「モバイルバッテリー TS-D212 Pro/Pisen」レビュー ~5.2インチのスマホとほぼ同じサイズ感のモバイルバッテリー~

今回レビューするのは、PisenさんのモバイルバッテリーTS-D212 Pro』です。

 

10000mAhなので、持ち運びしやすいことを期待しています。そして、バッテリー残量がデジタル表示されるとのこと。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • 【Pisenについて】Pisenは2003年に設立された企業で、本社は中国におけるPC/モバイル周辺機器のリーディングブランドです。2005年にISO9001:2000を取得し、高い品質の製品を生み出しており、グローバルで毎年の販売数は1億件を超えています。本製品の特徴:第二世代薄型バッテリー+2USB出力ポート+2.4Aスマート急速充電+簡潔なスタイル
  • 【スマート急速充電】Pisen独特なスマート充電技術により、お使いのすべての設備に対し、自動的に識別ができる同時に1-2.4A出力を選び、充電速度が大幅にアップなります。2USB出力ポート:5V / 2.4A(スマート急速充電)と5V / 1.5A二つポートでiPad、iPhone、Androidを同時により速く充電可能です。
  • 【簡潔なスタイル】本体の厚さは僅かに13mm、赤いつや消しのアルミ合金ケースを採用して、内臓のバッテリーにより良い保護を提供することができる。汚れや指紋も付きにくくだけではなく、簡潔と落ち着くスタイルはいつも間にか出て溢れています。
  • 【10000mAh大容量&超耐用】高品質のバッテリーセルと高精度のIC制御チップを採用し、製品システムがより安定し、長期間安心してお使いいただけます。iPhone X に約2.4回、iPad Mini に約1回、Galaxy S8 に約2.3回、その他ほとんどのスマートフォンに複数回の充電が可能。
  • 【パッケージ内容と製品保証】第二世代薄型モバイルバッテリー本体、Micro USBケーブル*1本(20.5cm)、取扱説明書*1

 

長所と短所

  • ○10000mAhのちょうどいい容量
  • ○5.2インチのスマホと同じサイズ感で持ち運びしやすい
  • ◎バッテリー容量が1%刻みでわかる
  • △裏表や方向がわかりづらい

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
33C4238A

 

パッケージ内容
0C302BFF

 

セット内容
10FA4B77

 

写真と動画

外観

モバイルバッテリーは赤く綺麗な筐体に、黒い部分はバッテリー残量が表示される部分です。

E45AF1B4

 

縦は13.79cm。

7819A3B3

 

横は6.99cm。

C79B7432

 

重さは232.7g。

7490820A

 

付属品一色。USBケーブルは物凄く短いので、別途用意した方が良いと思います。

EEBB7FDE

 

動画

 

使用した感想

○10000mAhのちょうどいい容量

モバイルバッテリーは30000mAh以上の大容量の物出ていますが、当然その分大きく、厚く、そして重くなります。『モバイル』という持ち運ぶことが大前提のガジェットなので、この辺りは持ち運びのしやすい大きさや重さと、容量のバランスを考え、自分に合ったモバイルバッテリーを購入することをお勧めします。

 

10000mAhと言うと、昨今のスマホのバッテリー容量は概ね2500~3000mAhなので、空から満充電を3~4回出来ることになります。スマホを1つ持ち歩く程度の方だと、この容量でも十分だと思います。もしこれ以上に、スマホに加えてタブレット、ノートPCなどを持ち歩く場合、多少重くてももっと容量の多いモバイルバッテリーがお勧めです。

 

 

○5.2インチのスマホと同じサイズ感で持ち運びしやすい

このモバイルバッテリーのサイズ感は、ほぼ5.2インチのスマホと同じです。ただし、厚さはスマホの2倍で、重さもスマホよりは重いです。ただ、大きさが5.2インチのスマホを全く同じと言って良いくらいコンパクトなので、持ち運びしやすいですし、ポケットにも入れやすく、使い勝手の良いサイズ感です。

88EFF5EE

 

さすがに厚みは5.2インチのスマホの倍ほどあります。

A5C9E31D

 

◎バッテリー容量が1%刻みでわかる

特徴的なのは、バッテリー残量が1%刻みの数字で表示されることです。これまでのモバイルバッテリーは、LEDランプが4つか5つ付いており、そのLEDランプがいくつ点灯するかで、バッテリー残量を表していました。なので、大雑把に20%か25%刻みでしかわからず、充電のタイミングがいまいちわかりづらかったんです。しかし、このモバイルバッテリーはデジタルの数字で100%表示されるので、残り3%になるまで充電をしないなんてことも可能です。

C681C3FA

 

△裏表や方向がわかりづらい

唯一気になった点としてはデザイン的なことから裏表や上下の方向がわからないことです。デジタル数字でバッテリー残量が表示される面は当然表なのですが、裏表のデザインが一見すると全く同じなので、ぱっと見どちらが表かわかりませんでした。正確には、表にはメーカーロゴが刻印されていますし、裏面には規格が刻印されています。しかし、赤字に薄い銀色の文字のため、ぱっと見だと何も書いてないように見えてしまうんです。

 

また、上下の方向も最初はよくわからず、液晶画面が上に来るのが正解なのか、鹿に来るのが正解なのかわからず…。例えばバッテリー残量が69%だとして、方向を間違えると96%となってしまいます。これは雲泥の差なので、最初は横行を掴むのに戸惑いました。

 

ちなみに、こちらが表面です。

35279189

 

そして、こちらが裏面。

64AA8185

 

ぱっと見で文字が見辛く、どちらが表か裏かわからないことがお分かりいただけると思います。メーカーロゴが主張しすぎているものは苦手ですが、ここまでわからないと困るかも…。

 

総評

10000mAhのスマホ1台を充電するには十分な容量のモバイルバッテリーであり、サイズ感は5.2インチのスマホとほぼ同じなので、持ち運びしやすいモバイルバッテリーだと思います。なによりポケットにスッと入り、重さで不快にならないというのは、まさにモバイルバッテリーの持ち運ぶと言う目的に合致していると思います。

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人
  • バッテリー残量が数字で表示されるが欲しい人
  • スマホ1台を持ち歩く人
  • ポケットに軽く入れられる持ち運びしやすいモバイルバッテリーが欲しい技と

 

向いていない人
  • 大容量のモバイルバッテリーが欲しい人
  • スマホ、タブレット、ノートPCなど多くのガジェットを持ち歩く人

 

リンク

関連記事

 

商品

関連商品

 

当該商品