「目覚まし時計スピーカー NEW-L5/MOXNICE」レビュー ~3つの機能が1つになった便利なガジェット~

今回レビューするのは、MOXNICEさんの目覚まし時計スピーカーNEW-L5』です。

 

目覚まし時計、LEDライト、Bluetoothスピーカーが1つになったガジェットです。このような複合機器は、操作が複雑になる場合も多いのですがどうなのでしょうか。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • [多機能付き] Bluetooth スピーカー以外だけでなく、お部屋のムードライト、時計、目覚まし、スマホハンズフリー通話機能が揃って、様々なシーンで活用できます。 1台で何役もこなすので便利です。底に滑り止めがついているので、安定感もばっちりです。
  • [Bluetooth 4.0搭載] iPhone/iPad/Samsung Galaxy/など99%Bluetoothデバイスに接続できます。また、TFカード(32Gまで)で音楽の再生可能です。
  • [3段階の調光機能] 本体の上部をタッチすることで3段階の光の調整が可能です。お好みの明るさに調節出来るので、様々なシーンで活用出来ます。夜、読書しながら音楽を聴くことも出来ます。また万が一の停電などにも役立ちます。
  • [長時間連続再生] 一度フル充電したら22時間音楽の連続再生、あるいは8時間連続照明が可能です。 充電式なのでコンセントのない場所に持ち運んで、ご利用になれます。
  • [パッケージ内容] 本体*1 取り扱い説明書*1 USB充電ケーブル*1

 

長所と短所

  • ○LEDライトの色や光度の変更が簡単に出来る
  • ○目覚まし時にLEDライトの色が変化するので目が覚めやすい
  • △スヌーズ機能がない
  • ×色の記憶が出来ない
  • ×時刻の常時表示が出来ない

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
4BCC81D6

 

パッケージ内容
1C0EB527

 

写真と動画

外観

目覚まし時計、LEDライト、Bluetoothスピーカーが1つになったガジェットです。

2FC7567C

 

スピーカーは上面にあります。

937572B5

 

SDカードに入れた音楽ファイルの再生も可能です。

5F84D6D5

 

重さは347.2gと軽量。

2D39697B

 

動画

 

使用した感想

○LEDライトの色や光度の変更が簡単に出来る

LEDライトの色や高度の変更は、上面の縁をタッチすると出来ます。下記写真で言うと、光マークが付いている周辺です。そこ以外の縁を触っても反応しません。短押しでオン、色の変更、光度の変更で、長押しで消灯です。

FF682D4F

 

ちなみに、その他の電源ボタンやBluetoothスピーカーを操作するボタン類は底面に集中しています。

24ECF48A

 

○目覚まし時にLEDライトの色が変化するので目が覚めやすい

目覚まし時計として使用する場合、一緒にLEDライトも光り、なおかつ色が短時間で次々変更していきます。そのため音だけでの目覚まし時計よりもはるかに目が覚めやすく効果的です。

2FC7567C

 

△スヌーズ機能がない

目覚まし時計として弱点を挙げると、スヌーズ機能がないことです。スヌーズ機能とは、2度寝防止機能で、1度アラームを停止させても、特殊な操作や特定のボタンを押さないと、再びアラームが鳴る仕組みのことです。目覚まし時計はこのスヌーズ機能が標準で搭載されていることが多いのですが、この目覚まし時計にはありませんでした。

 

×色の記憶が出来ない

LEDライトの機能を見ると、1度消灯してしまうと、その時の色や光度を覚えてくれませんでした。再度LEDライトを点灯させると、また最初から順繰りに色や光度が変わっていく仕様でした。

 

×時刻の常時表示が出来ない

時刻の表示は常時されると思ったら、LEDライトを消灯したら、5分後に自動的に消えてしまいました。省電力のための仕様だと思いますが、時計として常に使いたい方の場合、不満を感じるかもしれません。

1C8A648A

 

総評

目覚まし時計、LEDライト、Bluetoothスピーカーが1つになったガジェットで便利なのですが、スヌーズ機能がなかったり、LEDライトの色が記憶出来なかったり、時刻表示が自動消灯したり、人によっては使いづらいと感じる仕様がありました。

 

ただ、やはり3つの機能を1つにまとめているので、設置スペースの節約になりますし、操作が1カ所で行えるので、便利なガジェットであることには間違いありません。前述のような弱点を許容出来るかどうかですね。

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人

 

向いていない人
  • ●細かい機能に気を遣われたガジェットが欲しい人

 

リンク

関連記事

 

商品

当該商品