善意のYAWARAと悪意のHappy!「Happy!/浦沢直樹」レビュー

あらすじ

Happy!

両親と死別し、幼い弟妹の世話をする高校3年生、海野幸はある日、事業に失敗し蒸発した兄の借金2億5000万円を背負うことになってしまう。そこで高校に退学届を提出しプロテニスプレイヤーとなることを決意するが、日本プロテニス界の有力者、鳳財閥会長の鳳唄子にテニス界からの永久追放を通告されてしまう。しかし、鳳唄子がライバルの娘である竜ヶ崎蝶子がテニス界のヒロインとして注目されたため、それに対抗する形で海野幸がテニスプレイヤーとなる。そうして、海野は兄の借金をかえすためにプロテニスをすることになった。

 

テニス版YAWARA!

この漫画はテニス版のYAWARA!です。同じ作者なので、二番煎じとの言葉も違う気がするのですが、端的に表現すると、やはりYAWARA!の二番煎じが一番しっくりきます。なにせ主人公の海野幸(→柔)、憧れの先輩鳳圭一郎(→風祭)、最初は反発するも段々打ち解ける桜田純二(→松田)、ライバルであり意地悪キャラの龍ケ崎蝶子(→さやか+邦子)。YAWARA!の次に描いた漫画だけに、絵柄や登場人物や関係性のかなりの部分でYAWARA!をなぞっています。

 

A603B964 1C25DEFB

 

ただYAWARA!とは違って、幸(みゆき)の背負う物が重いです。YAWARA!の柔が背負う物は父親の失踪くらいでしたが、それすらそれほど深刻に受け止めなくて良いような描写でした。しかしこのHappy!の幸は、兄が事業に失敗して失踪し、2億5千万円の借金を背負い、ソープランドに売り飛ばされそうになりながら、極貧の中弟妹3人を養い、更には悪徳エージェントに騙されて契約してしまいます。YAWARA!の父親失踪は少し現実離れした修行との設定だったので、深刻に受け止めずに済んだのですが、Happy!の背負う物は非常に現実的で、かつ何重にもあって、YAWARA!のようにただ読んでいて楽しい気分になるのは難しいかもしれません。

 

このような背景を、物語の深みや幅としてポジティブに捉えるか、もしくは苦労が多すぎて楽しく読めないとネガティブに捉えるか。Happy!を楽しめるかどうかは、この辺の受け止め方に掛かっているかもしれません。とは言っても、ストーリーの柱はYAWARA!と同じく、スポーツラブコメの要素が強いので、本当に陰鬱になるような漫画ではありません。あくまでバックボーンが重いだけで、幸は前向きですし、助けようとしてくれる人もいますし、最終的には良い方向へ向かいます。

 

いやなキャラがいっぱい

YAWARA!でのいやなキャラは邦子は当然として、あとはせいぜいライバルのさやかお嬢様くらいでした。一応いやなキャラ(お邪魔キャラ)としてさやかお嬢様を挙げましたが、さやかお嬢様は基本的に姑息な手段は使わず、柔道でも恋愛でも基本的に正面から勝負していたので、そこまで鬱陶しくはありませんでした。

 

ECB918ECC209E661

 

ところがこのHappy!はいやなキャラがいっぱいです。YAWARA!のキャラでの松田に位置する桜田も、ヤクザの下っ端の借金取りで、幸をソープランドに沈めようとしていましたし、借金取りの親分鰐淵も言わずもがな。ライバルの蝶子はさやかお嬢様に邦子の底意地の悪さを足したキャラです。また、借金取りグループのビッグバンファイナンスの面々も、ヤクザなので殴る蹴るの暴力を当たり前に使うので、そのような点ではYAWARA!と大きく異なっています。

 

YAWARA!は登場人物がいい人ばかりの世界だったのですが、このHappy!はいやなキャラが多い世界で、その悪意の世界で幸が頑張る話です。YAWARA!と登場人物や関係性が似ているとは書きましたが、主人公を取り巻く世界で見るとだいぶ違います。

 

