「Bluetoothヘッドセット E300/EKSA」レビュー ~1800mAhの大容量バッテリー内蔵ケースで外出時でも安心~

今回レビューするのは、EKSAさんのBluetoothヘッドセットE300』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

【商品広告】

 

特徴

  • 【最先端 Bluetooth 5.0搭載・60時間連続駆動】最先端Bluetooth 5.0+EDRが搭載されたワイヤレスイヤホンで、2倍のデータ送信速度と8倍のデータ転送能力、従来比の約4倍の通信範囲が可能になりました。高速で移動する乗り物の中でも、「音飛び」や「音切れ」を大幅に改善することができます。対応機種 :Bluetooth搭載の各種スマホ/タブレット/PC等に対応。イヤホンが1回約1時間の充電で約4時間の連続使用でき、充電ケースでイヤホンを約15回充電でき、連続再生時間が最大60時間まで実現します。
  • 【英国製CSRチップ・低遅延コーデックAAC対応】市販のワイヤレスイヤホンの洛達チップと異なり、本製品は英国製のCSR QC3001チップセットを搭載し、コーデックには高音質で遅延の少ないaacを採用し、対応機器同士で接続すれば、一般的なSBCコーデックより4分の1の低い圧縮率で、音質の劣化や、音ズレが少なく、電波環境の悪い状況でも音の途切れを防止可能。自然なステレオサウンドで演出、ハイレゾ音源に対応、躍動感のある低域から伸びのある広域まで幅広い音域を高音質で聴かせます。
  • 【自動ON/OFF・自動ペアリング】 : ワイヤレス イヤホンはケースからイヤホンを取り出すだけで電源が入るので電源ボタンを押す必要がありません。イヤホン同士のペアリングが自動的にされるので、あとはデバイスをワンタップするだけで簡単にペアリングが完了です。「E300」ワイヤレスイヤホンは一度ペアリング登録されたら、次回から充電ケースから取り出すだけで、自動的にペアリングされるオートペアリング機能があります。
  • 【ワンボタンデザイン・IPX4防水機能】全分離型Bluetoothイヤホンとして、両耳で使用することはもちろん、単独で使用することも問題ないです。耳につけても目立ちにくいです。ワンボタン設計で、片手でも操作できます。ワンボタンで音楽再生/一時停止、曲飛ばし、音量調節、通話開始/終了/拒否/リダイヤルなどの操作をすべて実現可能です。マイクを内蔵して、電話が来る時音楽は自動的に一時的に停止します。ボタンを押したら通話に切り替えて携帯も要らなくてイヤホンに向って気持ちよく通話を始められます。IPX4の防水機能により、ジムでの汗をかくトレーニングや、雨の中でのランニングなどでも問題なく使用できます。
  • 【パッケージ内容・安心な18ヶ月保証】パッケージ内容:●Bluetoothイヤホン双耳●充電ケース本体●イヤーピース×3ペア(S,M,L)●USB充電ケーブル+日本語取扱説明書。

 

長所と短所

  • ○セパレートタイプで邪魔なコードが一切無い
  • ○ケー内蔵のバッテリー容量が1800mAhと大容量
  • △ケースは大きめなのでワイシャツの胸ポケットには厳しい
  • ◎ペアリングが簡単
  • ◎両方とも片耳ヘッドセットとして使用出来る
  • ○曲送りと音量アップがヘッドセットのボタンで出来る
  • ×バッテリー残量表示が分かりづらい

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
2E7B0F28

 

パッケージ内容
DC88154C

 

セット内容

▼パッケージ内容は下記画像の物で全てになります。▼

18AC8262

 

ヘッドセット。▼

3568FF12

 

▼ケース。▼

06AB7EA7

 

▼イヤーチップ。▼

608882DF

 

▼USBケーブル。▼

B8EF395B

 

▼説明書。(日本語ページあり)▼

1BA0D89A

 

動画

 

スペック

Bluetoothバージョン 5.0
ヘッドセット内蔵バッテリー容量 45mAh(片方)
ケース内蔵バッテリー容量 1800mAh
対応プロファイル A2DP/HFP/HSP/AVRCP
防塵・防水性能 IPX4
パッケージ内容 ヘッドセット/ケース/USBケーブル/イヤーピース×3組/説明書

 

使用した感想

○セパレートタイプで邪魔なコードが一切無い

このヘッドセットは左右のヘッドセットを繋ぐコードが一切無いセパレートタイプです。

4A25A6DC

 

首や衣服に擦れるコードが無いので、ジョリジョリとした『タッチのイズ』が発生しない構造です。また、汗でべとついた首や凹凸のある衣服にコードが引っ掛かり、耳に填めたヘッドセットが引っ張られる不快感もありません。

 

セパレートタイプはスポーツ時にも有効で、体や首をいくら動かしても自由なのでジョギング、ウォーキング、サイクリング、スポーツジムにと便利に使用出来ます。

 

○ケー内蔵のバッテリー容量が1800mAhと大容量

ケースに内蔵されているバッテリー容量は1800mAhです。一般的なセパレートタイプのヘッドセットのケースは、概ね内蔵されているバッテリー容量が500mAh前後なので、いかに大容量化分かると思います。▼

84560AF8

 

ヘッドセット片方のバッテリー容量は45mAhです。両方で90mAhなので、空から満充電まで20回もこのケースのみで出来ます。USBケーブルでいちいち接続して充電するのは地味に面倒なのですが、この面倒さを極力回避出来ます。

 

△ケースは大きめなのでワイシャツの胸ポケットには厳しい

▼ケース内蔵バッテリーの容量が大きい分仕方がありませんがある程度の大きさになってしまっています。▼

E438D9D7

 

男性がチノパンやカーゴパンツのようなゆったりしたパンツのポケットに入れるのは全く問題ありませんが、ワイシャツの胸ポケットに入れるのは現実的ではありません。

 

▼ちなみにケースの重量はヘッドセットをセットした状態で104.0gでした。

B3E7E308

 

◎ペアリングが簡単

ペアリングは非常に簡単で早いです。ケースから取り出すと自動的に電源が入りペアリング状態になるので、スマホ等端末のBluetooth機能をオンにすると、1,2秒で『E300』と言う名のこのこのヘッドセットが出てきます。あとはそれをタップして完了です。

6047F6D5

 

ただ、片耳ヘッドセットとして使用する場合、ケースから取り出しただけでは初回ペアリングされませんでした。片耳ヘッドセットとして使用する場合、ケースから取り出して電源がオンになったら、ヘッドセットのボタンを長押しして一旦電源をオフにし、もう1度長押しして電源をオン。これで片耳のE300として出てきました。

 

◎両方とも片耳ヘッドセットとして使用出来る

▼前述しましたが、このヘッドセットは片耳ヘッドセットとしても使用出来ます。しかも左右どちらも単独の片耳ヘッドセットとして使用出来るんです。

98C3AF54

 

両耳はステレオ音声で聴けるので良いのですが、片耳は片耳で周囲の音が聞こえるのでジョギングやサイクリングに最適だったり、シーンによって使い分けると便利です。

 

○曲送りと音量アップがヘッドセットのボタンで出来る

ユニークな機能としては、ヘッドセットのボタンで曲送りとボリュームアップが出来ることが挙げられます。このような極小ヘッドセットの場合、本体に設置出来るボタンは1つがやっとなので、曲変更と音量変更が出来ない物がまだまだ多いんです。▼

645285FE

 

操作方法としては、両耳ヘッドセットとして使用している場合に、左のボタンをダブルクリックで曲送り。右のボタンをダブルクリックで音量アップです。

 

×バッテリー残量表示が分かりづらい

▼ケースのバッテリー残量表示のされ方は少し分かりづらいです。通知のLEDランプが1つしかないので、この『点滅の仕方』でわかる仕組みです。▼

5AC98878

 

どのように残量が通知されるかというと下記の通りになります。

 

  • 20%:2秒ごとに1回点滅
  • 50%:2秒ごとに2回点滅
  • 75%:2秒ごとに3回点滅
  • 75-100%:2秒ごとに4回点滅

 

数秒間LEDランプを見なければなりませんし、何回点滅したらどれくらいと覚えなければなりません。素直に4つか5つのLEDランプで表示されてる方が良かったです。前述したようにケース自体大きいので、LEDランプを4つか5つ設置するスペースはあるはずなんですけどね。

 

総評

ヘッドセットのボタンで曲送りと音量アップが出来る物は少ないので、ヘッドセットで出来る限り操作をしたい方には最適だと思います。また、ケース内蔵のバッテリー容量が多いので、出来る限り充電の手間を無くしたい方向けだと思います。ただ、その分ケースは大きいので、胸ポケットに入れたいなんて方には向かないと思います。

 

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人

 

向いていない人
  • 小さいケースが好きな人

 

リンク

関連記事

 

商品

当該商品
 

ABOUTこの記事をかいた人

ジェーニオ

記事を読んでいただき有り難うございました。当ブログは管理人が日々購入した物や観た物の感想やレビューを書いていくHPです。何かの参考になれば幸いです。

お問い合わせレビュー依頼