「スマートフォン moto g52j 5G SIMフリー/MOTOROLA」レビュー1 ~開封の儀~


今回レビューするのは、MOTOROLAさんのスマートフォン『moto g52j 5G SIMフリー』です。

 

今回は全3回ほどレビューする1回目となります。1回目の今回は開封して外観や特徴をザッと見ていきたいと思います。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

created by Rinker
Motorola(モトローラ)
¥33,500 (2022/11/29 10:39:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

スペック

ネットワーク
2G:GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz
3G:W-CDMA B1/B2/B5/B8/B19
4G:LTE B1/B2/B3/B8/B18/B19/B28/B38/B41/B42
5G:n3/n28/n77/n78

通信機能
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
Bluetooth 5.1

テザリング
SIM
タイプ:nanoSIM/eSIM

スロット数:1 (nanoSIM)、DSDV※ デュアルSIM構成はnanoSIMとeSIMとなります。SIMトレイでは物理SIM(nanoSIM 1枚)とmicroSDを同時使用できますが、nanoSIM 2枚を同時使用できません。eSIMの使用はすべての携帯電話キャリアでサポートされているわけではありません

GPS
GPS, A-GPS, LTEPP, SUPL, GLONASS, Galileo

カメラ
アウトカメラ:約5,000万画素メイン (f/1.8) + 約800万画素 超広角(118°)深度センサー(f/2.2)+ 約200万画素マクロ (f/2.4)、LEDフラッシュ
インカメラ:約1,300万画素 (f/2.2)

動画録画
アウトカメラ:メイン: FHD (60/30fps), スローモーション HD (120fps) マクロ: HD (30fps) 超広角: FHD (30fps)
インカメラ:FHD (30fps)

USB Type-C (USB 2.0)

センサー:加速度計、近接センサー、環境照度センサー、ジャイロセンサー、eコンパス

生体認証:指紋認証、顔認証

NFC/おサイフケータイ

FMラジオ

Motoアクション

親切ディスプレイ、ピークディスプレイ、クイックキャプチャー(カメラ起動)、LEDライト点灯、持ち上げてロック解除、パワータッチ、持ち上げて消音、下向きでマナーモード、3本指でスクリーンショット、スワイプで分割、ゲームタイム、メディアコントロール、オーディオ効果(Dolby Atmos)

 

外観

パッケージ外観
5C5B6F8D

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

F847DE4C

 

スマートフォン。6.8インチの大画面です。

1B77DCBF

 

カードスロットピン。SIM、SDカードスロットを開けるときに使用します。

6F666ACE

 

説明書。スマホは電源を入れて、ガイドに従って設定するので、簡単な二つ折りの紙のみです。

FC981F45

 

重要説明事項。法的な話など重説です。ユーザーは特に読む必要はありません。

B36AF684

 

保証に関しての説明書。

F0336868

 

動画

 

開封の義

スマートフォン

この『moto g52j 5G 』は6.8インチの大画面です。とは言え、一般的な4:3や16:9の画面比率ではありません。画面解像度が2460×1080で41:18という超縦長です。ザックリ20:9と書いた方が想像しやすいでしょうか。16:9より大分縦長です。最近はこの縦長スマホがほとんどです。

 

大きさを測ると、縦約17.5cm×幅約7.5cm×厚さ0.9cm(カメラレンズ部分1.03cm)。カメラレンズ部分は少し出っ張っており、他より0.13cm厚みがあります。0.1cm程度の少しの出っ張りなので、地面に置いても特に違和感はなく、操作しても不安定にグラつくこともありません。

9BA37610

 

カメラレンズの出っ張りが気になるなら、付属の透明TPUケースを装着すると良いでしょう。出っ張りが完全に消えてフラットになります。また、もっとしっかりしたTPUケースや手帳型ケースが欲しい場合、Amazonなどのサイトでたくさん売っています。私は毎回手帳型ケースを買っており、今回も購入しました。

●moto g52j 5G ケース

 

