3A出力出来るハイパワーなモバイルバッテリー「Poweradd Pilot 4GS モバイルバッテリー 12000mAh/Poweradd」レビュー

特徴

  • 本製品は24ヶ月間の超長期保証が付いています。iPhoneユーザーのためにオーダーメードされたPilot 4GSです。(配線はMFI認証取得済みのライトニングケーブルです)
  • A+リチウムポリマーバッテリー(抗爆発バッテリー)で製造されています。そして、多重保護システムは充電効率と放電効率を向上させ、過放電、過充電、高温、短絡などの場合、自動充電停止し、Pilot 4GSとお使いのデバイスをよく保護します。
  • 12000mAhの大容量により、 Galaxy s6を約3回、iPad miniを約1.5回、iPhone 6を約4回、iPhone 5を約5回充電できます。
  • スマートチップを内蔵しており、接続された端末の入力電流を自動に検知でき、最適の出力により充電できます。
  • 高品質のアルミで製造されているボディーはお洒落です。そして、超薄型で持ち運びには便利です。(製品ロットの為に、製品ロゴの位置は届けたものと違うことあるかもしれません。予め御了承ください。)

 

長所と短所

  • ○表面がサラサラで指紋が付かない
  • ○Lightning入力で裏表を気にしなくて良い
  • ○白色で控えめなLEDライト

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、Poweraddさんの12000mAhのモバイルバッテリーです。

 

シングルポートだと3Aの出力が可能なようで、昨今増えている急速充電対応機器に最適なモバイルバッテリーのようです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

パッケージは簡素な段ボール素材でした。

 

952B9569

 

パッケージ内容は、モバイルバッテリー、Lightningケーブル、サンキューカード、説明書。

 

5773CD5C

 

モバイルバッテリーのデザインは至極シンプルです。糸の関係からこの写真は見辛いのですが、表面にはメーカーロゴ一行しかありません。

 

6D371669

 

裏面は更にシンプルです。模様な文字は一切ありません。

 

B40581E7

 

底面には出力用USBポートが2つ。入力用Lightning端子が1つ。バッテリー残量を表すLEDライト、ボタンとなっています。

 

03BB68B7

 

重さは237.5g。昔あった250mlの缶ジュースより少し軽いくらいですね。

 

9082F8BD

 

Lightningケーブル。

 

モバイルバッテリーを充電する入力用としても、iPhoneを充電する出力用としても使えます。

 

EAF18831

 

サンキューカードと説明書。説明書は完全日本語版でした。

 

9C6CCAD0D2CCF69B

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

表面がサラサラで指紋が付かない

表面にマット処理が施されており、指紋や皮脂が尽きづらくなっていました。また、ツルテカの表面ではなく、サラサラとはいえ滑りづらい素材になっているので、手に持っていてもしっかりと持てて落とす心配も減りそうです。

 

0959E27B

 

Lightning入力で裏表を気にしなくて良い

付属のケーブルはUSBケーブルではなくLightningケーブルです。てっきりこれは、iPhoneに充電するためのケーブルだと思ったのですが、モバイルバッテリーに充電する入力にも使えました。

 

Lightningケーブルは裏表の属性がないので、方向を気にすることなく適当に挿すだけでスムーズに差し込めるので楽でした。裏表の属性がないUSBケーブルは、Type-Cも出てきていますが、まだまだ普及して折らず高価なので助かります。また、USBのType-Cよりもスッとスムーズに差し込めました。抵抗の無さや力の必要な差はLightningケーブルに軍配が上がる気がします。

 

11C371BA

 

ただ、Lightningケーブルは薄い板板状の端子なので脆いとも聞きますが、こればかりは長く使ってみないとわかりませんね。

 

白色で控えめなLEDライト

バッテリー残量を示すLEDライトは4つの小さな針の穴ほどの物でした。色は白色でかなり控えめなので、寝室のベッド横に置いて使用してもそれほど気にならないと思います。ちなみに、充電中はこのLEDライトは点灯しっぱなしです。

 

気になるところ

最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

 

特に気になるような弱点はないと思いますが、容量が12000mAhなので、現在のモバイルバッテリーの状況を考えると、決して大容量とはいえないことでしょうか。ただ、一般ユーザーが使う分にはこの容量で全く問題ないと思います。現在のスマホのバッテリー容量は概ね3000mAh前後から多くて4000mAh前後なので、空から満充電するとしても3~4回充電出来ます。更にこれは、空から満充電との極端な仮定の話であって、概ね20%にもなれば皆さん充電をすると思います。このような現実的な生活を考えると、スマホの充電で5~6回は充電出来ると思います。

 

おわりに

前述もしましたがLightningケーブルの入力に対応していることが便利で、PCやUSB充電器からの充電で、Lightningケーブルの入力が出来るので、裏表の属性を気にして使う必要がありませんでした。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

当該商品