肩と首がが疲れない「究極進化版 低反発まくら/IKSTAR」レビュー

特徴

  • 究極進化版、立体3D低反発健康枕。最上の眠りのために設計された形状はいつまでも寝心地良い。独自のくぼみ設計+通気穴を採用し、重力から解放される「理想的な眠り」をあなたのもとへ。空気穴が空いていてウレタンフォーム特有のムレ感を軽減し、通気性抜群、夏にも最適です。
  • 中央がくぼんでいて、頭にフィットし安定した寝姿勢をキープ。頚椎がしっかりと優しく支えられ、頚椎への負担を軽減します。この究極進化版は、普通の凹型枕を改良し、枕本体の革新的な中空設計、重力から解放され、睡眠時頭・首・肩にかかる重力負担が最小限になるよう工夫されています。
  • 仰向けで寝る場合、中空設計+くぼみ形状により、頭部の圧力が軽減され、寝姿勢を安定。頭を乗せるだけで自然な首のカーブに導き、気道を塞がず快適に睡眠できます。いびきを改善します。
  • くぼみを作ることで、横向寝の際の側頭部や耳の圧迫感を軽減。横向きになった済も首のカーブを維持でき、肩に優しくフィットし、肩が圧迫されなくて、肩こりを有効的に改善できます。
  • 今までにない特殊な立体形状で、「超・重力解放」「超・高通気性」「超・寝心地安定」この3つの特徴が安眠を支えています。様々な体型を考慮した進化版の枕は、前後で傾斜があり、2つのパターン(高め・低め)から寝心地をお選びいただけます。

 

長所と短所

  • ○向きを変えるだけで枕の高さが変わる
  • ○頭の収まりが良い
  • ○横向きで寝た場合腕を通す位置が確保されている
  • △市販の枕カバーが合わない

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、IKSTARさんの低反発枕です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

専用の手提げ袋の中に入っていました。

 

5BDB4CEF

 

パッケージ内容は、低反発枕、サンキューカード、洗い方の注意の紙、ご意見募集の紙です。

 

3C40C399

 

低反発枕は非常にユニークな形状をしています。上から見ると星形のようです。

 

FF16DD7C

 

裏面にはファスナーがあり、枕カバーの取り外しが可能です。

 

96D6B184

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

向きを変えるだけで枕の高さが変わる

この低反発枕は、上下の向きを変えると高さが変わります。どちらが上か下かということはないのですが、片方は10cmの高さで、もう片方は8cmの高さになっています。向きを変えるだけで2種類の枕を使い分けるのと同じなのでお得な構造になっています。

 

形状は上下も左右も完全な対称になっているので、どちらでも形状が変わるということはなく、使い勝手は全く同じになります。

 

また、低反発素材ですが、柔らかめの部類に入ると思います。頭を乗せるとすぐにスッと沈みます。10cmや8cmの数字だけを見ると高いと感じる方もいると思いますが、実際にはすぐに沈んで反発力も緩やかなので、それほど枕が高いわけではありません。逆に、高い枕が要否とはすぐに沈んでしまうので合わないかもしれません。

 

70B62D57

 

頭の収まりが良い

最も売りとしていて特徴的なのが、真ん中が窪んでいる形状です。勿論この窪みに頭を入れるのですが、これが非常に収まりが良く気持ち良いんです。

 

68E0D431

 

一般的な枕の場合、首や肩の形状を考慮していません。なので、枕に首や肩が当たって首の収まりが悪く感じる方もいると思いますが、この感覚が随分低減された感じがします。枕で肩が当たる部分に『ガイド』があるため、そこに上手いこと肩が収まります。体格によっては全て収まりきらないと思いますが、それでも肩の配置を何も考慮されていない一般的な枕に比べると、随分肩と首の収まりが良くなります。

 

F03E420C

 

また、肝心の中央部分の窪みですが、ここに頭が収まり、なおかつ周囲より沈み込むようになっているため、首や肩のストレスがなくなります。首凝りや肩こりに悩んでいる方は、このような頭の部分が凹んでいる形状の枕を使用すると改善するかもしれません。

 

ただ、どのような形状の枕が自分に合うかは千差万別なので、頭の部分が凹んでいて、頭と脊椎が真っ直ぐに近い形状になることが合わない人もいると思うので注意は必要です。一般的ななんの形状もない枕で肩や首が凝る方は試す価値があるとは思います。

 

横向きで寝た場合腕を通す位置が確保されている

この低反発枕は横向きで寝た場合の姿勢も考慮されていました。人間が一晩に寝返りをうつ回数は、人に寄りますが5回から10回と言われています。1時間だと2回程度が平均だそうです。つまり、どんなに仰向けで気持ちの良い枕を見付けても、横向きで寝ることは避けられないんです。

 

0314E18F

 

横向きの寝姿勢をした場合、この形状はよく考えられています。腕を通す位置にガイドラインのような溝があるので、楽な姿勢で寝ることが出来ました。軽く枕を抱え込むような腕の通り道があるんです。結果として肩や首への負担が減りました。

 

気になるところ

最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

 

市販の枕カバーが合わない

形状が実にユニークなので、市販の枕カバーは合いません。無理矢理装着することは出来ますが、真ん中の窪みの部分が突っ張ったり、横の星形の角のような部分でたわんだりしてしまいます。

 

枕カバーの代替としては、枕パッドやタオルをお勧めします。枕パッドは一般的に売っているもので、ゴム紐で軽く止めるまさにパッドです。

 

 

私はフェイスタオルを使用しています。タオルを敷くだけだと、脱着が楽で、汚れたら洗って交換も簡単ですし、値段も安いのですり切れたら気軽に買い換えられることもメリットです。

 

 

おわりに

奇抜な形状なのですが、きちんと効果もありました。特に、肩や首が凝っている方は1度試してみる価値はあると思います。

 

こんな人にお勧め

  • 肩や首のコリが酷い人
  • 頭の収まりが良い低反発枕が欲しい人
  • 横向きに寝たときに楽な低反発枕が欲しい人

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品