「Bluetoothヘッドセット HM2B/LIFEBEE」レビュー ~曲や音量の変更もヘッドセットのボタンで出来る~

今回レビューするのは、LIFEBEEさんのBluetoothヘッドセット『HM2BLIFEBEE』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • 【高性能&高音質】 最先端Bluetooth 5.0+EDR技術なのでiPhone、androidなどに適応します。Bluetooth V5.0を採用し、ワイヤレス信号の強度と安定性を最大限に確保する。障害物のない場合、10m長めの伝送距離に対応可能。マイク付きで取り出さずにハンズフリー通話使えます。そして音楽の深みを広げ、臨場感、空間感を表現できる。
  • 【ミニ&抜群なフィット感】 片耳イヤホンの重さが4.5g!小型イヤホンのなので耳の負担を最小し、耳の形にしっかり合わせられて、長時間付けても痛い感覚がしない。忘れるほどのフィット感心地よい!単耳でも両耳でも使用可能です。コンパクトなデザイン軽やか、使いこなすなので、ジョギング、ドライブ、ウォーキング、作業中、通勤、通学、映画鑑賞、電話会議など様々な場合で使用することが持ち運び非常に易いです。
  • 【ワンボタン設計&操作簡単】 多機能ワンボタンに集中させ、音楽再生/一時停止、次の曲、前の曲、通話開始/終了/拒否などの操作をすべて実現可能です。充電式収納ケース付きなのでイヤホンを紛失防止だけではなく、同時に充電でき、とても便利です。
  • 【左右独立型&収納便利】 片耳/両耳モード自由選択できる。単耳でも両耳でも使用可能になります。一人使用だけでなく、友達や恋人と一緒に同時で音楽をお楽しめます。最大20時間の連続駆動が可能であり、充電ケースはポケットの中ですっぽり収まります。充電機能搭載のコンパクトな収納ケースは、Bluetoothイヤホンを使用しないの場合充電ケースに収納して自動的に充電が行われます。一回フル充電、4~6時間連続駆動、高級感溢れる仕上がりとシックなデザインは非常に人気がある。
  • 【簡単ペアリング&安心保証対策】 充電ボックスからイヤホンを取り出し、自動的にオンになり、初めて使用するときに、デバイスのBluetoothをオンにし、手動で接続する必要があります。以後は最後のBluetoothデバイスに接続します、煩雑な操作を減らし、とても便利です。

 

長所と短所

  • ○TWSなので邪魔な物が一切無い
  • ○極小タイプなので耳への負担がほぼない
  • ◎左右どちらも片耳ヘッドセットとして使用出来る
  • ◎ペアリングが簡単
  • ○音質、受信感度問題なし
  • ◎ヘッドセットのボタンで曲と音量の変更が出来る
  • ○音楽再生でバッテリーが約4時間持つ
  • ○ケースが小さいので持ち運びが便利

 

外観

パッケージ外観
43401FF9

 

パッケージ内容
A8715962

 

セット内容
4BCB555B

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

 

C97B981A

ヘッドセット。

 

4F021B55

ケース。

 

58F1D9AE

イヤーピース。

 

4C5FF700

USBケーブル。

 

EF06A728

説明書。

 

動画

 

スペック

  • Bluetooth:5.0
  • バッテリー持続時間:約4時間
  • 重量:片方約4.5g

 

使用した感想

○TWSなので邪魔な物が一切無い
CD0A2CED

このヘッドセットはいわゆるTWSヘッドセットです。TWSとはトゥルーワイヤレスシステムの略で、左右を繋ぐコードすら無い完全コードレスのヘッドセットを指します。

 

完全コードレスによる一般的なメリットは下記の通りになります。

 

  1. 激しく動いても体に引っ掛からない
  2. タッチノイズ(コードが体に擦れて発生するノイズ)が発生しない
  3. 極小なので耳の穴に入れるだけ
  4. 極小なので耳に負担が掛からない

 

逆に一般的なデメリットは下記になります。ちなみに、(→)はその対策として取られている工夫です。

 

  1. 小さいのでバッテリー容量が少ない(→ケース内蔵バッテリーで補完)
  2. 小さいのでボタンを1つしか配置出来ない
  3. 紛失しやすい(→ケースにセットすることで紛失を防ぐ)
  4. 両耳ヘッドセットとして使用すると音ズレが発生しやすい(→片耳ヘッドセットとして使用すると音ズレしない)

 

