トゥルーワイヤレスの最安値「Bluetoothヘッドセット Tws-K2/Eonfine」レビュー

特徴

  • 【快適な装着感】人間工学に設計されたデザインより、快適な装着感と高遮音性を実現します。重量はわずか5gの軽いボディで、長時間かけても耳は圧迫感を感じありません。髪ステルス設計で耳に取り付けると正面からほとんど見えません。
  • 【充電式収納ケース】充電式収納ケース付属し、安全性が高い充電方式でワンタッチで充電できます。満充電の充電ケースで左右イヤホンを約4回フル充電可能です。 出張、旅行、出かけに最適します。
  • 【イヤーフック付】耳のサイズにフィットするセッティングが調整可能です。イヤーフックを付けているので、運動時に落とすことは心配しません。完全にハンズフリーで運転、会議、クッキングまたはスポーツの時に音楽形式を選択して貼り付け、通話を楽しめます。
  • 【抜群な互換性】最新のBluetooth4.1チップを採用し、信号は安定、接続は素早く、互換性は強いです。同時に二つのデバイスと接続でき、ほとんどのBluetoothを搭載するデバイスに適用します。
  • 【操作簡単】耳はもちろんですが、片耳単体としても使えます。通話、音楽、電子ブック、ナビ‐、映画などが片手でも操作可能です。ワンボタンで音楽再生/一時停止/曲送り、通話開始/終了/拒否などの操作をすべて実現可能です。

 

長所と短所

  • ○トゥルーワイヤレスで取り回しが良い
  • ○小さいので耳の負担にならない
  • ○収納ケース兼充電器兼モバイルバッテリーで充電が楽
  • ○2台同時接続可能
  • ○安い
  • △バッテリー持ちは3時間持つかどうか
  • ヘッドセットにボタンは1つしかない
  • ×極小タイプとは言えない大きさ

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、EonfineさんのトゥルーワイヤレスのBluetoothヘッドセットTws-K2』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

トゥルーワイヤレスであることがすぐにわかる一部スケルトンの外装です。

 

C9B478AB

 

パッケージ内容は、ヘッドセット、収納ケース兼充電器兼モバイルバッテリー、イヤーフック、サイズ違いのイヤーチップ3組、USBケーブル、説明書。

 

FCEE98C0

 

ヘッドセットはトゥルーワイヤレスでコード類が一切ありません。

 

EC6003A5

 

トゥルーワイヤレスは耳の穴の中にスッポリ収まる極小タイプが多いのですが、これはそれより明らかに大ぶりで、耳からある程度飛び出ます。付属のイヤーフックをすることをお勧めします。

 

EB2FAD61

 

イヤーフックはゴム製で柔らかく耳が痛くなりません。

 

F517593F

 

サイズ違いのイヤーチップ3組。

 

0C2B2693

 

収納ケース兼充電器兼450mAhのモバイルバッテリー。

 

C9F3083C

 

USBケーブル。

 

92F29A21

 

以上、外観チェックでした。

 

 

トゥルーワイヤレスで取り回しが良い

トゥルーワイヤレスのヘッドセットなのでコードが一切なく、非常に扱いやすいヘッドセットです。

 

一般的な両耳ヘッドセットの場合、左右のイヤホンを繋ぐコードがあるのですがそれすらありません。左右を繋ぐコードがあると、首の後ろを這うケーブルが邪魔だったり、体と擦れる時に発生するジョリジョリという衣擦れ音が音に載ってしまうのですが、それも一切ありません。ヘッドセットやイヤホンを使用している方で、このようなコードが擦れるノイズが気になる方には、トゥルーワイヤレスが最適です。

 

また、仕舞うときにも他の小物に絡んだり、コードがゴチャゴチャにならないのでスッキリと収納することが出来ます。きれい好きの方にも最適です。

 

小さいので耳の負担にならない

小さいので耳の負担になならず、耳が痛くなることはまずありません。

 

ヘッドセット本体だけを耳の穴に入れれば一応装着は出来るのですが、極小タイプとは言えない大ぶりな大きさなので、イヤーフックも付属していました。このようなトゥルーワイヤレスでイヤーフックが付属するのは珍しいです。装着力に不安がある方には利用価値があると思います。

 

イヤーフックは完全にゴム製でグニャグニャと柔らかい物なので、耳が痛くなることはありませんでした。

 

収納ケース兼充電器兼モバイルバッテリーで充電が楽

このヘッドセットには収納ケースが付属しています。

 

ヘッドセットが左右で独立した極小タイプのため、ともすれば紛失の危険性があります。その辺に左右のヘッドセットをそれぞれ放っておくと、どちらかが行方不明なんてことも…。しかし、このヘッドセットにはきちんと収納しておける使いやすい収納ケースが付いているので、使用が終わったらその収納ケースに填め込んでおくと紛失の危険性はほとんど無くなります。

 

