バラエティ全話レビュー「桜・稲垣早希の四国一周ブログ旅 第025話「泊まる機会」」

みどころ

  • 徳島県第2通過ポイント祖谷渓小便小僧クリア
  • 早希ちゃんの温泉入浴
  • 山奥で資金全額没収

 

放送日

2009年02月26日 第025話「泊まる機会」

 

場所

徳島県(穴吹駅、阿波池田駅、風呂ノ谷、祖谷渓小便小僧、祖谷温泉)

 

 

時系列

4日目 午前 10:40 徳島県穴吹駅
11:30 徳島県阿波池田駅
午後 0:00 風呂ノ谷行きのバスへ乗る
1:00 風呂ノ谷へ到着
バス酔いして座り込む
1:15 徳島県第2通過ポイント祖谷渓小便小僧クリア
祖谷温泉で入浴
お昼ご飯を食べる
3:00 サイコロ(コメント数2057件/サイコロ1/獲得資金全額没収)

 

はじめに

前回、視聴者に偶然出会い、簡単に宿泊先をゲット出来た早希ちゃん。その後のコメントチェックでも5215円をゲットし、徳島県阿波池田駅へ向かいます。非常に順調だった前回ですが、今回は果たして…

 

放送内容

巻き戻り

今回は、正味の放送時間が18分17秒だったからか、前回の穴吹駅のシーンまで巻き戻ってコーナーが始まりました。映画やドラマでよくあるアレです。

 

資金は十分なので、電車賃740円を使い、最寄り駅である徳島県阿波池田駅まで一発で行きます。そしてここからはバス異動です。穴吹駅から電車とバスを乗り継いで2時間ですからね。

 

6DF63FA7CD7624E6

 

バスで祖谷渓の小便小僧へ

阿波池田駅でそのバスのリバを探す早希ちゃんですが、バスのリバが分からず、暫く右往左往するのですが、バス乗り場は早希ちゃんの目の前に。しょっちゅう道を間違いますし、天然の方向音痴みたいです。

 

93C681928501E8CC

 

ここも運賃の心配が何もないので970円を払い、直通で祖谷渓へとバスで向かいます。当たり前ですが、お金さえあればなんでもんない旅になりますね。

 

バス酔いして15分程休んでしまったものの、徳島県の第2通かポイントである祖谷渓の小便小僧を難なくクリア。このまま次の県に行くかと思いきや、近くに祖谷温泉があるのでそこへ寄りたいとのこと。まあこれはスタッフの命令でのサービスショットのためでしょう。

 

7BA4C45A

 

祖谷温泉でサービスショット

このブログ旅は5年半続いたのですが、その中で早希ちゃんのセクシーショットは片手で数える程もありません。他に比べればそれほど大胆でもなんでもないのですが、ブログ旅では非常に貴重な早希ちゃんのセクシーショットになります。

 

7496B881

 

この祖谷温泉の入浴料は1500円でした。高いなあと思ったらなんと、露天風呂にはケーブルカーで降りていくとのこと。このケーブルカーの運賃も含まれていたんですね。納得。確かにケーブルカーを見ると、急斜面過ぎて階段は作れそうにないところでした。しかもそのケーブルカーは、乗車したお客さん自らがボタンを押して操作するという物。とは言っても降りるときに「下り」ボタンを、登るときに「上り」ボタンを押すだけですけどね。

 

0EDE40B02651DF68

 

しかし早希ちゃんはガードが堅く、谷間の欠片も見せません…。小さいにしても少しは出来るはずなのですが、それでもタオルでガッチリガード。まあ下に水着着ているに決まっていますが。

 

A2D304EE

 

まさかの山奥での全額没収

祖谷温泉、そしてお昼ご飯を満喫した後は恒例のコメントチェックです。そしてここで…そう、また1を出してしまいました。この1が出る確率は異常で、この頃ヤラセじゃないかなんて言われていたみたいですね。私はこの頃はまだ番組の存在を知らず、2010年に入るかどうかの時期から見始めたので、この頃の視聴者の状況はわからないのですが、まあこれは疑われますよね。それくらい運が悪いです。

 

 

AD831720

 

しかし不幸中の幸いなのか、1が出ることを恐れて、お金があるうちに楽しんでおこうと温泉に入り、お昼ご飯を食べたのは、皮肉にも大正解だったことになります。

 

19C32C0D5E56C25B

 

そしてなによりも問題なのは、資金が0円になったことではなく、ここが秘境の山奥だということです。泊めてくれと言う人もおらず、そもそも民家すらありません。

 

今週は少し長めだったが

今週は正味の放送時間が18分17秒と、通常よりも長かったのですが、最初に巻き戻ったり、途中で巻き戻ったりしているので、実質きちんとした新しい放送は15分くらいなので、あまりいつもと変わりませんでした。

 

そしてなんと言っても早希ちゃんの入浴シーン。ブログ旅では貴重なので堪能させてもらいました。

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品