武闘派シャーロック・ホームズ「シャーロック・ホームズ」レビュー

面白かったです。

 

最近はろくに新作映画を見ていなかったせいか、一気に借りて見ている一連の映画評は甘いかも。

 

たまたま近所のレンタルビデオショップに行ったところ、新作の棚に大量に置かれていたので、安いし良いかという感じで何となく借りた映画でした。パッケージ裏の説明を見ても武闘派シャーロック・ホームズみたいなことが書いてあり、「あーこりゃネタ映画っぽくてあんまり期待出来そうにないなあ」と思っていたので、以外に面白くてびっくり。嬉しい誤算でした。

 

ただこれはぶっちゃけシャーロック・ホームズじゃないです。これを言ったら、この映画のタイトル元も子もないのですが。

 

シャーロック・ホームズの原作を本当に好きな人や、シャーロック・ホームズに確固たるイメージを持っている人は怒ってしまう可能性も。良くも悪くも既存のシャーロック・ホームズをぶっ壊した映画でした。

 

最初はロバート・ダウニー・Jrのシャーロック・ホームズに知性を感じられないので、なんだかなあと思っていましたが、物語が進むにすれ違和感無くなってきました。まあ実はこれ、シャーロック・ホームズとして見ていたのではなく、戦う探偵として見るようになったからなんですけどね。モリアーティ教授という言葉が出るまでシャーロック・ホームズの話だって忘れていました。それくらい既存のシャーロック・ホームズ像とは違いました。

 

終わり方も素晴らしい。こういう終わり方私好きなんですよね。少しネタバレになるので続きは閉じます。

 

冒険が終わって平和な生活に戻った

ほっと一息したところで次の冒険を予感させるシーン

エンドロール

 

こういう終わり方は続編を期待しているとかではなく、「俺の知らない所でまた冒険は続くんだな」的な感じで、ワクワクドキドキした気分のまま、高揚した気持ちのまま終わるので大好きです。

 

この終わり方はミッション:インポッシブルでもそうでしたね。あとは勿論バック・トゥ・ザ・フューチャー。これは結果的に続編が作られましたが、本来の構想だと続編は無いはずだったので、これを一本の映画と捉えて見ると、まさに私の大好きな終わり方。

 

ミッション:インポッシブル™ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

 

こういう終わり方が好きになった切っ掛けは、思い返してみるとおそらくやはりバック・トゥ・ザ・フューチャーだと思います。

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー 25thアニバーサリー Blu-ray BOX [Blu-ray]

 

話は横道に逸れましたが、このシャーロック・ホームズもこのパターンの終わり方なので、ワクワクドキドキした気分のまま見終えることが出来ました。

 

当該商品