おすすめ記事

旧ザクが10年ぶりにリニューアル「ザクⅠ(デニムス/レンダー機)(MS-05B)/登場シリーズ」レビュー

長所と短所

  • ○旧ザクが格好良くリニューアル
  • ○合わせ目が旧キットに比べて目立たなくなっている
  • △格好良くなりすぎてアニメとは別物

作業時間

  • 組み立て:約3時間
  • スミ入れ:約20分
  • つや消しスプレー:約10分

 

はじめに

少し前にガンプラを趣味として復活させた第1弾として2006年発売の旧ザクを作成しましたが、今回はその旧ザクが10年ぶりのリニューアルとのことで早速発売日に購入して作成しました。ちなみに、これは現在最新のHGシリーズであるREVIVEではないんですね。てっきりREVIVEシリーズだと思っていたのですが、ORIGINORIGINで別個のシリーズでリリースされているみたいです。

 

 

 

今回はたまたまポイントが貯まっていたビックカメラで購入したのですが、発売日前に予約しておいたものが1日前に発送され、発売日の昼には届きました。素晴らしい。

 

 

外観チェック

勘違いしていたのですが、スレンダーとデニムの2体の旧ザクがセットになっているわけではなく、1体の旧ザクの一部パーツを入れ替えて、スレンダーとデニムどちらにでも組み立てられますよとの物でした。

 

9BA673E6

 

パーツの数は少し多めでしょうか。シールはデカール付きです。

 

C6BD0B3305CCE955

 

今回もパーツを重ならないように並べて準備完了です。ポリキャップが結構多いかも。

 

78A88333

 

胸部。この辺はサクサク組み上がりました。両側の緑のパーツは微妙に稼働します。細かい。

 

CA670B9102A2EC3E

 

頭部。アゴ下のつまみでモノアイを自由に動かせます。

 

5CD3E6EB9F59F04E

 

腰部。この辺りも旧キットよりパーツが多く、細かくなっていました。

 

2946365F04691D23

 

頭部、胸部、腰部を合体させた状態。ここまでくると形になってきます。

 

31E503401486706A

 

腕部。180度近く曲がります。

 

B45401E85FF8273A

 

この肩部分がスレンダーとデニムでは違っていて、工事現場のような黄色と黒の縞模様があるのがデニム。通常のザクのようにシールドがあるのが擦れーんダーとなります。このようなパーツをいくつか入れ替えることで、デニム機、スレンダー機の変更が可能となっています。

 

17D6870845990640

 

腕部を合体させた状態。ここまで来るとあと少しです。

 

6DD1B405B95B20EE

 

脚部。こちらも膝関節が良く曲がります。

 

9AB3B5B094B9474D

 

そして脚部を合体させてほぼ完了。残すは武器だけです。

 

C9F9D05D

 

顔のアップ。旧キットに比べてモールドが多いです。

 

AEB995C9

 

武器を組み立ててザクバズーカを持たせたところ。

 

AC2C40DE

 

以上、組み立て工程でした。

 

パーツは一般的なHGより若干多く、更にデニムとスレンダー両方のパーツを一部作らなければならないので多少面倒な部分がありました。また、旧キットに比べてパーツが細かく分けられており、モールドが多いので格好良く鼻kっているのですが、その反対にあの1stガンダムに出旧ザクではなくなっています。この辺りは好みが分かれるところかも知れません。

 

スミ入れ工程

まずはいつもの通り削りカスを落とすために水洗い。

 

ED747182

 

そしてスミ入れしやすいように適度にバラして準備完了。

 

701CD199

 

今回も流し込み用スミ入れではみ出すことを気にせずガシガシスミ入れしていきます。

 

D6194D95

 

しっかり乾かしたら消しゴミでゴシゴシはみ出た部分を消していきます。ちなみに、このとき便利な消しゴムはペンシル型の消しゴムで、細かい部分もきっちり消すことが出来ます。

 

 

2B4EA8B98FFAB06A

 

そして消しゴムカスを取り除くため再度水洗い。

 

2C73B77A

 

最後にデカールを貼っていきます。細かいデカールを貼るところがいっぱい合って大変。

 

DC0BF2A7

 

デカールを貼り終えて取り敢えず完了。

 

AE7ADEAF

 

背面から。

 

88EE3C17

 

以上、スミ入れ工程でした。

 

モールドがやたら多いのでこのスミ入れ工程や細かいデカール貼りは大変でした。

 

