アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第26話 「五代ボー然!響子のヤキモチ大爆発!!」」

あらすじ

1986年09月17日放送。

 

五代君が一刻館にこずえちゃんを連れ込み、三鷹さんはデートの約束で他の女と抱き合って、響子さんのヤキモチが爆発する怖い回です。

 

890E3A26

 

第1期終わり

第1期(アニメの1/4)が終わりました。

 

第1期はほぼ原作漫画に忠実で、季節の変更もありませんでしたが、第2期以降は、季節が現実の放映日に合わせて改変されていて、その影響で話まで少し変わってしまいました。さらに第2期の26話中、実に7話がアニメオリジナルと言う、原作漫画ファンからすると、最も評判の悪い時期でもあります。実に約1/4がアニメオリジナルですからね。

 

また第2期以降スタッフが大幅入れ替えになり、絵柄や作風、特に響子さんの性格が、原作漫画と徐々に離れていくことになります。響子さんの性格についてはまた次回。

 

22歳で子持ち当たり前の時代

響子さんの同級生が当たり前のように子持ちでしたが、昨今晩婚化が一気に進んだものの、80年代前半当時は、22歳で子持ちでも別に珍しくない事だったんですよね。時代を感じます。

 

一刻館にこそこそこずえちゃんを呼ぶ五代君の神経

響子さんに「好きじゃ~」と叫んだり、「3年待って」と結婚を考えているようなことを言った、大好きな女性がいる一刻館に、こそこそこずえちゃんを呼ぶ五代君…。

 

C5BEBA02 B403641C

 

管理人室の目の前にある電話でこそこそ話ますし、管理人室の前で一の瀬さんと密談しますし、脇が甘すぎます。

 

3FAA2862

 

祝!四谷トンネル再開通

以前の回で、四谷さんの部屋と五代君の部屋の穴が塞がれましたが、今回めでたくまたこの四谷トンネルが開通しました。しかも丸太で。

 

2351E953

 

タイミングが悪すぎる

めぞん一刻の物語は、話がすれ違ったり、勘違いや誤解で話が拗れたりしますが、同じようなお約束で、絶妙の間で最悪の場面に出くわすタイミングの悪さもあります。

 

今回も三鷹さんはデートの待ち合わせで、偶然ペットショップの女性店員に、抱きついていると誤解される場面を目撃されてしまいます。三鷹さんは響子さんとのデート運ことごとくありません。

 

缶詰をおでこに全力投球は死ぬ

響子さんがヤケでパチンコに行ったら大勝してしまい、景品の缶詰を大量に持ち帰っている途中に五代君と会うのですが、その時響子さんは五代君に全力投球で缶詰を投げ、おでこに命中させますが、これ下手したら死んじゃいます。

 

35F8EFB5

 

しかしこのおでこに直撃するシーンはアニメではカットされていました。もしかしたら子供が真似するかもと言う配慮だったのかも。

 

203A4216

 

原作漫画では

 

坂の途中に愛がある

めぞん一刻のアニメが始まる前に、「坂の途中に愛がある」と言うキャッチコピーで予告がありましたが、今回最後の坂道も凄くて、本当に一刻館周辺坂道ばかりです。

 

87DD22E8

 

ちなみに下の動画がめぞん一刻の初回予告です。他の懐かしいCMと一緒の動画ですが。

 

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品