また、この収納ケースは充電器とモバイルバッテリーも兼ねています。充電器にスイッチがあるので、それをONにすると充電が開始されます。

 

A315C85D

 

ちなみに、この収納ケースは450mAhのモバイルバッテリーにもなっているため、この収納ケースごと外に持ち出すことも可能です。外に持ち出すと、1回の使用で長時間使用しない場合、モバイルバッテリーが切れるまでずっと使用し続けられます。

 

2台同時接続可能

このヘッドセットは2台同時接続が可能でした。

 

例えばPCとスマホを同時に接続し、PCで音楽を着たり音声チャットをしながら、スマホの待ち受けも出来る…といった使い方です。麩食うの端末でBluetoothヘッドセットを使用している方は、切り替えの手間などが減るので有り難い機能になっています。

 

安い

トゥルーワイヤレスのヘッドセットは最近競争が激しく、価格も下がってきてきいるのですが、3千円ちょっとでこのタイプが販売されています。

 

トゥルーワイヤレスは未知の世界なので怖いとか、高くていまいち手が出ないなんて方は買いやすい価格になっています。ただ、前述もしたように、モバイルバッテリーの機能がないというり機能が、上位機種からは削られています。その辺りは安いなりとの割り切りが必要かもしれません。

 

音質について

音質についてそれほどこだわる方ではありませんが、音楽を楽しむのに十分だと感じています。低音で音が割れることもなく、高音で音が歪むこともありませんでした。シャリシャリしたチープな音もそれほど感じません。

 

このような極小タイプのヘッドセットを求める方の場合、音質よりも使いやすさという方だと思います。使いやすさ重視の方なら、音質に特に不満は出ないレベルだと思います。ただ、apt-x対応の高音質を謳うヘッドセットには敵わないので、音質重視の方は満足出来ないかもしれません。

 

また、このタイプのヘッドセットで、あまりこのような用とを求める方はいないと思いますが、極小タイプのヘッドセットの場合、バッテリー容量が小さいので、音量によりバッテリー消費の影響がもろに出ます。音量を大きくすればするほどバッテリー消費が大きくなるので、大音量でガンガン聞く用途には向かないタイプです。

 

受信感度について

受信感度の実験を屋内でしてみました。

 

8mの距離で間に木製の扉が2枚あり、その扉を閉め切った状態で音楽を流してみたところ、全く途切れることなくスムーズに聞こえてきました。また、その状態で耳を手で覆ってみたところ、音楽がブツブツと途切れ、手を離すとまたスムーズに聞こえてきました。

 

また、バッグにスマホを入れ、フルフェイスのヘルメットを被った状態でも、音は途切れることなく聞くことが出来ました。

 

数多くヘッドセットを使用してきましたが、これは中の上から上の下といったところで十分だと思います。一般的な生活で問題になるような受信感度ではありません。

 

気になるところ

最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

 

バッテリー持ちは3時間持つかどうか

音楽再生でのバッテリー持ちは音量や音質にも左右されますが、概ね3時間持つかどうかといったところです。

 

極小タイプのヘッドセットだと、平均的なバッテリー持ちだとは思いますが、一般的な両耳ヘッドセットや、もう少し大きい片耳ヘッドセットと比較すると物足りないことは事実です。片道90分以上の通勤や通学での使用を想定している方は厳しいと思います。

 

ヘッドセットにボタンは1つしかない

このヘッドセットだけの問題ではありませんが、極小タイプのヘッドセットは概ね本体にはマルチファンクションボタンの1ボタンのみです。

 

再生、一時停止、受話など、ヘッドセットの一般的なマルチファンクションボタンで操作出来ることは、本体での操作も可能なのですが、音量の上下、曲送りや曲戻しなどは、スマホやPCなど、音楽を再生している端末本体の操作をする必要があります。

 

音量の変更や曲送りなどを多く操作するスタイルの場合、極小タイプのヘッドセットは向かない可能性があります。

 

極小タイプとは言えない大きさ

このようなトゥルーワイヤレスのヘッドセットの場合、極小タイプで耳の穴にスッポリ収まりきり、イヤーフックは必要無いとの物も多いのですが、こちらはそれよりは大ぶりでした。私は付属のイヤーフックをしないと装着力が不安定になるため使用しています。トゥルーワイヤレスのヘッドセットだからと、耳にスッポリ収まると思い込んで購入すると想像と違うと思うので注意が必要です。

 

CE822414

 

おわりに

トゥルーワイヤレスで激安のヘッドセットです。

 

1年ほど前はこのタイプのヘッドセットは、1万円を超える物も珍しくなかったのでだいぶ安くなりましたが、それでも3千円から少し足が出るくらいで購入出来る物はなかなか無いと思います。トゥルーワイヤレスの中で最安値です。トゥルーワイヤレスに二の足を踏んでいた方は、使い勝手などを確かめるために購入しても痛くないと思います。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

当該商品