重さは203.5g。さすがに6.8インチサイズなのでやや重いです。男性なら特に問題ありません。すぐに慣れます。

9E99D3EB

 

片手で持った様子。さすがにこのサイズなので、片手で盛って指が反対側の画面に届きません。簡単な操作なら片手でも出来ますが、基本両手での操作になります。

47A4CFA8

 

裏面には三眼のカメラレンズ。横にはフラッシュライト。ライトは懐中電灯として常時点灯させることが可能。また、上の右側にはNFCセンサーがあります。

B84E90AB

 

NFCセンサーには薄くアイコンが印字されており、かざす位置がわかりやすくなっています。マイナンバーカードをスムーズに読み込むことが出来ました。

3E26152B

 

左側面にはSIM、SDカードスロット。DSDV(SIMを2つ同時使用、同時待ち受け、両方で4G通信可能)です。ただ、SIMカードが2つ入るわけではなく、eSimとSIMカード1枚でのデュアルSIMです。SIMカード2枚が入りません。

AC89854C

 

右側面には、電源ボタン&指紋認証パネル、ボリュームキー、Googleアシスタントボタン。Googleアシスタントボタンとは、ここを押すと、Googleアシスタントが起動し、音声認識出来るようになります。

B1A455F3

 

下面は右からイヤホンジャック、マイク、USB Type-Cポート、スピーカー。スピーカーはここにしかなくモノラルです。moto g52j 5G は非常に良いスマホだと思いますが、個人的に唯一と言って良いほど残念なのはスピーカーがモノラルなこと。6.8インチサイズなので、せっかくなら上面にもスピーカーがあれば、良い音声で動画や音楽、ラジオを聴けたのに…。

CDB1CBC5

 

上面にはマイク。上面と下面に両方マイクがあるので、スピーカーにして通話して、どの位置で喋ってもきちんとマイクの声が乗ります。

5C5CE671

 

正面上部には、ノッチ(カメラレンズが液晶が面内に飛び出している形状)のインカメラ、右にはわかりづらいですが照度センサー。照度センサーにより、画面の明暗が自動で調整されたり、手帳型ケースのフタを開けると自動で画面が転倒したりします。

55F071F4

 

アクセサリー

アクセサーリー類は、TPUケースとカードスロットピンしかありません。通常は付属しているUSBケーブルやUSB充電器もありません。ただ、今は皆さんUSBケーブル、USB充電器くらいは持っていると思うので、そこを勘案してカットし、コストを下げているのだと思います。

5A32C21E

 

TPUケースにはUSBポートなど必要な部分にきちんと穴が空いています。また、側面をきちんと覆う柔らかいシリコン製なので、落下してもある程度は衝撃から守ってくれます。ただ、画面側は無防備なので、私は毎回手帳型ケースを購入しています。

909B0D46

 

カードスロットピン。こちらも紛失した場合、数百円で別途購入することが出来ます。

C3A1F281

 

説明書など

説明書は非常に簡易的な物で、SIMカードの入れ方が書いてあるくらいです。前述もしたように、今のスマホは電源を入れ、出てきた指示に従って設定していけば良いので、説明書を読む必要もありません。

52729ECB

 

重要説明事項は、法的なことは技術的なことが、ルールで決まっているので、取り敢えず説明しますみたいなものなので、説明書以上に読む必要はありません。

63F289B0

 

総評

まず、ファーストインプレッションとして、特徴を挙げると、6.8インチの大画面、5000mAHの大容量バッテリー。詳細は次回以降に譲りますが、NFC、おサイフケータイ、IPX8の完全防水などでしょうか。

 

画面が大きい方が好きという方、電子書籍を読む方、文字を大きくして見たい高齢者などに最適だと思います。また、eSim対応、DSDVも使い勝手が良く便利です。

 

次回は使ってわかった詳しい記事を書いていきます。

 

第1回と第2回と第3回の記事

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品


 

この記事の商品

created by Rinker
Motorola(モトローラ)
¥33,500 (2022/11/29 10:39:19時点 Amazon調べ-詳細)