完全にストーリー物になった「ワンパンマン/村田雄介×ONE」(第5巻)レビュー

やっぱり面白い!

ワンパンマンにはまったのはごく最近なので、遅まきながら5巻を読み終わりました。もうすぐ6巻が出ますが…。

 

面白いのはワンアイディアと瞬発力かも知れないと、実はまだ少し疑っていたのですが、やっぱりこの面白さは本物です。

 

完全にストーリー漫画

ワンパンマンは完全にストーリー漫画になっていますね。勿論前からストーリーがある漫画になってはいたのですが、この巻は完全にほぼ1本の話で、海神との戦いだけの話で1巻引っ張りました。その後ちょっとB級に昇格した話はあったのですが、まあ海神1本の話の巻ですね。

 

A9586941

 

このワンパンマンは、パンチ一発で敵を倒すという、元も子もない設定なので、どうやって話を続けるのか、長引かせるのかと思っていたのですが、ワンパンで倒すことをオチとして、それまでは他のヒーローが戦って敗れたり、人々が逃げ惑う姿なんかを前振りとしてやっていくみたいですね。

 

ちょっといい話なんかもバランスよく出てくるようになった

本来ギャグ漫画なのですが、ストーリー色が強くなるにつれ、ちょっといい話だったり、世間との確執なんかも出てきて、しっかりストーリー漫画としての核を形成していっています。

 

一発ネタのギャグ漫画なので、何話かに続くような繋がった話になると、どうなるかと思ったのですが、ワンパンマンの特異な設定そのままにしっかり面白い漫画になっています。

 

こんな人にお勧め

  • 変わったヒーロー物が読みたい人
  • ヒーローギャグ漫画を読みたい人

 

短期間に作風が完成した

まさかこの短期間の5冊という間に、一発ギャグの漫画から、ここまで話の通ったストーリー漫画に仕上げ、それでいて最初のテイストを失わずに仕上げるとは思ってもいませんでした。ただ、短期間でここまで作風が完成してしまうと、飽きるのも、話が詰まるのも早いかも知れません…。とはいえ今のところ面白いので、一読者が先の心配をしても仕方が無いですからね。次巻が楽しみです。

 

内部リンク

 

当該商品