「トレイルカメラ FOSITAN HC-2/FOSITAN」レビュー ~オーソドックスで使いやすいトレイルカメラ~

今回レビューするのは、FOSITANさんのトレイルカメラ『FOSITAN HC-2』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • 【特定の32GBスピードSD】専用特定の32GB TFカード(スピードSD)を付き、高速、スピードは10MB /秒、約7500枚(1200万画素)の写真を保存し、または8時間以上のビデオを保存可能です。
  • 【高解像度】1400万高画質とFull HD 1080p で、昼間のカラー画像、夜間の白黒画像を鮮明に映えります。42個赤外線LEDライト搭載で光源のない場所でもより高精細な映像を記録できます。
  • 【防水・防塵・防錆仕様】IP66の防水・防塵仕様で雨や砂埃に強い設計で屋内·屋外に問わず、過酷な環境でも設置可能です。単三乾電池8本で最長待機時間は8か月です。
  • 【動体検知と自動録画】高感度な動体センサーと赤外線照射機能が搭載され、最大120°の広範囲の人や動物の動きを検知することができ、自動的に録画が行われます。駐車場のいたずら対策、農畜産業の鳥獣被害対策など、配線や電源不要で手軽に監視・防犯カメラとして幅広い適用できます。
  • 【パスワード保護】パスワード保護を設定でき、製品を屋外に置いている場合でも大丈夫です。日本語説明書も付きます。

 

長所と短所

  • ○設定や操作が簡単
  • ○電池が4本でも動く
  • ○32GBのMicro SDカードが付属している
  • ○動体検知で無駄の無い撮影が出来る
  • ○暗所でも赤外線モードでハッキリ撮影出来る
  • ○トレイルカメラでの確認が音声付きで出来る

 

外観

パッケージ外観
8E70661B

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

4B3A8327

 

トレイルカメラ。

15B0C5BE

 

AVケーブル。USBケーブル。

38F21AD8

 

装着金具。ネジ。ベルト。

4A53771E

 

Micro SDカード。(32GB)

FB44AC29

 

説明書。日本語あり。

ED038459

 

動画

 

スペック

  • イメージセンサー:1400万画素,CMOSセンサー
  • レンズ仕様:F2.5 f=3.6mm
  • 静止画撮影解像度:14M,12M, 8M, 5M, 3M, 1 M
  • 動画解像度:1920×1080 , 1280 x 720 , 720 x 480 , 320x 480
  • 撮影形式:静止画/JPEG、動画/AVI
  • 撮影モード:写真/動画/写真+動画
  • 液晶サイズ:2.4インチTFTモニタ
  • SDカード:TF32GBClass10SDカード(付き)
  • 防水防塵規格:IP66
  • 赤外線LED:42灯
  • 赤外線フラッシュ:22m
  • 人感センサー距離:22m
  • 人感センサー範囲:120度
  • トリガー速度(撮影速度):約0.2秒
  • 撮影距離:日中/1mから∞、夜(赤外線LED点灯時)/3m-22m
  • スタンバイ時間:8ヶ月/単三乾電池8本使用時
  • 連続撮影枚数:1枚 / 2枚 / 3枚
  • 自動上書き録画:設定可能
  • パスワード保護:設定可能
  • 電源:単三電池8本または4本(電池は別途ご用意ください)
  • 外部6V電源、2A以上
  • 接続端子: ミニUSB 2.0
  • 取扱説明書:日本語取扱説明書

 

使用した感想

○設定や操作が簡単

設定や操作は一般的なトレイルカメラと全く同じです。このようなトレイルカメラに触れた事がある方なら、説明書を見なくても全て理解して操作出来ると思います。基本的には二つ折りされているトレイルカメラを開き、左側の液晶画面とボタンで設定と操作をします。

 

開くと上に液晶画面、下にコントロールボタン、そしてその更に下にスイッチや端子類があります。この左側の部分で全て行います。

081FC892

 

まずは下部右のスライドスイッチを真ん中の『SETUP』に切り替えます。するとトレイルカメラが起動して液晶画面が点灯。この状態でメニューボタンを押すと設定項目が現れます。設定項目は縦並びになっており、これを上下ボタンで移動してOKボタンで選択。項目の詳細に入り、好みのモードを決定していく…と言った感じになります。

7FC08811

 

主な設定すべき項目をいくつか見ていきます。まずはなんと言っても重要なのは『録画解像度』になります。ここで録画される際の解像度を任意で設定。最大で1920×180のフルハイビジョンまで選択出来ます。デフォルトでは1280×720になっていました。また、静止画撮影の解像度も同じように他項目で選択出来ます。この辺りはSDカードの容量や、録画したい時間と相談して各々決めてください。

410C2935

 

肝心の『撮影モード』ですが、これはカメラの前で何かが動いたとき、どのような挙動にするかと言うことです。写真を撮影するか、動画を撮影するか、はたまたその両方か。この際の写真撮影は1枚か連写かなども他項目で選択出来ます。

7CA34A4B

 

カメラを起動する『動体センサー感度』も、『低』、『中』、『高』から選択出来ます。これは感度の良さを表しており、1番敏感なのが『高』です。デフォルトでは『中』に設定されていましたが、特に問題なく動作しています。

C6A6A18C

 

設定はこのような手順で行っていきます。それほど項目は多くないので、1つ1つ見ていけば全て理解出来ます。日本語も特におかしな所はなく、読んで字の如くでそのままわかります。

 

そして、この設定が全て終わり、どのように動作させるかを決めたら、最初に移動させた下部のスライドスイッチを、今度は1番左の『ON』に移動させます。すると、15秒のカウントダウンの後トレイルカメラがスタンバイ状態になります。あとはカメラの前でなにかが動いたら、先ほど設定した通りの挙動で撮影されます。

