。それでも動物の観察や一般的な防犯カメラとしてなら問題ないのですが、一瞬で立ち去ってしまうような特殊な動物や犯罪には使えない可能性があります。

 

おわりに

一通り機能が揃ったトレイルカメラを安く購入出来るのでありがたいのですが、動体検知は若干起動が遅いかなと感じました。それ以外は、防水性能、防塵性能、赤外線撮影、液晶画面、バッテリーなど、オーソドックスですが一通りの機能と一定の性能が揃ったトレイルカメラだと思います。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

当該商品