浦沢直樹漫画最強の憎らしいキャラ蝶子

浦沢直樹さんの漫画は全て読んでいるのですが、浦沢直樹さんの描く漫画で最もいやらしく憎らしいキャラは、この蝶子で間違いないと思います。ハッキリ言うと邦子なんて足下にも及ばないくらいムカつきます。

 

EB62236C20CB1CAB

 

YAWARA!のライバルであるさやかお嬢様より出番が圧倒的に多く出突っ張りで、なおかつその登場シーンのほとんどが、幸を陥れるための策略です。ここまで徹底的にいやなキャラにするのはビックリするほどで、完全にムカつくだけのキャラになっています。このキャラで気分が悪くなるからとの理由で、Happy!を読むのを止めても不思議ではありません。それくらい突き抜けているんです。

 

悪意の世界

前述もしましたが、主人公を取り巻く世界が本当に違います。基本的にYAWARA!の世界は、主人公を応援する人で構成されているのですが、このHappy!の世界は、主要登場人物だけではなく、名前もないマスコミ関係者や観客のほぼ全てが、主人公を嫌う人で構成されています。

 

おそらくYAWARA!から続けて描いた同じジャンルのスポーツ漫画なので、違いを出すためだとは思うのですが、周りの観客や世論、マスコミなどの世界を見ると、柔を頑張れと応援していたYAWARA!とは真逆です。このHappy!では、幸の試合を見る観客やマスコミ、世論は基本的にアンチ幸です。幸が凄く嫌われているので、試合中にブーイングやヤジがガンガン飛んできます。いくら頑張っても報われず、蝶子の策略などの影響もあり、何をしても幸が悪者に仕立て上げられるので、読んでいて楽しい気分になるのは中々難しいと思います。

 

4806B824

 

ストーリー展開としては面白いんですけどね。ただなにをやっても報われず、いつまでたっても世間は幸を悪役としてブーイングするので、YAWARA!のように「気持ちのいい話」がほぼないんです。ただ逆に、いい加減そろそろ報われるだろ、報われてくれ。そんな気持ちでページをめくる手が逸るので、先が気になるという点ではYAWARA!に引けを取らないのかも知れません。

 

YAWARA!Happy!の違い一覧

ここでYAWARA!Happy!の違いを分かりやすく表にしてみました。

 

YAWARA! Happy!
通常版の巻数 29巻 23巻
作中の時間経過 約5年 約2年
開始時の主人公の年齢 16-17歳(高2-3) 18歳(高3)
主人公の強さ 最初から最強 3年前のJr王者でブランクあり
主人公の立場(世間) ヒロイン、アイドル ヒール(悪役)
主人公の立場(競技力) 全選手から追われる王者 全選手が格上の挑戦者
当該スポーツへのスタンス やりたくない やるしかない
当該スポーツをする理由 流されて 兄の借金を返すため
最終目標 オリンピック金メダル、
国民栄誉賞
兄の借金返済、
打倒サブリナ・ニコリッチ
世間やマスコミの反応 応援、好意 敵意、悪意
脇役のエピソード 非常に多い 非常に少ない
憧れの人 風祭進之介 鳳圭一郎
憧れの人の家柄 風祭酒造の跡取り(ボンボン) 鳳財閥の御曹司(ボンボン)
憧れの人の競技力 実力はあるが本番では弱い 実力はあるが本番では弱い
恋の相手候補 風祭進之介、松田耕作 鳳圭一郎、桜田純二
親友 伊東(花園)富士子 賀来菊子
師匠 猪熊滋悟郎 サンダー牛山
師匠の詳細 全日本柔道選手権5連覇、
柔道7段、お爺ちゃん、厳しい
八百長でテニス界永久追放、
教え子へ猥褻行為、
指導力は一流
味方 敵以外ほぼ全て 弟妹、鳳圭一郎、賀来菊子
本阿弥さやか、加賀邦子 味方以外ほぼ全て
ライバル(日本人) 本阿弥さやか 龍ケ崎蝶子
ライバル(日本人)の家柄 本阿弥財閥のお嬢様 龍ケ崎財閥のお嬢様
ライバル(日本人)の性格 正々堂々 人面獣心
ライバル(外国人) ジョディ、テレシコワ サブリナ・ニコリッチ

