おすすめ記事

耳にストレスが掛からないBluetoothヘッドセット「IC-BTH07/iClever」レビュー

特徴

  • 高音質通話・音楽視聴:最新技術のBluetooth4. 1と CSRチップセット対応して、不要なノイズを遮断し、高音質でクリアな通話が可能です。
  • 長時間再生に対応:省エネ設計でスタンバイ時間160時間、音楽再生時間約7時間のご使用可能です。同時に2つのデバイスをペアリング可能です。
  • 耳にかけても心地良い:ポータブル且つ軽量なイヤホンは快適かつ安定的にあなたの耳にかけて、脱落やズレの心配なく、しっかり耳へ密閉します。
  • スポーツや通勤などに最適:絡まない、IPX4防滴加工が施されているので、運動中の汗、雨なども気にせずに使用できます。

 

長所と短所

  • ○音楽再生7時間で安心
  • ○イヤーフックが柔らかめで耳への負担が少ない
  • ケーブルがきしめんタイプで衣擦れ音が乗りづらい

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、iCleverさんのBluetoothヘッドセットIC-BTH07』です。

 

この製品は最近多くなってきた直付けイヤーフックと独特の形状と柔軟性のある材質が特徴だと思います。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

化粧箱。しっかりした箱に入っていました。

 

23E5E3A1

 

同梱品。ヘッドセット本体、イヤーカップ×2、USBケーブル、説明書、サンキューカード。

 

F6132CD6

 

電源ボタンの位置は色違いで視認性も良く押しやすい形状です。

 

5E751A9E

 

独特の形状と材質のイヤーフック。これが色々な効果を生み出します。

 

336C3BE9

 

イヤーカップとUSBケーブル。

 

6CEB2091D67394D3

 

説明書には日本語はありませんでした。ただ、操作方法は一般的なヘッドセットと全く同じなので、これまでヘッドセットを使用したことのある人なら迷わず直感的に操作出来ます。

 

DF39298D

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

音質

音知るに拘りがあるわけでもなく、聞き分けられるような高級な耳をしているわけではないのですが、高音も低音も音が割れることは無く、シャリシャリとしたチープな音がするわけでも無く、特に不満無く聞くことが出来ました。ただ、若干籠もったと言うかくぐもった感じがするかも知れません。特に人の声なんかは籠もった感じに若干聞こえます。このヘッドセットの特性とも言えるので、これが欠点に当たるのかどうか微妙なところではありますが…。

 

気になって仕方が無いほどではないので、減点対象にするまででは無いかと思います。

 

7時間のバッテリー持ち

このヘッドセットは公称値で7時間の音楽精製が可能となっています。公称値とは言っても、実測値と隔たりが大きい場合もあるので、実際に満充電から空になるまで使用してみました。

 

結果は6時間40分を超えるまで使用出来たので、7時間音楽再生で持つとの公称値は概ね間違いない値でした。これだけのバッテリー持ちだと、通勤・通学で毎日2時間使用しても、3日に1回の充電で済むので、充電管理がとても楽になります。これが5時間を切ってしまうと2日に1回となり、その差は『たった1日』にとどまらない使い勝手の差となって出てくることを実感しています。

 

耳に優しいイヤーフック

このようなイヤーフックの形と材質は最近増えている気がします。

 

これまでは、イヤーフックは完全にプラスチック素材で固く、ここが耳の外郭を刺激して痛くなってしまうので、私はイヤーフックを着けるのが嫌でした。ところがこのような丸みを帯びた大きい形状のイヤーフックで、しかもほとんどゴムで出来ているグニャグニャの素材が出始めて使用してみると、全くと言って良いほど耳のどこも痛くならないので驚いたんです。

 

74BC7062

 

このヘッドセットもこの系統のイヤーフックで、耳にストレスが掛かりづらいタイプとなっています。ただ、ゴム素材とは違い、プラスチック寄りの素材と固さなので、耳へのストレスという面では、ゴム素材の物よりは若干劣ります。ただその分しっかりと耳に装着され。どんな激しい動きをしても、それこそ前転、バック宙をしようとも取れない強固な装着力を実現しています。この辺りは個人の好みの問題で、とにかく耳が痛くならないことが第一だと言うなら、グニャグニャのゴム素材のイヤーフックが直付けされているタイプを選ぶべきですし、バランスを取って装着力もしっかりしたのが良いと言うなら、このような柔らかいプラスチックのイヤーフックを選ぶと良いかと思います。

 

また、このような柔軟性のあるイヤーフックの副次的効果として、耳の穴の中へ意図せず入れすぎてしまったイヤーピースを、イヤーフックのその反発力で押し戻し、ちょうど良い位置に『浮くような形』にポジションし直してくれるため、耳の穴も痛くならないんです。

 

おわりに

このタイプのイヤーフックは、耳がほとんど痛くならないのでお気に入りです。どうしてもその面ばかり書いてしまうのですが、7時間のロングライフバッテリーであり、最新のBluetooth4.1、十分な音質と、ヘッドセットとしてもレベルの高い物だと思います。

 

しかし、なんと言ってもこのタイプのイヤーフックのヘッドセットは耳がほとんど痛くならないので、耳が痛いと困っている方にはお勧めです。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

当該商品

The following two tabs change content below.
記事を読んでいただき有り難うございました。当ブログは管理人が日々購入した物や観た物の感想やレビューを書いていくHPです。何かの参考になれば幸いです。(詳しいプロフィールお知らせレビュー依頼お問い合わせ

関連記事

  1. シェア掛け好きな人に最適「bluetooth 4.1 ヘッドホン/Ewin」レビュー

  2. グリスでこんなに温度が変わるのか「シルバーグリス AS05/AINEX」レビュー

  3. 外付けDVDドライブ「DVSM-PC58U2V/バッファロー」レビュー

  4. 円柱状の縦長スピーカー「P4/SoundPEATS」レビュー

  5. ケーブル配線をスッキリ「LD-GAF1/BR/エレコム」レビュー

  6. コンパクトで軽量なヘッドホン「Bluetoothヘッドホン/iDeaUSA」レビュー

  7. 耳が全く痛くならない掛け心地「STN-444/J & L since 2015」レビュー

  8. 滑らないアームバンド「スポーツアームバンド/CRONA」

  9. 欠点が見当たらないヘッドセット「Dunmer スポーツイヤホン/Mpow」レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP