シンプルで簡単に使える「空気清浄機 CF-8005/Sparoma」レビュー

特徴

  • 【空気清浄を徹底追求】空気を綺麗にすることのみを本気で追求した空気清浄機です。加湿機能がないため、カビや雑菌が繁殖する心配がありません。普通の空気清浄機はフィルターでホコリ、粒子などをろ過しても空気中の菌は取れないです。UVライトで照射すれば、菌がずいぶん減っていました。空気の浄化効果を高めるばかまじめな空気清浄機。
  • 【5つの対策で空気を徹底的に浄化】プレフィルター、HEPAフィルター、活性炭フィルター、光触媒、UVライトによって徹底的に空気を浄化します。気になるニオイやホコリ、花粉、ウイルス、PM2.5などの微小なハウスダストまで素早く集め、しっかり除去。クリーンな空気で快適なお部屋に!
  • 【軽くてスッキリ】お部屋にも溶け込みやすい、シンプルでスッキリとしたデザイン。軽量3.5kgで移動も楽々です!
  • 【シンプルな操作パネル】操作パネルはタッチ式。シンプルなアイコンで直感的に操作できます。2・4・8時間の切タイマーにより、消し忘れを防止できます。
  • 【省エネ、3年間のメーカー保証】ワイドエリア対応。24時間つけっぱなしでも安心の電気代。

 

長所と短所

  • ○タッチ式パネルで操作が簡単
  • ○分解が簡単
  • ○風量がある
  • △加湿機能はない

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、Sparomaさんの空気清浄機CF-8005』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

箱は完全に段ボールでした。ちょっと緩衝材が不安。

 

DSCF1369_result

 

空気清浄機は非常に小さいです。狭い部屋でも邪魔になりません。

 

DSCF1372_result

 

ボタンはタッチ式です。感度は良好。

 

DSCF1373_result

 

裏面に電源ケーブル直付けです。脱着は出来ません。

 

DSCF1376_result

 

カバーは簡単に取り外せます。フィルターはここに入れてやるだけです。

 

DSCF1393_result

 

フィルターは1枚のみなので管理も交換も楽です。交換フィルターはAmazonで販売しています。

 

DSCF1394_result

 

サンキューカード。

 

DSCF1396_result

 

説明書。

 

DSCF1397_result

 

説明書は日本語単独の物でした。操作は本当に簡単なので読むまでもありませんけどね。

 

DSCF1398_result

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

タッチ式パネルで操作が簡単

操作ボタンは全て上面に集中しています。全てタッチ式で物理的に押し込むボタンではありません。一切力が必要なく、触っただけで反応するので操作が非常に軽快でした。

 

DSCF1374_result

 

感度も良く、触った瞬間にタッチしたことが認識されるので、タッチしても操作を受け付けないので2度3度と押すなんてこともありませんでした。

 

寝るときに便利なタイマー機能もあります。2,4,8時間と、1時間や30分ごとに設定出来るような細かいものではありませんが、実用上十分かと思います。

 

分解が簡単

空気清浄機はフィルターの交換が必要なのですが、その手順が簡単でした。

 

正面のパネルをパカッと指で開き、そこにある四角いフィルターを外すだけです。何のギミックも複雑な過程もありませんでした。

 

DSCF1381_result

 

ちなみに、交換フィルターもAmazonで別売しています。掃除機でもそうですが、この手のフィルターは水洗いして乾燥させると、スペックの寿命より長く使えるんですよね。フィルターとしての機能は落ちるのですが…。まあ、この辺は使う人が使っていてどう感じるかです。

 

風量がある

風量は弱、中、強の3段階です。弱は静かで寝ていても全く気にならないレベルです。ただ、逆に強は一般的な扇風機と同じレベルの音量と風量です。

 

風量による騒音を計測してみました。

 

下記写真はTVは付けていますが何もしていないときの室内の音量です。多少揺れますがおおよそ40dbと言ったところ。

 

DSCF1388_result

 

そして下記写真が弱運転の騒音レベルです。こちらも多少揺れますが50dbを少し超えると言ったところ。

 

DSCF1389_result

 

下記写真は中運転です。60dbを超える感じ。

 

DSCF1390_result

 

そして最強の風量である強運転では72~73dbを超えると言ったところ。

 

DSCF1391_result

 

この実験結果から、おおよそ何もしていないときの室内=40db。弱運転=50db。中運転=60db。強運転=72dbでした。と、数字で言われてもピンときませんよね。そこで騒音レベルの基準値が記載された表が下記画像となります。

 

 

  • 弱運転=50db=エアコンの室外機、静かな事務所
  • 中運転=60db=普通の会話、チャイム、時速40キロで走る自動車の内部
  • 強運転=72db=掃除機、騒々しい街頭、キータイプの音

 

文章にすると幾分わかりやすいのではないでしょうか。弱は寝室で寝るときに運転させても気にならないレベルです。強は掃除機と表記されていますが、個人的にはドライヤーの音や音量に近いかなと。強は日常の生活の中で使用するのはかなり厳しいです。その部屋に人がいないときにパワフルに、そして一気に空気を綺麗にしたい用ですかね。他の部屋で用事を済ませている間や、食事の準備をしていてその部屋を離れる際、もしくは出掛けるときに切りタイマーをセットして…なんて使い方でしょうか。

 

気になるところ

最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

 

加湿機能はない

短所ではありませんが、この空気清浄機に加湿機能はありません。あくまで周囲の空気の汚れを取るとの単機能でシンプルな物です。名前の通りの空気清浄機と考えて良いかと思います。

 

余計な機能が付いていない分、安価で操作もシンプルでコンパクトになっているのですが、加湿機能も一緒にあった方が良いと思う方にはデメリットになるかもしれません。

 

簡単、シンプルコンパクトで加湿機能が必要ないと思うか、操作が多少複雑になって大きくなっても加湿機能が欲しいと思うか…ですね。

 

おわりに

有名メーカーの空気清浄機はもっと高いのですが、こちらは9千円以下で購入出来るので安いです。また、シンプルな機能で空気清浄機能のみです。加湿機能はありません。操作はタッチ式でシンプルで説明書を見なくても小学生が使えるレベルです。フィルターの交換も10秒で出来る簡単さです。このようなことから、シンプルで使いやすい空気清浄機を求めている方に合っていると思います。逆に言えば多機能を求める方には合いません。

 

また、加湿機能がないおかげで非常にコンパクトになっており、狭い部屋でも問題なく隅に置くことが出来、それでいて存在感はありません。狭い部屋や設置するスペースが乏しいけど空気清浄機が欲しいとの方にも向いています。加湿機能付き空気清浄機や、多機能の空気清浄機だと、もっともっと大きくなってしまい、セラミックファンヒーターくらいの設置スペースが必要ですからね。

 

色々な機能を設定したり探りながら弄るような楽しさはありませんが、届いたら説明書を読まずとも電源を入れてすぐに使える、そんなシンプルで使いやすい空気清浄機です。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品