 

このように一覧に比較してみるとよく分かるのですが、YAWARA!Happy!では、表面上の設定や登場人物の関係性は非常に似ているのですが、その実細かいところで少しずつ違うんです。これはYAWARA!に続いてHappy!を描き、同じ若い女性が主人公のスポーツ物とのことで、なんとか話を変えようと工夫していたことが窺えます。

 

浦沢直樹さん自身は違うジャンルの漫画を描きたかったそうです。しかし編集部に勧められてYAWARA!と同じような漫画を描いたとのことなので、いかにYAWARA!と差別化を図るか苦労したのではないでしょうか。

 

前述もしましたが、一言でYAWARA!Happy!の違いを言うなら、「YAWARA!は(主人公の周りが)善意の世界」で「Happy!は(主人公の周りが)悪意の世界」です。

 

いやなキャラの更正が遅い

このHappy!はいやなキャラが非常に多いです。通常は物語が進むにつれ、こういったキャラは段々と心を入れ替えたり、主人公を認めていやなキャラではなくなっていくのですが、ほぼ全てのキャラが最後の最後までいやなキャラのままでした。本当に最後の最後、サブリナとの戦いの最中に、蝶子や鳳唄子がちょっと応援するコマがあるくらいで、心を入れ替えて主人公と和解なんてエピソードは、唯一ウェンディ・パーマーであったくらいでしょうか。しかし元々ウェンディ・パーマーは、Happy!の中ではそれほどいやなキャラではなかったので、更正とか心を入れ替えるってのとは少し違いますけどね。

 

98749C07

 

成功していく気持ちよさがない

前述もしましたが、幸がいくら勝っても周りから応援して貰えず、むしろブーイングが酷くなるばかりです。優勝してもほぼ全て借金の返済に充てられ、スポンサー料も悪徳契約により全く入ってきません。いつまでたっても幸の生活は苦しく、地位も名誉も全く上がっていく様子が見えないので、スポーツ物の大きな楽しみの一つである、「成功していく様」が全くと言っていい程感じられません。唯一最後のサブリナとの試合で、観客がサブリナも幸も両方に声援を送るシーンがあったくらいでしょうか。

 

2D3F74CB

 

個人的な希望を書くと、こういった今までアンチ幸だった人々が、幸の頑張りに心打たれ、徐々に態度が変わり応援に変わっていく。こんなエピソードがもっと見たかったです。

 

今の浦沢直樹漫画との類似点

今の浦沢直樹さんは、すっかり頭を悩ませる伏線を張り巡らせる伏線漫画家になってしまいましたが、YAWARA!はそのようなことはなく、素直に読んでいて楽しい漫画でした。このHappy!YAWARA!と同じ若い女の子が主人公のスポーツ漫画なので、同じような作風かと思いきや、実は最後の方で今の浦沢直樹さんのテイストが見え隠れします。

 

ウィンブルドン決勝で戦う幸と、ヤクザに誘拐されてピンチの弟妹を救う桜田や鳳の様子、そして一見関係ないフィリピン人娼婦の救出。このような複数の出来事が別々の場所で同時に起こり、関係のないと思われた出来事が繋がる。この辺の構成に今の浦沢直樹さんの作風を感じられます。

 

この頃、同時期にMONSTERも連載しており、MASTERキートンに続き、MONSTERには原案者として長崎尚志さんも関わっていた時期なので、おそらくこの辺に影響されたのではないかなと思います。

 

浦沢直樹さんと長崎尚志さんが組んだ漫画、長崎尚志さんが手がけた他の漫画家と組んだ漫画を見ると、伏線を張り巡らせる作風は、この長崎尚志さんの影響がかなり大きいと思います。

 

