「ヘッドホン BH318AD/Mpow」レビュー ~安いけどオーバーイヤータイプで耳が痛くならない~

今回レビューするのは、Mpowさんのヘッドホン『BH318AD』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • ✪【圧倒的な音が、あなたを包み込みます】 EG8 ゲーミングヘッドセットは、豊かで没入感のあるサラウンド サウンド モードを搭載。360度あらゆる方向から音が飛んでくるため、ゲームの世界に入り込んだような感覚で、耳を頼りに周囲を索敵できます。たとえば、強烈な爆発音や重厚なサウンドトラックなどの低音は、より一層密度の高い臨場感のある音に。声、足音、銃声などの高音では、驚きの透明感と正確な再現性を実現しました。細かい音まで逃さず聞き取れます。EG8 ゲーミングヘッドセットはの丁寧なサウンド表現をご堪能ください。
  • ♈【インラインコントロール付き&50MMドライバー】 音量調整、ミュートとLEDライトを瞬時に実行。2.2mのケーブルにオーディオ コントロールが搭載されているので、手を伸ばさずに素早く操作できます。大口径50mmオーディオ ドライバーで豊かなサウンドを完全再現。より一層、PCゲームの世界に入り込めます。お気に入りのゲームのサウンドを余すところなく味わい尽くし、感動の体験をしませんか。
  • 【長時間、快適な着用感が持続】 ヘッドセットに煩わされずにゲームに集中。EG8 ゲーミングヘッドセットでは、音質を犠牲にせずに、スリム化と軽量化に成功しました。ヘッドセットを着けていることさえ忘れてしまうかもしれません。軽量な傷つきにくいラバー素材を採用することで、わずか390gに仕上げました。柔らかい軽量素材とクロス製イヤーパッドは、ほどよい締め付け感でしっかりとフィットし、通気性も抜群です
  • ✳️【ノイズキャンセリングマイク付き&プラットフォームを超えた互換性】 自分の声が、背景の雑音にかき消されることなくクリアに伝わります。声だけを拾うようにマイクを調整すれば、チームメイトとのミスコミュニケーションを減らせます。一つのヘッドセットで、すべてのデバイスに接続。同梱のUSB DACまたは3.5mmケーブルでパソコンやMacと接続可能。PC/PS4/PS Vita/Xbox-one/Nintendon Switch/スマホ/タブレット/モバイルデバイスなどのゲーム機とも、3.5mmケーブルで接続できます。※一部のXbox OneコントローラーにはXboxアダプタ(別売)が必要な場合があります。

 

長所と短所

  • ◎オーバーイヤータイプで耳が痛くならない
  • ○LEDのオン、オフが切り替え可能
  • △USBケーブル1本で繋がらない
  • ○有線なので何にでも接続出来る
  • △ケーブルが二股に分かれているので邪魔
  • ○手元で音量などを調整出来る
  • ○マイクが柔軟に動くので邪魔にならない
  • ○音質は可もなく不可もなく普通のヘッドホン

 

外観

パッケージ外観
3C0ED4E1

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

2ABADC5E

 

ヘッドホン。

E0F5256F

 

イヤホン、マイク分岐ケーブル。

F083BAB4

 

説明書。英語のみで日本語ページはありません。

E8383485

 

動画

 

使用した感想

◎オーバーイヤータイプで耳が痛くならない

このヘッドホンはオーバーイヤーというタイプのヘッドホンです。耳たぶを含む耳全体がイヤーカップのホールにスッポリ入ってしまうものです。ホールの大きさを計測したところ、直径約5.5cmといったところでした。私は頭も耳も大きい方なのですが、それでも耳たぶを含め全部ホールに入りました。

40CF4297

 

耳たぶを圧迫しないので、ヘッドホンを装着しても耳が一切痛くなりません。耳たぶをイヤーパッドで圧迫して装着するオンイヤーのヘッドホンだと、長時間装着していると耳が痛くなりがちなのですがそれがありません。イヤーパッドは耳の周りの頭というか頭蓋骨に接触します。

 

オーバーイヤーのヘッドホンの場合、メリットは耳が痛くならないことですが、デメリットとしてイヤーカップが大きくなってしまうことと、遮音性が低い(音漏れがする)ことが挙げられます。しかし、このヘッドホンの側圧は強く、イヤーパッドもかなり分厚くて柔らかいので、隙間が出来やすい頭蓋骨とイヤーパッドの隙間が出来づらいので、遮音性は高いです。ただ、その分前述したとおり側圧が強めなので、痛みが出づらい頭蓋骨とは言え、そこに圧迫感を感じるのが嫌な方には向かないかもしれません。

607A9C7B

 

ヘッドパッドの厚みや柔らかさも十分で、3千円以下のヘッドホンとしてはかなり頑張っていると思います。

F712D283

 

