現代の料理人が戦国時代にタイムスリップ「信長のシェフ/梶川卓郎×西村ミツル」(第1~10巻)レビュー

JIN -仁-の料理人版…かも

この信長のシェフは、大雑把に言うとJINの料理人版ですかね。

 

現代の料理人が戦国時代にタイムスリップして、その未知なる料理で色々問題を解決していくと言う話です。

 

面白かった頃の美味しんぼの香りもする

信長のシェフは基本は料理でトラブルを解決する、無理難題なお題を解決すると言う話なので、面白かった頃の美味しんぼが好きだった人にはぴったり合うと思います。美味しんぼの舞台が戦国時代になったようなもんですからね。JINであり、美味しんぼでもあります。

 

美味しんぼは最初の頃、料理で問題を解決する話なんか本当に面白かったんですよね。晩年は政治思想や作者の思想の押しつけになってしまいましたが…。

 

少々話に無理があるところも

この漫画の主人公であるケンは、記憶を無くしているはずなのに、当たり前のように「この時代」とか「平成」とか言いますし、歴史についても普通にこの後どうなるのか考えたりしています。記憶が無いはずでは…。

 

こんな人にお勧め

  • 戦国時代が好きな人
  • JIN -仁-が好きな人
  • 面白かったの盧の美味しんぼが好きな人

 

おわりに

戦国時代、美味しんぼ、JIN。このどれかが好きな人には面白いと思います。

 

唯一難点があるとすれば、絵柄も描写も現代的でスマートなので、それを見やすいと思うか、綺麗に描きすぎと思うかと言うことだと思いますが、それがマイナスになったとしても十分に面白かったです。

 

当該商品