つや消しスプレー工程

つや消しスプレーはいつも通り新聞で軽く周りを保護して2,3吹きで終了。

 

2963ECFE

 

合わせ目が目立たない

HGUCの旧ザクが発売されたのが2006年なので10年ぶりのリニューアルとなります。当たり前ですが相当な技術の進歩があるので、合わせ目が非常に目立たなくなっています。顕著なのがスネやモモ部分で、ここは完全に合わせ目が無くなっていました。旧キットはこの部分に思い切り合わせ目が出ていましたからね。修正するのは必然だったみたいです。

 

モールドが多い

モールドが多いとメカ感が出て見た目格好良くはなるのですが、アニメのそれと同じかと言われると…と言う諸刃の剣だと思うのですが、この旧ザクはこれでもかってくらいモールドがあります。確かにメカとしては格好良いのですが、1stガンダムの旧ザクをイメージしていると甘林見もかけ離れているため好みが分かれるところかも知れません。

 

この旧ザクは厳密な話をすれば設定上1stガンダムには出ておらず、ORIGINの旧ザクと言うことではあるのですがここまで違うことを受け入れられるかどうか…ですね。ただこれがいやとなあると、2006年発売の合わせ目が目立つ古い旧ザクしかないわけで難しいところです。間違いなくこの旧ザクは格好良いんですけどね。

 

旧キットとの比較

少し旧キットと比較していきたいと思います。

 

左が言わずもがな2006年発売の旧キット。右が2016年発売のORIGIN旧ザクです。

 

フォルム、モールドから相当な変更があるのが一目瞭然ですね。

 

770C69C1

 

上半身を見ただけでもモールドの多さ、形がだいぶ違っていることがおわかりいただけると思います。また、色合いも緑色が若干明るく、真ん中の紺色部分は灰色に近い色へと変更されていました。

 

DD0EB91B13BF94EB

 

10年の技術革新は凄く、最も目立っていたスネの合わせ目はパーツわけの工夫で無くなっていました。

 

41D3C65B418C041F

 

また、モモ部分の合わせ目も完全に無くなっていました。

 

09CF576A9F6CD10A

 

腰部のモールドも変わりました。また、腹部に新たなパーツが追加。

 

1708DA371AC98E76

 

肘関節の構造も一新。合わせ目もモールドと言うことになりました。

 

897F11E5

 

バックパックもリアルになっていました。

 

549FEB812C040111

 

上から見た感じだと口部分の長さは若干身近身近くなっていました。

 

F8B43BFC2DA333F0

 

以上、旧キットとの比較でした。

 

やはりこう細かく見ていくとマイナーバージョンアップと言うことではなく完全な新キットですね。

 

動画チェック

 

 

おわりに

旧キットとの比較でも分かるように、プラモとしてもクオリティや技術なんかは完全にこのORIGINの旧ザクの方が上です。それも微妙に良いとかではなく圧倒的に作りが上です。ただ1だけ気になるのは1stガンダムの旧ザクではないことです。これは好みの問題になるのでどう言って良いのか難しいのですが…。

 

私はどちらを選ぶかと言われれば、やはり10年の技術格差は大きいので、このORIGINの旧ザクを選ぶと思います。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品

The following two tabs change content below.
記事を読んでいただき有り難うございました。当ブログは管理人が日々購入した物や観た物の感想やレビューを書いていくHPです。何かの参考になれば幸いです。(詳しいプロフィールお知らせレビュー依頼お問い合わせ

関連記事

  1. 男の無骨なモビルスーツ「ザクⅠ(MS-05B)/機動戦士ガンダム」

  2. スリムなスタイル「百式(MSN-00100)/機動戦士Zガンダム」レビュー

  3. REVIVEでより重厚感が増した「グフ(MS-07B)/機動戦士ガンダム」レビュー

  4. ガンプラのディスプレイに躍動感を「アクションベース2 ブラック/バンダイ」レビュー

  5. はじめてのドローン体験「F183DH/Potensic」レビュー

  6. コンパクトなガンダム「ガンダムF91/機動戦士ガンダムF91(F-91)」レビュー

  7. 初のREVIVE制作「ガンダムMk-Ⅱ (エゥーゴ仕様)(RX-178)/機動戦士Zガンダム」レビュ…

  8. 商品レビュー用に「Gツール DS001 Mr.ターンテーブルL/GSIクレオス」レビュー

  9. アニメのガンダムを忠実に再現「ガンダム Ver2.0(RX-78)/機動戦士ガンダム」レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP