リーズナブルなapt-xヘッドセット「Bluetoothヘッドセット X1/Jayfi」レビュー

特徴

  • 【aptX高音質コーデック対応】高音質化するをCSR8645チップを搭載、高い音声品質を維持します。迫力のある低域、クリアな中域、耳に刺さる感じられない高域、どのレベルにも対応しています。
  • 【材質アルミ合金製ハウジング】軽量で耐久性に優れた航空機用アルミ合金から作られています。シンプルなデザイン、わずか15gの重さで装着感もできます。
  • 【マグネット搭載】イヤホンの背中部分に磁石を内蔵しているため、使用しない時は左右のイヤホン同士を磁力で固定することができます。 ネックレスのようなデザインのケーブルは絡みにくいです。
  • 【人間工学に基いたイヤーフック運動でもはずれにくい】耳の上部にフィットする柔らかなフックを装着しており、イヤホンを耳にしっかりと固定できます。運動などでもはずれにくいです。
  • 【汗や雨に強い防滴仕様】防滴仕様なので、スポーツ中に汗をかいたり、突然雨が降っても使用できます。

 

長所と短所

  • ○apt-x対応の高音質
  • ○耳が痛くならない装着感
  • ○イヤホン部分のマグネットでネックレスのようになる
  • ○音楽再生で7時間の連続再生が可能

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、JayfiさんのヘッドセットX1』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

パッケージ外観は白いしっかりした箱に商品写真。ヘッドセットとしては比較的大きめの箱でした。

 

38D3B3B8

 

パッケージ内容は、ヘッドセット、イヤーチップ×3組、イヤーフック×2組、USBケーブル、巾着袋、サンキューカード、説明書。

 

EA4567C6

 

ヘッドセット本体はイヤホンにマグネットがあるので、イヤホン同士が吸着します。

 

42F9FFFD

 

イヤホンにハウジング(機械部分)はほとんどなく極小です。また、イヤーフックが耳の穴の溝にガッチリ引っ掛かるため、装着力も問題なく、頭を振ってもジョギングしても取れませんでした。

 

358DA28C

 

コントロールパネルは一般的な+、-、マルチファンクションボタンの3ボタン式です。凹凸がハッキリしているので押しやすかったです。

 

FC60808D

 

USB端子カバーは手袋をしていても開け閉め出来るほど楽でした。

 

E509A09F

 

サイズ違いのイヤーチップ×4組。

 

D125C3BF

 

サイズ違いのイヤーフック×2組。

 

D21E6D4C

 

巾着袋。

 

779D558E

 

サンキューカード。

 

BD0C69DE

 

説明書。

 

DB876A59

 

説明書には日本語ページがしっかりありました。

 

5FD957A5

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

apt-x対応の高音質

このヘッドセットは高音質規格のapt-xに対応しています。再生端末(スマホやPC)側もapt-xに対応していなければなりませんが、CD音質並と謳われるだけの高音質を堪能出来ます。

 

簡単にapt-xを説明すると、『高音質』、『低遅延』となります。

 

高音質とはその言葉の通りで、音質にこだわりのない私でもハッキリ違いが分かるくらいクリアに聞こえます。CD音質並と言われるように、出ている音楽以外の雑音が全くなく、籠もった感じもせず、まさにCDといった感じです。また、低遅延も売りで、TVや動画を見るときに口の動きと声がずれて聞こえるなんてこともない使用となっています。

 

それくらいからが良い音質と感じるかは人それぞれなので、一概にこのヘッドセットは音質が良い、このヘッドセットは音質が悪いとはなかなか言えないのですが、最低限悪い音質ではないことだけは保証出来る規格です。

 

私は寧ろ「最高に良い音質を求めるからapt-xを選ぶ」というよりも、「最低限悪い音質であるわけがない保証があるからapt-x」というような選び方をしています。apt-xを選んでおけば、大成功といえるかははわかりませんが、失敗はないんです。

 

耳が痛くならない装着感

イヤーチップは角度がなくストレートの形状のため、耳に穴に余計な負担が掛かりません。カナル型は遮音性が高く、装着力が得られることがメリットです。しかし、グイッと奧に押し込んでしまうと、耳の穴が痛くなる要因となるのですが、このイヤーチップはほぼストレートなので変に耳の穴に負担が掛かることなく、快適な装着感でした。

 

524227F2

 

また、イヤーフックは耳たぶに引っ掛けるタイプではなく、耳の穴の溝に小さく引っ掛けるかぎ爪タイプです。これがガッチリ耳の穴の溝に引っ掛かるため、走ってもジャンプしても頭を振っても、イヤホンが撮れることはありませんでした。

 

イヤホン部分のマグネットでネックレスのようになる

イヤホンの背中はマグネットになっており、一時的に耳からイヤホンを外す際にネックレス状にしておくことが出来ます。日常生活で使用する場合、スーパーなどのレジで一時的に耳から外したりすることもあるのですが、そのようなときにネックレス状にしておくことで、ずり落ちて紛失などの危険性が無くなります。

 

E191D82B

 

また、仕舞うときにも輪っか状にしておけるので、ケーブルがゴチャゴチャしたり、イヤホンがあっちに行ったりこっちに行ったりすることを防げます。

 

机の足がアルミや金属の場合、そこにイヤホンをくっつけることも出来るので、工夫次第で色々便利になります。

 

音楽再生で7時間の連続再生が可能

バッテリーは音楽で7時間の連続再生が可能です。ロングライフバッテリーと売りにされるのが一般的は8時間からなので、日常生活で使用するには十分便利に使えるバッテリー持ちだと思います。

 

音質について

音質は前述もしたとおりapt-x対応のヘッドセットなので、誰にとっても最低限失敗のない音質だと思います。CD音質並との謳い文句は嘘ではなく、背後に全く雑音のない、クリアで透明感のある音を聞くことが出来ます。

 

音ズレに関してもapt-xなのでありませんでした。TVや動画を見ましたが、口と声がずれるようなことは起こりませんでした。

 

自分で自分に電話を掛けて実験しましたが、マイクの性能も問題ありませんでした。声が小さく聞こえることも、ブツブツ途切れることもありません。

 

受信感度について

8mの距離に木製扉2枚を挟み、その扉を閉め来た状態で音楽を聞いてみましたが、一切音が途切れることなく聞こえてきました。また、この状態でコントロールパネルを手で覆うと、音がブツブツ途切れ、話すと股聞こえてきました。受信部分はイヤホンではなくコントロールボックス部分にあるようです。

 

この受信感度は、多くのヘッドセットを使用してきましたが、中の上か上の下といったところで、日常の生活で問題になるようなことは起こらないと思います。

 

おわりに

apt-x対応の高音質ながら、比較的低価格で購入出来るヘッドセットだと思います。apt-x対応のヘッドセットを選んでおけば、少なくとも音質で失敗したなんてことにはならないはずです。

 

また、イヤーチップがストレートなので、耳の穴に変な負担が掛からず、イヤーチップも耳の穴の溝に引っ掛けるかぎ爪状なので、耳にほとんど負担が掛からず痛くなりませんでした。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

当該商品