おすすめ記事

漫画全話レビュー「めぞん一刻 第114話「窓辺のスニーカー」」

掲載情報

掲載雑誌
  • ビックコミックスピリッツ 1985年11月15日号

 

アニメでは

 

時系列と出来事
  • 1985年10月 五代裕作、八神の家で間男になる

 

この頃の出来事
  • 11月1日 – エフエム中九州(現在のエフエム熊本)が開局。
  • 11月2日 – 阪神タイガースが日本シリーズで、西武ライオンズを破り4勝2敗で日本一。
  • 11月5日 – 矢口洪一が第11代最高裁判所長官に就任。
  • 11月6日 – コロンビア最高裁占拠事件。人質115人死亡。
  • 11月8日 – 西武・広岡達朗が監督辞任。
  • 11月13日 – コロンビアのネバドデルルイス火山が噴火、2万人超の死者が出る大惨事。
  • 11月14日 – 日本プロ野球選手会が労働組合として発足。
  • 11月19日 – アメリカ合衆国大統領のロナルド・レーガンとソ連共産党書記長のミハイル・ゴルバチョフが、スイス・ジュネーヴで初会談を行う。
  • 11月23日 – エジプト航空648便ハイジャック事件。乗員乗客98名のうち60名死亡。
  • 11月29日 – 過激派による国電同時多発ゲリラ事件。首都圏、大阪府を初め各地で線路のケーブルが切断されダイヤが混乱。600万人に影響が出る。

 

あらすじ

八神に騙され、両親のいない八神家へ家庭教師に来た五代君。ところが突然両親が帰ってきて、五代君はコソコソ隠れ、逃げ回ることになります。遂には窓から逃げる間男のような状態になってしまう五代君。しかし、これで八神との家庭教師の契約は終わりだと別れを言うのですが…。

 

 

みどころ

  • 五代君の間男ぶり

 

はじめに

可愛い女子校生の家に家庭教師へ行き、「先生実は今日うちの両親いないの…」展開。本来、これは男が夢見るシチュエーションなのですが、この状況で本気で困ってしまう五代君の回です。勿体ないなあと思いながら読んでいた読者も多いはず?

 

0145_result

 

両親突然の帰宅

八神は、両親が結婚式に出席しているため、夜遅くまで帰ってこないと踏んで五代君を自宅に誘ったのですが、仮に計画通りだとして何をするつもりだったのでしょうね。以前にも書きましたが、八神は男女の肉体関係を全く考えておらず、ともすれば大好きな五代君とですら及び腰です。しかし、両親がいない家に男性を引っ張り込んだら…ねえ。普通はここで女子高生側が誘惑し、そして寸前で邪魔が入る展開が王道だと思うのですが、八神は自分から肉体関係を求めることは一切無く…と言うか頭にこれっぽっちも無いので、下着でアタックのエピソードも、パジャマでお邪魔のエピソードも、ちょっと不思議なシチュエーションなんですよね。

 

しかも八神の両親は結婚式で娘の両親に感情移入し、八神に男がいるかどうかを心配しに部屋に訪ねてくる始末で、その数メートル先のクローゼットに、あの五代君がいますとの面白い状況でした。知らずは父ばかりか…。

 

八神の父が男を心配するすぐそこに隠れてる五代君。いなくなったと思って安心して五代君が出てきたら、すぐに八神の父が戻ってきて慌てて隠れさせる等、ここは少しドリフみたいなコントになっていました。

 

0152_result0154_result

 

ママは良き理解者

作中でも現実でもそうですが、やはり母親は子供の味方なんですかね。八神のママはおっとりしていて、籠城エピソードのときも八神の良き理解者になっていましたが、今回も間男のような五代君に動じず対応し、八神の話を聞き理解し、そして五代君脱出計画に協力していました。父親と母親は基本的に北風と太陽ですね。

 

 

0163_result

 

最後の家庭教師

結局五代君は、八神の父が泥酔していること、友人の結婚式で女の子の父親である友人に感情入し、娘に近付く男は抹殺してやると感情的になっていることで、名乗り出ることを諦め、窓から逃げると言う、まさに間男のような状態になってしまいました。

 

0164_result

 

今回で五代君と八神が交わした家庭教師の契約は終わり、八神との繋がりは一切なくなるはずだったのですが、五代君は靴を八神の家に忘れて帰ってきてしまったため、またしても繋がる理由が出来、嬉しそうにする八神で終わり、まだ八神のエピソードが続くことがわかります。

 

0165_result

 

おわりに

今回の授業で、五代君は八神と結んだ家庭教師の契約は終了。これにて八神とは縁が切れるはずと思い、窓から脱出するのですが…。

 

この次は、八神が四谷さんに家庭教師を頼むエピソードになるのですが、このエピソードで八神は退場です。八神退場の下りは何度読んでも切なくなってしまいます。この八神の退場の仕方で、八神は本当に良い子なんだと理解しました。

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品

The following two tabs change content below.
記事を読んでいただき有り難うございました。当ブログは管理人が日々購入した物や観た物の感想やレビューを書いていくHPです。何かの参考になれば幸いです。(詳しいプロフィールお知らせレビュー依頼お問い合わせ

関連記事

  1. めぞん一刻「年齢考察」

  2. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第127話「草葉の陰から」」

  3. よつばと!を超えたかも「ばらかもん/ヨシノサツキ」(第1~10巻)レビュー

  4. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第148話「やましい関係」」

  5. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第107話「閉じられた扉(とびら)」」

  6. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第138話「きざし」」

  7. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第046話「願ひ事かなふ」」

  8. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第144話「わかってください」」

  9. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第034話「SOPPO(そっぽ)」」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP