スイーツ映画だけど「ブリジット・ジョーンズの日記」レビュー

あらすじ

ブリジット・ジョーンズの日記

ロンドンに暮らすブリジットは32歳のシングルトン。二日酔いの頭を抱え、またもや新年を独身で迎えてしまった彼女は、しっかり生きるために日記をつけ始める。新年の決意その1、10キロの減量、その2、良識あるボーイフレンドを見つけること。ところが、ことは簡単に運ばれず、ブリジットの心は二人の男性の間で揺れ動く。憧れの上司ダニエルと堅物だけどやり手の弁護士マーク。果たして彼女は誰と結ばれる?

 

動画

 

完全にスイーツ映画

これは完全にスイーツ映画です。要は完全に女性向けの映画ですね。と言うと、馬鹿にしてんのかと言われそうですが、そんなことはなくて、そういうジャンルの映画だってだけです。元々原作を書いたのが女流作家なので、まさしく女性による女性のための映画なんですね。こう聞くと男性には楽しめないように思えますが、共感しようと思って見ると男性にはキツイのですが、女性はこう思っているんだなとの観察目線で一歩引いて観ると、結構面白いコメディ映画として観ることが出来ると思います。

 

ありの~ままで~♪

始めにこの主人公を見た時は、24 -TWENTY FOUR-のクロエかと思ってしまいました。

 

ざっくりこの映画のストーリーを言うと、太めの冴えない三十女が、良い恋をしたいのでダイエットを決意。そんななか良い男性と出会い、恋に落ちるも裏切られ、本当の恋人を見付けるって話なのですが、途中からダイエットはどうでもよくなって、結局全く痩せませんでした。

 

てっきりこのストーリーを見て、恋人に振られ一念発起でダイエットし、綺麗になってその男性を見返す、この手のスイーツ映画の定番かと思ったんですけどね。更にその上を行く、ありのままの私で良いんだって映画でした。

 

都合の良い話…だけど…

観れば観るほどこの映画は女性に都合が良いです。プライベートが充実していない、恋人がいない冴えない女性のはずなのに、一緒に飲みに行く楽しい友人が何人もいて、始まってすぐにイケメン上司に口説かれベッドイン。どこが冴えない女性なんだと。等身大女性なんだと。挙げ句の果てにはダイエットもしていない、何も変わっていないのに2人のイケメン男性が主人公を取り合って殴り合いの喧嘩。私のために喧嘩しないで!を地で行く話でビックリしました。 女性ってこんな事妄想したり望んでいるんですかね…。

 

Bridget_Jones's_ Diary_001

 

と、ここまで観て思ったのは、そんな事言っても、男性もハーレムな話や、冴えない男性主人公が複数の女性に言い寄られる話を好んで観ているんですよね。どっちもどっちなんです結局。なので私たち男性も、スイーツ映画(笑)って馬鹿に出来るような立場じゃないんです。それが一番最初に書いた、スイーツ映画と言っても馬鹿にしいてる訳じゃないって話と繋がります。

 

煙草プカプカ

この映画は終始登場人物が煙草プカプカ吸います。それはもう不自然ってくらいに。煙草会社がスポンサーに付いているんじゃないかってくらいで、何をするときでも煙草を指に挟んで主人公も相手の男性もプカプカ。

 

 

始まって40分でハッピーエンド?

女性の恋愛コメディなので、良い男性とくっついて終わりってのは何となく想像が付いていたのですが、観ていたら開始30、40分でイケメン上司とめでたくくっついてこれでハッピーエンドじゃないかと思ってしまいました。しかしここから本当の恋人を見付けるまでがこの映画のメインだったんですね。火遊びもして、本当に愛すべき恋人も見付けるって点で観ても、女性目線の話でした。まあ男性主人公のラブコメでもこういう展開はあるので、別にだからってこの映画を責めているわけじゃ無いですけどね。

 

最初から主人公はモテモテでは?

冴えない、もてない主人公が、これでは駄目だと一念発起し、ダイエットしてもてる女になるぞーって話のはずなのですが、主人公は最初からイケメン上司にもてますし、最終的にくっつく男もずっと昔から好きだって事でしたし、結局最初からモテモテなのでは…。なんか根底から話がおかしいというか、前提が成り立っていないような…。まあそれでも女性の都合の良い妄想日記コメディとして、そこそこ楽しめたので、別に本気で不満言ってる訳じゃないんですけどね。実際この映画は、新聞記者の妄想日記が本になりヒットし、そしてこの映画化だそうなので、女性の妄想日記で確かに合っているんですよね。

 

 

面白いか?つまらないか?

あくまで男性目線の私個人の意見ですが、結論としてこの映画は面白いのかつまらないのかと聞かれれば…答えに窮します。少なくとも一言で面白いとかつまらないと言える映画ではなかったです。面白い「けど」とか、つまらない「けど」とか、どちらにしても少し補足しないと行けないところがあって、一言では語れない映画でした。

 

蛇足ですが、何故か画像のアップロードをすると、特定のファイルで勝手にでかいPNG画像が作られてしまい、それをなんとかしようと弄っている間に折角キャプチャした画像が消えてしまい、今回はキャプチャ画像無しです。こんな事今までなかったんですけどね。謎です。

 

こんな人にお勧め

  • 女性
  • スイーツ映画が好きな人
  • 女性目線のラブコメ映画が好きな人
  • 女性目線の都合の良いラブコメを一歩引いて観られる男性

 

関連商品

 

当該商品