○極小タイプなので耳への負担がほぼない
4ECA8430

ヘッドセット本体は極小タイプです。100円玉と比較するとちょうど同じくらいの大きさです。

 

AE57C6B0

重量を計ると、ケースにヘッドセットをしまった状態で48.7g。ヘッドセットのみで左右両方合わせて9.6g。ヘッドセットは10gを着る軽さです。

 

これだけ小さく軽いので耳に負担が全くと言って良いほど掛からず、耳が痛くなることも、長時間使用しての疲れも出ませんでした。

 

耳が痛くならない理由としては、小型軽量の他に丸みを帯びたデザインも挙げられます。角張った部分のまるでないツルンとした丸みを帯びた形状になっており、耳の穴に填めても耳当たりが良いんです。全く痛みや違和感はありません。ちなみに、耳の穴に軽く填めるだけですが、運動をして激しく頭を動かしても取れることはおろか、不安定になることもありませんでした。ガッチリ装着出来ています。

 

◎左右どちらも片耳ヘッドセットとして使用出来る

両耳のステレオヘッドセットですが、左右のヘッドセットをどちらも片耳ヘッドセットとして使用出来ます。

 

一般的に両耳ヘッドセットのメリットは下記になります。

 

  1. ステレを音声で聴ける
  2. 周囲の雑音が入りづらいので没入感が高い

 

逆に、片耳ヘッドセットの一般的なメリットは下記になります。

 

  1. 片方だけなので取り扱いが楽
  2. 周囲の音が良く聞こえるので安全(ジョギングやサイクリング中に車の音を聞けるなど)

 

◎ペアリングが簡単
5A2C03A4

ペアリングは簡単です。基本的にケースからヘッドセットを取り出すだけで自動的に電源がオンとなりペアリング状態になります。初回だけスマホ等の端末でペアリングの設定が必要ですが、2回目以降はケースから取り出すだけで自動的に端末と接続されます。

 

具体的な初回ペアリング方法は下記のように行います。

 

【両耳&右の片耳ヘッドセットとしての初回ペアリング方法】

  1. ケースから両方のヘッドセットを取り出す
  2. スマホ等の端末でBluetooth端末を検索
  3. 『KungixLIFEBEEを選択

 

【左の片耳ヘッドセットとしての初回ペアリング方法】

  1. ケースから両方のヘッドセットを取り出す
  2. ヘッドセットのボタンを長押しして電源をオフにする
  3. ヘッドセットのボタンを長押ししてペアリング状態にする(電源オンのアナウンスが流れても更に押しっぱなしにする)
  4. スマホ等の端末でBluetooth端末を検索
  5. 『Kungix-LLIFEBEEを選択

 

ポイントとしては、両耳ヘッドセットとしてペアリングすると、同時に右の片耳ヘッドセットとしてもペアリングされていることが1つ。両耳ヘッドセットとして初回ペアリングが完了すると、右のヘッドセットは初回ペアリングする必要はありません。ケースから右だけ取り出すとスマホ等の端末と時どうせ接続されます。

 

もう1つのポイントは、左のヘッドセットをペアリングする場合、ケースから取り出しただけではスマホ等の端末にこのヘッドセットが検索出てこないことです。なので、ケースから左のヘッドセットを取りだした後、一旦ヘッドセットのボタンを長押しして電源を切ります。その後、猛威痔とヘッドセットのボタンを長押ししてペアリング状態にすると、『Kungix-LLIFEBEEという端末名が出てきます。

 

ちなみに、電源を3秒ほど長押しすると電源がオンになり、更にそのまま押しっぱなしにして2秒ほどたつとペアリング状態になり、アナウンス音声も流れます。つまり、ヘッドセットの電源ボタンでペアリング状態にする場合、合計で5秒ほど長押しする必要があります。3秒ほど長押しすると電源がオンになったとのアナウンス音声が流れますが、ここでボタンから手を離さず、更に長押ししてください。

 

○音質、受信感度問題なし

音質、受信感度ともに問題ありませんでした。apt-xのようなCD音質並とまでは生きませんが、きちんとステレオで聴けますし、スマホと繋げて外で音楽を聞いたり、家で動画を見る分には不満はありません。よほど音質に拘りのある方以外なら問題ないと思います。

 

また、受信感度も障害物無しの7,8mでブツブツ切れることもなくスムーズに聞けたので問題なし。ただ、9,10mだとブツブツ途切れ始めました。この受信感度で日常生活で問題になるようなことはないと思います。