私は耳たぶを圧迫されて痛みが出やすい体質なのですが、この頭蓋骨への側圧は問題ありませんでした。

 

アジャスターはクリック感のある段階式です。伸縮するとカリカリ音がなり、数センチ単位で固定される部分が10段階くらいあります。

2D730C3B

 

○LEDのオン、オフが切り替え可能

ゲーミングヘッドセットらしく、イヤーカップが青色LEDで光ります。とは言え、それほどギラギラした派手なLEDではありませんし、何色にも変わるようなギミックもありません。

31C61ADE

 

このLEDはケーブルの途中にあるコントロールボックスで切ることも可能です。また、明るさの調整もここにあるツマミで出来ます。ちなみに、このLEDの光はUSBケーブルを差し込むと光ります。USBケーブルを差し込まないとLEDが光らないだけです。音楽は二股に分かれているオーディオケーブルで取ります。

 

△USBケーブル1本で繋がらない

ケーブルの先端はUSBケーブルとオーディオケーブルの二股に分かれています。これは少し特殊で、音楽は勿論オーディオケーブルから取るのでわかるのですが、USBケーブルはオヤーカップを光らせるためだけに存在します。USBケーブルで音を取るヘッドホンもありますがこれはそうではありません。あくまでUSBケーブルはイヤーカップを光らせるだけなので、接続してもしなくても問題ありません。

92F5EFB0

 

ケーブルの長さは計測したところ2mありました。ヘッドホンのケーブルとしては長いです。これだけ長いので普通に使う分には十分です。ただ、これでも寝転がって足下にあるTVを見ようと思ったら延長ケーブルが必要です。

 

ちなみに、付属にオーディオ端子とマイク端子で別れている分岐ケーブルが付属しているので、そのような機器にも取り付けられます。

 

○有線なので何にでも接続出来る

Bluetoothの無線ヘッドホンも多いですが、有線のメリットとしてはBluetooth未対応機器や古い機器にも接続出来ることが挙げられます。3.5mmのオーディオ端子なんて40年も50年も前からありますからね。BluetoothのないTVにも古いコンポにも差し込むだけで使用出来るので、おそらく現在家庭にある音の出る家電製品あらゆる物で使用出来ます。

 

△ケーブルが二股に分かれているので邪魔

ケーブルの先端がUSBとオーディオ端子の二股に分かれているので邪魔になる場合があります。例えばUSB端子のないTVに取り付けると、USBケーブルがだらっと垂れたり見た目がよろしくないです。

1377727A

 

○手元で音量などを調整出来る

ケーブル途中には操作ボタンを集めたコントロールボックスがあります。出来ることはLEDのオンとオフ、マイクのオンとオフ、LEDの明るさ調整、音量のアップダウンです。手元でこれらの操作ができることは便利です。

26B46438

 

ただ、少なからず1本のシンプルなケーブルではなく、途中に異物がありそこに重さもあるので、ケーブルが下に引っ張られて取り回しは若干犠牲になっています。このコントロールボックスの裏側には衣服などに挟むクリップがあるので、可能なら服に挟んだ方がケーブルが舌に垂れて暴れたりしません。

 

○マイクが柔軟に動くので邪魔にならない

マイクは独立した別パーツになっています。通話を多くする方は口元にマイクを自在に持ってこられるので便利だと思います。このマイクの棒部分はシリコン製でグニャグニャ変形します。それでいて変形させたところでピタッと固まるので使い勝手が良いです。

A07BE421

 

また、マイクを使用しないときは邪魔にならないよう上げておくことも可能です。

64465FFF

 

○音質は可もなく不可もなく普通のヘッドホン

音質は可もなく不可もなくオーソドックスなものだと思います。有線接続なので雑音や音切れももありませんし、接続先の端末を無音にしてもホワイトノイズはありませんでした。

 

音量は普通です。このようなヘッドホンの場合、手元の音量ボタンで最大にしても音が小さすぎるなんてこともあるのですが、そこまで小さいことはありませんでした。ただ逆に、最大にしても物凄く大きくなるわけではありません。最小音量と最大音量の波賀は狭いです。基本的に接続先の端末で音量を調整し、ヘッドホンのツマミでは微調整といった具合の使い方になると思います。ここはもう少し音量の幅があっても良かったかもしれません。

 

総評

3千円以下のヘッドホンとしては総合力の高い物だと思います。なによりオーバーイヤータイプは降下になりがちなのですが、それがこの価格で買えるのはお得だと思います。耳が痛くならない構造なので、耳たぶを圧迫されるのが嫌な方に向いていると思います。

 

こんな人にお勧め

  • 安いオーバーイヤーのヘッドホンが欲しい人
  • マイクが独立しているヘッドホンが欲しい人
  • イヤーカップがヒカルヘッドホンが欲しい人
  • 手元で操作出来るヘッドホンが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品