まさかの実写映画化「テルマエ・ロマエ」レビュー

宇宙兄妹と同時期に見たのですが、まさか宇宙兄妹より酷いとは…。

 

漫画改変が全て悪いとは言いません。映画というメディアに合わせ、2時間に収め、完結させないといけないわけですから。にしても特に邦画には改「悪」が多すぎます。変えるなら改善か、もしくはクオリティを維持して欲しいです。この映画の場合、改変しまくってそれでいて色々おかしくなっているのでなんだかなあと。まあこれは私が原作を知っているから出てくる感想で、漫画を知らない人にとってはこれで面白いと思うのかもしれませんし、どちらの感想が正しいと言うことではないんですけどね。あくまで漫画を読んでいる私という限定条件で面白くなかったなと。

 

関連リンク

 

この記事の商品

created by Rinker
東宝
¥5,532 (2019/09/22 15:33:07時点 Amazon調べ-詳細)