 

ちなみに、両耳ヘッドセットとして使用すると、動画の再生で若干の音ズレがありました。0.2秒か0.3秒か…ってところで、口の動きと声を注視すればわかるくらいなので、気にしなければ問題ないかな…ってレベルです。動画の視聴以外の音楽再生やラジオ聴取だと、音ズレしているかどうかすら分からないというか、していてもほぼ意味がないので問題ありませんし、通話でもこの程度は全く問題ありません。

 

どうしても音ズレが気になる場合、片耳ヘッドセットとして使用すると、音ズレは全くわからなくなりました。厳密にはシステム上、音ズレはどんなヘッドセットにもあるのですが、人間の感覚ではわからないレベルになります。

 

◎ヘッドセットのボタンで曲と音量の変更が出来る
0E203448

このようなTWSヘッドセットは、ヘッドセットが極小のため、ボタンを設置するスペースがありません。そのため片方に1つがやっとです。結果、曲や音量の変更が出来ない物が多いのですが、このヘッドセットはそのどちらも出来ました。操作方法は下記になります。

 

  • 前の曲:左を2秒長押し
  • 次の曲:右を2秒長押し
  • ボリュームダウン:左をトリプルクリック
  • ボリュームアップ:右をトリプルクリック

 

注意点としては、長押しを3秒すると電源がオフになるので、曲の変更で使う2秒の長押しはコツがいることです。慣れないうちはつい長押ししすぎてしまい、電源がオフになってしまうことも…。また、ボリュームの変更はトリプルクリックなのですが、毎度3回押すのは面倒なので、出来ればダブルクリックにして欲しかったところ。ちなみに、ダブルクリックには電話のリダイヤルが割り当てられています。ダブルクリックでボリュームの変更、トリプルクリックでリダイヤルの方が良かったのではないかなと思います。

 

操作性(操作の割り当て)に若干課題もあるのですが、それでもヘッドセットで曲や音量の変更が出来るのは便利です。私の場合だと、バイクや自転車に乗っているときは周囲の騒音が大きくなるので音量を大きめに。電車に乗るときや人混みのところは音漏れが迷惑になるので小さめにと頻繁に音量を変えているので、いちいちスマホなどの端末を操作しなくて良いのは大変便利です。

 

また、スマホに入れた数千曲をランダム再生しているので、気分ではない曲、飽きた曲はさっさとスキップするのですが、これもスマホ等の端末ではなく、ヘッドセットで直接出来るのは非常に便利です。

 

○音楽再生でバッテリーが約4時間持つ

ヘッドセットの音楽再生のバッテリー持ちはおよそ4時間です。TWSヘッドセットの場合、現在の平均値は3時間30分くらいなので、それより30分ほど持つことになります。

 

 

コードのある一般的なヘッドセットの場合7,8時間持つ物も珍しくないので、それとくらべると半分程度なのですが、この辺りのバッテリー持ちの悪さは、ケースに内蔵されているバッテリーで補うように出来ています。

 

ケースにセットすると自動的に電源が切れ、充電が開始され、満充電になると充電が止まります。なので、1度に連続して4時間使用するような状況がなければ、一旦使用を止める度に充電されるので、体感的に延々使えます。

 

また、前述もしましたが、長く使用したい場合は片耳ヘッドセットとして使用すると、左右交互に使うことで、左右の交換の一手間は必要ですが、それこそ本当に延々と使い続けられます。

 

○ケースが小さいので持ち運びが便利
B314FA70

TWSヘッドセットには持ち運び必須のバッテリー内蔵ケースですが、サイズ的には細長く丸みを帯びているので、パンツのポケットに余裕で入りました。スリムなジーパンでも問題ありません。

 

総評

両耳でも左右どちらも片耳でも使用出来、曲や音量の変更までヘッドセットのボタンで出来るので、スマホ等の端末を取り出していちいち操作するのが面倒な方に向いていると思います。

 

TWSヘッドセットとしてはバッテリー持ちも長い方ですし、耳がいたくなることもないので、使いやすいと思います。

 

こんな人にお勧め

  • 完全コードレスのヘッドセットが欲しい人
  • ペアリングか簡単なヘッドセットが欲しい人
  • 曲や音量の変更をヘッドセットのボタンでしたい人
  • 4時間バッテリーが持つTWSヘッドセットが欲しい人
  • 耳が痛くならないヘッドセットが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品