 

○電池が4本でも動く

トレイルカメラは多くがそうなのですが、単三電池が8本必要です。1つハードルになるのがこの部分だと思います。設定を終えてスタンバイモードにしてしまえば、常時録画しているわけではないので、半年前後録画可能状態が続きますが、設定しているときは液晶画面が点灯しっぱなしなので、電池がどんどん減っていきます。この負担を軽くしてくれるのが電池4本で動くことです。

9A6F3B4E

 

ただ、4本電池での稼働はあくまで緊急時や『取り敢えず』と言った感じで、常用するようなものではありません。電池4本で動かすと最初から液晶画面のバッテリー残量が半分以下から始まりますし、設定を弄っているとモリモリ減っていきます。とは言え、4本で動くのはなんの損もないのでありがたいですし使い方次第です。

 

電池4本で起動するとバッテリー残量がどうなっているかと言うと、画像のように半分かそれ以下からスタートしてしまいます。ただ、たまたま手元に電池が足りなかったとか、1,2日だけ動かしたいとか、その後に補充するまでの繋ぎとしては十分使えます。

F39E2846

 

○32GBのMicro SDカードが付属している

少し嬉しいこととしては、付属品に32GBのMicro SDカードが付属していることです。ノーブランドですが、このトレイルカメラで使用して問題ありませんでした。ちなみに、SDカードアダプターは付属していません。MicroSDカードのみです。

8FFB5A01

 

速度は『V10』なのでスペック的には4K撮影も出来る物です。昨今のビデオカメラは4K撮影など高解像度の撮影が出来る分、書き込み速度の遅いSDカードだと速度が追いつかず、映像が飛び飛びになる場合もあります。1080Pでは気にすることはないと思いますが、動画撮影に使用する場合はSDカードの『スピードクラス』にも気をつけてください。

598E3CD9

 

実際に動画を撮影するとどうなるのかと言うと画像のようになります。USBケーブルでPCと接続するとUSBメモリとして認識され、出来上がったファイルの転送など、PCと全く同じように操作出来ます。

CF8DC8E0

 

○動体検知で無駄の無い撮影が出来る

動体検知センサーがあり、その前でなにかが動いた時だけ撮影するので一切無駄がありません。正面下部に正面、左右側面それぞれに対応した合計3つの動体検知センサーがあります。真正面で動いた場合だけではなく、左右広い角度を検知範囲にしてくれるので、左から右に通り過ぎる人物や動物でも、カメラ正面に来る前に撮影が始まります。

1D968E9B

 

設定では常時録画は出来ません。常に動体検知での撮影となります。ただ、前述の『SETUP』モードで『SHOT』ボタンを押せば手動で録画を開始出来ます。その状態でトレイルカメラを閉じて放置すれば常時録画機となることはなるのですが、数時間しか電池が持たないのであまり実用的ではありません。使用出来るシーンを考えると、誰かが家に訪ねてきた時の記録用と言ったところでしょうか。

 

○暗所でも赤外線モードでハッキリ撮影出来る

トレイルカメラは元々野外の動物観察のためのカメラだったので、夜間の撮影も出来るように赤外線撮影が出来ます。通常の撮影時は画像のようにカラーの広角カメラで広い範囲を撮影します。このあたりはネットワークカメラや防犯カメラと同じ感じです。撮影の際は下部に日時や温度などの環境を記録することも設定で可能です。

7246BB6A

 

赤外線撮影での撮影は画像のようになります。通常撮影の状態から周囲の明るさを検知し、自動的に赤外線撮影へと切り替わります。逆もまた同じように、明るくなると通常撮影に戻ります。自分で切り替える必要はありません。

280A4CF1

 

この実験時、トレイルカメラの画面でリアルタイムに映像を見ながら撮影したのですが、そのときは画面四方がかなり暗くて戸惑いました。しかし、どうもそれはトレイルカメラで見たときだけの現象のようで、PCで出来上がった映像を見たら前述のように問題なく撮影されていました。

 

このとき、トレイルカメラの赤外線ライト部分は定期的に赤紫色に点滅します。なので、暗所で誰にも気付かれずに撮影したいと言う希望の場合は無理です。撮影している事がわかります。ただ、逆に防犯の観点から考えると、『撮影しています』とのサインを相手に送ることになるので良いのかもしれません。

 

○トレイルカメラでの確認が音声付きで出来る

出来上がった映像や写真は、いちいちPCと接続しなくてもトレイルカメラのみで見ることが出来ます。ボタンの下にメッシュのような穴が開いていることが画像からわかると思いますが、ここがスピーカーになっています。映像のみではなくきちんと音声も確認することが出来るので便利です。

AD28710E

 

ボタンで見ると『MENU』下の『REPLAY』で簡単に撮影動画や画像を確認出来ます。深いメニューを辿る必要はく、ボタン1発で確認出来ます。複数の動画や静止画がある場合、上下左右のボタンで選択して見ることになります。

F5D67C72

 

総評

映像の出来や操作性は一般的なトレイルカメラです。オマケで32GBのSDカードが付いてくることも考えると、8千円を切るので非常にコスパの良いトレイルカメラと言えます。当然、強固なIP66の防水性能もあり、シャワーを当てながらの使用も可能と言うレベルなので、外に雨ざらしで放置しても安心です。

 

こんな人にお勧め

  • 安いトレイルカメラが欲しい人
  • 使いやすいトレイルカメラが欲しい人
  • SDカード付属のトレイルカメラが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥4,580 (2019/11/13 19:15:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

この記事の商品