「ワイヤレスヘッドホン FuSion A7/OneOdio」レビュー ~使用シーンが広いヘッドホン~

今回レビューするのは、OneOdioさんのワイヤレスヘッドホン『FuSion A7』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • 【実用性抜群な有線モード】2つ音源からの音声を同時に再生可能。通常はアダプタを使用しますが、このモニターヘッドホンはジャックが2箇所あり、両端の端子コードを差し込むだけで対応できます。片方が3.5mm系のステレオ端子、もう片側が6.3mm系のステレオ端子です。ケーブルも2本付属しております。片方のみにケーブルを差し込むと、音声はステレオ再生されます。両方にケーブルを差し込むと、両方の音声が重なって聴こえます。特にエレキベース、エレキギター(AMP必要)が心地よき聴けます。
  • 【パワフルな高音質】強磁力40mmCCAWボイスコイルドライバーを搭載、音の解像度が高く、不自然なひずみがないため、音声に含まれている一つ一つの音源がクリアに聴こえます。有線接続をすることで、音声の詳細が聴き取れます。自然で伸びやかな中高音域と、タイトで力強い低音域、高性能なノイズキャンセリングと合わせて、音楽の感動をありのままに伝えます。各楽器の解像度を落とさず存在感のある演奏を聴かせてくれるため、ノイズキャンセリングの効果も相まって外でも音楽に没頭できます。DJヘッドホンならではの広帯域でフラットな特性で、解像度の高いモニタリングを実現します。
  • 【性能が向上した無線モード】ヘッドホンを複数つなげることで、1つのスマホで音楽を再生し、複数のA7ヘッドホンで音楽を聴くことが可能です。業界最先端のQualcomm社製高性能CSR8635チップを採用し、安定したBluetooth4.0伝送技術による、高音質コーデック、低電力消費、動画を楽しむ時、音声遅延を100ms以内に抑制します(SBCでは220msのレイテンシー)テレビやPCと接続した場合、遅延が感じなくて快適に鑑賞できるBluetoothヘッドホンです。CVC6.0技術でクリアな通話効果を確保します。
  • 【快適な装着性】OneOdioモニターヘッドホンは人間工学に基づいて設計され、肌触りの良い素材で作成されているため、柔軟性と通気性に優れています。幅95mmのオーバーイヤー型のカップを採用し、耳に当たる部分も、耳を覆うようにホールド感に優れたクッション材を使用。装着時の圧迫感やベタつきなどの不快感もほとんどありません。折りたたみ機能もあるため、手軽に折り畳めて持ち運びも便利です。耳全体をスッポリと覆う形状で、周囲のノイズをシャットダウンするため、音声がクリアに聴こえます。
  • 【高級感のある見た目】イヤーカップはレコードの盤面のような模様です。手触りはサラサラしていて光沢素材のように指紋や皮脂が付着しません。質感も非常によく、高級感のある見た目です。オーバーイヤーヘッドホンとして重量感があるように見えますが、実際は想像以上に軽いです。片耳モニタリングが可能な90度の反転モニター機能もあり、日常使いはもちろん、音楽鑑賞、DJ、楽曲制作、ミックス、モニタリングなどに最適です。

 

長所と短所

  • ○メタルで高級感がある
  • ○イヤーカップが大きめなので余裕がある
  • ○オーソドックスな操作性
  • ○音質、受信感度、音ズレ問題なし
  • ◎バッテリー持ちは音楽再生で29時間
  • ○有線として電源要らずで使用出来る
  • ○3.5mm、6.3mmどちらのAUXケーブルも使用出来る
  • ○有線で数珠繋ぎに出来る
  • ○コンパクトに折りたためる

 

外観

パッケージ外観
5363501C

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

ED191963

 

ヘッドホン。

19A96439

 

AUXケーブル(3.5mm9,AUXケーブル6.3mm。

DC71541E

 

収納袋。

A5755A98

 

サンキューカード。

01FBDB62

 

説明書。日本語ページあり。

7F7F17B1

 

使用した感想

○メタルで高級感がある

ヘッドホンの表面素材はプラスチックですが、メタリックなシルバーで高級感があります。表面はサラサラした加工がされており、皮脂や指紋が付きづらい加工がされています。また、イヤーカップの外側は円状の模様が刻まれています。

E8B2A6C7

 