長崎尚志

  • MASTERキートン (作画:浦沢直樹)
  • MONSTER (作:浦沢直樹)
  • ANOTHER MONSTER―The investigative report (共著:浦沢直樹、ヴェルナー・ヴェーバー)
  • 20世紀少年/21世紀少年 (作画:浦沢直樹)
  • PLUTO (作画:浦沢直樹、原作:手塚治虫)
  • 終戦のローレライ (原作:福井晴敏、画:虎哉孝征)
  • 月に向かって投げろ! (作画:浦沢直樹)
  • なまえのないかいぶつ (著:エミル・シェーベ、 訳:うらさわ なおき)
  • BILLY BAT (作画:浦沢直樹)
  • デカガール (作画:芳崎せいむ)
  • SQ (作画:きら)
  • 憂国のラスプーチン (作画:伊藤潤二 原作:佐藤優)
  • MASTERキートン Reマスター (作画:浦沢直樹)
  • うさぎ探偵物語 (作画:芳崎せいむ)

 

 

決着は付いたんだろうか

ここから先は、今まで以上に核心のネタバレがあり、物語の終わり方をハッキリ書いてあります。まだこのHappy!を読んでおらず、このあとに漫画を読もうと思っている方は、ここから先は読まない方が良いと思います。

 

実はこのHappy!は、YAWARA!と違って物語にあまり決着が付いていないような気がします。YAWARA!は全てに決着が付いた終わり方だったのですが、このHappy!は、桜田、鳳との恋の行方に決着が付かず、YAWARA!でいうところの松田である桜田なんて、最後の方にポッと出てきたフィリピン人売春婦とくっついてしまいます。結局幸は誰ともくっつきませんでした。

 

いつもの日常が続くとの演出をするためでしょうが、幸の兄が相変わらず怪しい商売で1発当てようとしているのもどうも…。ここは少し成長した様を描いて欲しかったです。

 

終わり方

物語がクライマックスになると、幸の膝が爆弾を抱えており、いつその爆弾が爆発して選手生命が終わってもおかしくないとの、スポーツ漫画ではよくある話になります。こういった話の場合、短い選手生命の中で一度だけ頂点に立ち光り輝く。しかし結局その怪我が原因で引退。その後普通の生活をしている様を見せて完結。こんな流れが少なくないのですが、このHappy!でもそのよくある終わり方になるのだろうなと思ったら、しばらく時間が経過して休んだ様子はあるのですが、復帰することを明示して終わるので救われました。

 

このスポーツ漫画でよくある、「一瞬だけ頂点に立つものの怪我が原因で引退」エンドは、太く短く輝いた人生を描くので、劇的なストーリーになって物語りにしやすいんでしょう。頂点を極めてハッピーエンドとの単純な終わり方より、感傷に浸る部分もあり、少し捻った終わり方なので、クリエイターがこれを好むのもわかりま す。しかしそのような漫画が多いので、YAWARA!のような素直にハッピーエンドもまた良い物なんですよね。

 

間違いなく面白い…けど

ここまでYAWARA!との違いを中心に、このHappy!の感想を書いてきましたが、どうしても段違いに面白く完成度が高い完璧とも言えるYAWARA!と比べると、Happy!に関して辛口になってしまうのですが、決してつまらないことはなく、十二分に面白い漫画です。

 

先が気になる、続きを早く読みたい。この気持ちで言えばYAWARA!より上かもしれません。ただ何回も書いているのですが、世間や周りの登場人物のほとんどが幸に辛く当たります。いくら頑張っても報われません。この世界観をどう受け止めるかです。読んでいて楽しい気持ちや幸せな気分になれるのは圧倒的にYAWARA!です。Happy!の場合は残念ながらそのような気持ちはあまり出てこないと思います。とは言え、漫画としての完成度は非常に高く、読み始めたら止まらなくなりました。

 

内部リンク

 

こんな人にお勧め

 

関連商品

 

当該商品

関連記事

  1. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第038話「夏の思い出」」

  2. 人生やり直し物語「僕だけがいない街/三部けい」レビュー

  3. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第057話「Don’t フォロー ミー」」

  4. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第005話「春遠からじ!?」」

  5. 遂にスタンド登場「ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース/荒木飛呂彦」レビュー…

  6. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第093話「ひとつだけお願い」」

  7. 漫画全話レビュー「めぞん一刻 第137話「迎えうち」」

  8. 新作が始まったので読んでみた「アウターゾーン/光原伸」レビュー

  9. 変な漫画をまた発見「ワンパンマン/村田雄介xONE」(第1~4巻)レビュー

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP