不思議な漫画「孤独のグルメ/久住昌之×谷口ジロー」レビュー

あらすじ

孤独のグルメ

個人で雑貨輸入商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画。主人公が訪れる場所は高級料理屋などではなく、大衆食堂のような店がほとんどである。また、出先での食事がメインのため、出張など(7話・19話・特別編)を除けば大半が東京を中心とする関東の店となっている。料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男の食事シーンと心理描写を綴っているのが特徴。ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々とストーリーが流れていく。

 

ネットで人気が広がったとか

以前の記事でドラマのレビューを書きましたが、今回はその原作漫画のお話です。

 

口コミで、と言うかネットで人気が広がったらしく、しかも1巻のみと言うことで、一体どんな漫画なんだろうと興味がありました。

 

何も起こらない漫画

ドラマと同じく、やはり漫画でも何も起こりません。ドラマは実に良く漫画を再現していると思います。ただ、ドラマ版にはなくて、漫画版にある話もあります。

 

ドラマは、全て実在のお店を使ってテーマにしているので、入って失敗だったエピソードはないのですが、漫画には失敗したエピソードが1話ありました。皆さんも経験がおありだと思いますが、客の前でバイトを虐める店長って構図の話です。

 

45DAB9C5

 

モノローグ

五郎のモノローグもドラマは良く表現していました。漫画も同じようにモノローグで埋め尽くされています。

 

こんな人にお勧め

  • 変なドラマが見たい人
  • 1一人ドラマが見たい人
  • 気取らない大衆食堂のドラマが見たい人
  • 深夜食堂が好きな人

    漫画ドラマも何故か引き込まれる

    これは面白いと言う表現で良いのでしょうか。

     

    否定的にこのようなことを書いている訳ではないのですが、単純に面白いという感情とか違う気がします。読んでいて引き込まれるのは確かなので、それに近い感情だとは思うのですが、いまいちわかりません。

     

    1巻で完結したというのも、もしかしたら重要な要素なのかも知れませんね。もしこれが10巻15巻と続いていたら、多分途中で飽きて放り投げていたかも知れません。しかし不思議な漫画でした。

 

関連商品

 

当該商品