イヤーパッドとヘッドパッド部分は濃い茶色のPUレザー(人工革)となっており、こちらも表面がサラサラして汚れが付きづらく、装着したときにもサラサラした肌触りで気持ちよいです。

 

アジャスターはしっかりとしたクリック感があるタイプでゴリゴリと伸縮します。ガッチリ噛み合っているので伸縮には結構力が要ります。その分好きな位置でしっかり固定させておくことが出来ます。1度アジャスターの位置を決めたら、ちょっとやそっと物が当たったり、頭に脱着を繰り返しても動きません。

5D4F332B

 

イヤーパッドは分厚く柔らかいです。画像を見ていただくとおわかりだと思いますが、柔らかいクッションで厚みがかなりあります。そのため装着したときに隙間なく耳に密着します。

C9A07916

 

ヘッドパッドも安い物だと薄い場合があるのですが、こちらも画像を見ていただくとおわかりいただけると思いますが、しっかりした厚みがあります。柔らかさはイヤーパッドと全く同じです。装着して頭頂部に硬さを感じることは全くありません。

6C0033AF

 

○イヤーカップが大きめなので余裕がある

ヘッドホンのタイプはオンイヤータイプです。耳たぶの上にイヤーパッドが乗っかるタイプです。

EF0F704C

 

オンイヤータイプとしてはイヤーカップが大きめです。幅約4.5cm×5.5cm。オンイヤータイプではあるのですが、イヤーカップが大きめなので、装着するときにちょっと気をつけると耳たぶまで丸ごとイヤーカップの中に入ります。つまり、ほんのちょっと装着するときに気を使うと擬似的なオーバーイヤーになるんです。身長175cmで頭が大きい私でこれなので、この体格以下の方ならオーバーイヤーのヘッドホンとしても使用出来ると思います。

DE3EB80A

 

イヤーカップが大きいのでオンイヤーのメリットであるコンパクトさは若干失われています。持ち運びでコンパクトに収めたいならもっと小さなイヤーカップであり、オンイヤータイプらしいオーソドックスなヘッドホンを選んだ方が良いと思います。

 

耳がデリケートな方はオンイヤーだと長時間の装着に苦痛を感じる可能性が高いので、このように擬似的にオーバーイヤーにもなる、大きめのイヤーカップを持ったオンイヤータイプを選ぶと良いでしょう。

 

○オーソドックスな操作性

ペアリングは一般的なもので簡単でした。右イヤーカップにあるマルチボタンを長押し。すると電源オン&ペアリング状態になるので、スマホなどのBluetooth機能から検索。出てきた『OneOdeio A70』を選択して終了です。初回ペアリングさえ済ませてしまえば、2回目以降は電源をオンにすると数秒で自動接続されます。

85824D9F

 

操作性もオーソドックスです。ボタンは全て右イヤーカップに集中しています。並びとしては+ボタン、マルチボタン、-ボタンとなっています。

3065E138

 

  • 【電源オン/オフ】マルチボタン:長押し
  • 【再生/一時停止】マルチボタン:短押し
  • 【音量アップ】+ボタン:短押し
  • 【音量ダウン】-ボタン:短押し
  • 【曲送り】+ボタン:長押し
  • 【曲戻し】-ボタン:長押し

 

ボタンの並びが+、マルチ、-となっており、+と-の間にマルチボタンが挟まれているため、最初は+や-ボタンを押そうとして真ん中のマルチボタンを押してしまうことが度々ありました。個人的には+、-、マルチ、もしくはマルチ、+、-の並びの方が押しやすいです。

 

ボタンの並びには個人的に若干不満がありますが、操作性は他のヘッドホンと全く同じなので迷ったり悩むことは全くありません。

 

○音質、受信感度、音ズレ問題なし

音質はこの価格帯にしては珍しく、残念ながらapt-xやAACには対応していませんが十分高音質だと思います。中音域が良く出ているので、一般的な邦楽や洋楽の音楽で問題はありません。高音でもシャリシャリしたチープな音はしませんし、低音で割れることもありませんでした。ただ、低音は体に響くようなズンズンするパワーはありません。オーソドックスなヘッドホンの音質と言った所。

 

受信感度は室内使用で間に壁や扉を挟んだ状態で全く音が途切れることがありませんでした。イヤーカップを出来る限り手で覆って電波を遮ってみましたが、それでも全く音が途切れません。受信感度は非常に良いと思います。日常生活で問題になるようなことはないはず。

 

音ズレもスマホで動画を見てチェックしましたが全く感じませんでした。口の動きと声が完全にシンクロしていたので動画を見る際も快適でした。

 

◎バッテリー持ちは音楽再生で29時間

音楽の連続再生で30時間持つと仕様上なっていますが、実際にそれくらい持つのか試してみました。その結果、音楽の連続再生で29時間11分バッテリーが持ちました。

 

充電も実際に試しました。その結果、空から満充電に掛かった時間は5時間1分でした。

 

○有線として電源要らずで使用出来る

Bluetoothでの無線接続で使用することは勿論ですが、有線での接続も出来ます。詳しくは後述しますが、3.5mmでも6.3mmでもどちらのAUXケーブルでも使用可能です。

 

有線接続の際はバッテリーを使用しませんでした。そのため、バッテリー残量を気にすることなく、一般的な有線ヘッドホンとして使用可能です。ちなみに、Bluetooth接続している際にこのAUXポートにケーブルを差し込むと、こちらが優先されてBluetoothは自動的にオフになり、有線の方から音が出てきます。

 

○3.5mm、6.3mmどちらのAUXケーブルも使用出来る

前述しましたが、有線接続の際は3.5mmでも6.3mmでもどちらのAUXケーブルも使用出来ます。右イヤーカップに3.5mm。左イヤーカップに6.3mmのポートがあります。どちらを使用してもきちんと音が聴けます。

FFC509BC

 

6.3mmは主にアンプなどで良く使用されるので、直接アンプにも接続出来ます。AUXケーブルは3.5mmも6.3mmも両方付属しています。

 

○有線で数珠繋ぎに出来る

ユニークな機能としては、左右にあるAUXポートにケーブルを接続して数珠繋ぎに出来ることです。例えば『テレビ→当該ヘッドホン→もう1つのヘッドホン』と数珠繋ぎにすることで、外に音を漏らさず2人で音を聞けたりします。

E624C491

 

もう1つの活用例としては、『テレビ→当該ヘッドホン→スピーカー』などです。そうすることで1人はヘッドホンで没入感高く音を聞き、なおかつ周囲に普通に音を出すことも可能。工夫次第でこの数珠繋ぎの機能は可能性が広がります。

 

○コンパクトに折りたためる

持ち運びも想定されているヘッドホンなのでコンパクトに折りたためます。また、その折り畳み方は二通りあります。画像のように下段左は、イヤーカップをくるっと90度回転させて厚みをなくしたいらにした様子。この状態だと背の低い机の引き出しなどに入りやすくなります。もう1つの下段右はイヤーカップはそのままで内側に折り畳み単純にコンパクトにした様子。これだとバッグの中に入れて持ち運ぶなど、外に持っていくときに便利です。

40969E23

 

内側に折り畳むと片手で簡単に握りきれるほどコンパクトになります。重さは241.5gと軽量でした。

2713C026

 

付属にこのヘッドホンを入れるPUレザーの収納袋があるのですが、内側に折り畳むと丁度入るジャストサイズ。持ち運びの際に傷付けたくないとか汚したくない方は徴用すると思います。

9ECABDC1

 

総評

Bluetoothでの無線ヘッドホンですが、バッテリーなしでの有線接続も可能です。なおかつ3.5mm、6.3mmの両方が使えるので、接続方法は多岐にわたり、色々な機器に接続出来る活用範囲の広いヘッドホンです。折り畳み方法も平らにする方法と体積を小さくする方法の2通りありますし持ち運びにも便利です。

 

安っぽさも感じませんし。メーカーロゴはヘッドパッドに薄く刻印されているだけなので、外で使用してもデザイン的に問題なく、家でも前述したように色々な接続方法があるので便利に使えます。オーソドックスな機能も備えつつ使用シーンが広いヘッドホンです。

 

こんな人にお勧め

  • オーソドックスな操作性のヘッドホンが欲しい人
  • 有線接続で電源要らずのヘッドホンが欲しい人
  • 3.5mmと6.3mmのAUXケーブルが接続出来るヘッドホンが欲しい人
  • AUXケーブルで数珠繋ぎに出来るヘッドホンが欲しい人
  • バッテリー持ちが音楽再生で30時間持つヘッドホンが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品