不思議なドラマ「孤独のグルメ」レビュー

あらすじ

孤独のグルメ

個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどである。また、出先での食事がメインのため、出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東京を中心とする関東の店となっている。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男の食事シーンと心理描写を綴っているのが特徴。ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々とストーリーが流れていく。

 

以前から気になっていたドラマ

原作漫画がネットの口コミで広まって人気が出たとのことで、以前から興味があったのですが、今回ドラマの方を見る機会があったので見てみました。

 

何も起こらないドラマ

こういう言い方をすると身も蓋もないのですが、このドラマは何も起こりません。

 

しかし、これでは感想の意味を成さないので、もう少し詳しく書くと、1人のおじさんが町の食堂で食事をする話です。まあこれでもなんだそりゃになるのですが、本当にそれただ1点のドラマなんです。

 

CE7B0595

 

主人公の五郎がお腹が減った。どこかその辺にご飯が食べられる店はないか。あそこに入ろう。食べた。美味しかった。終わり。本当にこういうドラマなんです。

 

不思議なテンション

のちにお店の客や、輸入雑貨のお客に有名な俳優を配置したりしますが、このドラマは基本的に五郎の1人ドラマです。店の人はさすがに演技が必要なので俳優を使っていますけどね。

 

このドラマで私が最も印象に残ったのが、五郎の頭の中で思ったことが、全て音声になって視聴者に分かることです。このように頭の中のことが音声になる事は、他のドラマでも良くあるのですが、その量が尋常ではなく、おそらくドラマ中6,7割はこのモノローグで締められています。

 

またそのテンションが独特で、感情が余り読み取れない抑揚のない喋り方で、これが実に特徴的です。

 

 

「これは良い…いや、これが良い」

「旨い…旨いぞ」

「良いじゃないか良いじゃないか」

 

食べているときにこんな感じの感想がずっと続きます。

 

気取らない大衆食堂が舞台

ほとんどの場合、五郎が入るお店は、気取らない町の大衆食堂が舞台です。しかし、これがまた良いんです。

 

5E18A3AE

 

普通だとこのお店でトラブルが起こったり、人情話が起こったりして、話が展開するのですが、孤独のグルメの場合、そんな事は一切起こりません。お客や店の人と何か話が展開することはなく、淡々と五郎が食べ物を食べて、頭の中で感想を言って、そしてご馳走様と言って店を出て行くだけなんです。

 

3742AA90

 

こんな人にお勧め

  • 変なドラマが見たい人
  • 1一人ドラマが見たい人
  • 気取らない大衆食堂のドラマが見たい人
  • 深夜食堂が好きな人

 

おわりに

孤独のグルメは、本当に何も起こらない、起承転結すらあやふやなドラマなので、この独特の世界感にはまれば、もしくは許容出来るのなら楽しく見たり、まったり見たり出来ると思います。

 

ただ、こういった独特の世界感、話の運びが許容出来ない人はおそらくいると思います。そういう人には向かないかも知れません。

 

5AFA7F34

 

それにしても特徴的で風変わりなドラマなので、是非1度見てみることをお勧めします。

 

関連商品

 

当該商品