ヒトラーの人物像に迫った「ヒトラー ~最期の12日間~」レビュー

面白かったです。面白かったとは、勿論映画としても面白かったのですが、具体的には興味深かったに近い面白さです。

 

ヒトラー映画でここまで良く喋る、完全に主役のヒトラーは初めて見ました。

 

最期の12日間を忠実に描くとのことで、もっと総統地下壕での心の葛藤などを描く地味な映画かと思ったのですが、意外にも派手で迫力のある戦闘シーン、外での動き、ヒトラー自決後の話等もあり、ただのヒトラー最期の12日間というテーマ以外にも、ドイツと第二次世界大戦全体を捉えた部分も多かった映画でした。それでもメインテーマはぶれることなく、ヒトラーとその周辺を追っていくので、私の知らなかったことが次々と描かれていき、本当に興味深い映画でした。

 

勿論本当のヒトラーがどういう人物で、どういう語り口調で、どういう癖があったのかなんて知る由もありませんが、さすがに元秘書の証言や研究書を元にされているだけあり、非常にリアリティのあるヒトラー像であり映画でした。

 

私の中ではもうヒトラーと言えば、この映画のヒトラーになってしまいました。それほどインパクトがありリアリティのあるヒトラーでした。

 

当該商品