おすすめ記事

シンプルなデザインで普段使いにも「ゲーミングヘッドホン GT1000/Otrue」レビュー

特徴

  • 2016最新型ゲーミングヘッドホン、7.1chバーチャルサラウンド対応、曲げやねじれに強い鋼製ヘッドバンド、全指向性マイクロホン、眩しいLEDランプ、多機能コントローラー採用で、あなたにより優れたゲーム体験をもたらす。
  • 7.1chバーチャルサラウンド: 3Dバーチャルスピーカー変位技術を用い、安定したよりきれいな音声出力によって、音場効果の表現力を更に高め
  • 人間工学に基づいたフローティングダブルバンド構造により。また、軽量化設計で装着時に圧迫感ゼロ、長時間の視聴に適し
  • 銅線入りチューブ型に設計され、バイクを自由に回転したり曲げたりすることができ、360°全方位録音を確実に実現する
  • Hi-Fiドライバーニット: 高磁束密度のドライバーユニットで音域の広さと音声の感度を効果的に向上させ、Hi-Fiの音質を提供する

 

長所と短所

  • ○USBケーブル1本で接続出来る
  • ○シンプルなデザイン
  • ○LEDのオフがボタンで出来る
  • ○マイクが稼働して邪魔にならない
  • ○アラウンドイヤーで耳が痛くならない
  • △USB端子の無い端末には接続出来ない

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、Otrueさんのヘッドホンです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

化粧箱。

 

9334C20A

 

同梱品はヘッドホンのみのシンプルさ。

 

0289BB39

 

コントロールパネル。音量ダイヤル、LEDのオン/オフ、マイクのオン/オフ。

 

3DE5B1F9

 

ケーブルは柔らかくて取り回しが良いです。

 

76D84758

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

気になるところ

 

USB端子の無い端末には接続出来ない

これは短所ではないのですが、USB端子1本しかケーブルが無いため、USB端子の無い機器には接続出来ません。例えば、TVとかコンポとかですね。スマホやタブレットには変換アダプタを噛ませば接続出来る機種もありますが、こちらも基本的に接続出来ません。

 

USBケーブル1本で接続出来るのはメリットではあるのですが、汎用性が低くなる点も留意しておかなければなりません。

6845DD52

 

USBケーブル1本で接続出来る

前述のように、接続出来る機器の幅は狭くなってしまうのですが、USBケーブル1本で接続出来ることは簡単なのでメリットになると思います。

 

このようなゲーミングヘッドホンの場合、USBケーブルでLED点灯用の電力を、オーディオケーブルで音声をと、2本のケーブルが付いている物も多いのですが、こちらはLEDの電力、音声供にUSBケーブル1本で賄っています。どちらを選ぶかは、使う人がどの機器に接続するかで変わるので、良い悪いではありません。TVやコンポやスマホなど多くの機器に接続したい場合、オーディオケーブルが付いているヘッドホンが良いでしょうし、基本的にPCで使用するなら、このヘッドホンのようなUSBケーブル1本タイプの方が、ケーブルがゴチャゴチャしませんし、取り回しも良いのでベターかと思います。

 

ちなみに、私の環境(Windows 10)では、このヘッドホンはUSBケーブルをPCに接続すると、自動で認識するので、ドライバの類いをインストールしたり設定する必要はありませんでした。

 

シンプルなデザイン

ゲーミングヘッドホンは、派手なデザインの物が多いのですが、このヘッドホンは変わった模様や迷彩柄など一切無く、実にシプルナデザインでした。派手なデザインの方が良い、それこそがゲーミングヘッドホンだと言う方には向かないとは思いますが、私はシンプルな落ち着いたデザインが好きなので、このヘッドホンのデザインは好みでした。

 

8CCEF4BA

 

シンプルなデザインなのですが、かと言って黒一色の地味すぎることも泣く、蛍光色の緑が良いアクセントになっていて、普段使いのヘッドホンとして装着しても全く違和感が無いと思います。

 

LEDのオフがボタンで出来る

このようなゲーミングヘッドホンは、イヤーカップなどにLEDライトが仕込まれており、接続するとピカピカ光るのはお馴染みです。大抵、USBケーブルを接続すると点灯し、その後は常時点灯。点灯させたくなければ、USBケーブルを抜く仕様も少なくないのですが、このヘッドホンはコントロールパネル部分にLEDのオン/オフを切り替えられるボタンが付いています。ワンタッチでLEDを切り替えられるのは便利でした。

 

CBBCC798

 

マイクが稼働して邪魔にならない

このヘッドホンのマイクは自由に動く対応で、使うときは口元に、使わないときは上に上げて邪魔にならないように動かすことが出来ます。また、支柱がグンyグニャ動くので、角度や位置は自由自在です。

 

アラウンドイヤーで耳が痛くならない

イヤーカップは大きく、耳たぶまでスッポリ覆うタイプのアラウンドイヤーとなっており、耳が痛くなることは全くありませんでした。

 

このようなアラウンドイヤーか、耳たぶを圧迫して遮音性を高めるオンイヤータイプか、どちらが好みかは人によるのですが、私は耳が痛くなるのは苦手なので、アラウンドイヤーのこの手のヘッドホンがどちらかといえば好みです。

 

517083FE

 

音質について

音質については詳しい方でもなく、こだわる方でもないのですが、ゲーミングヘッドホンらしく低音が良く出て響く感じです。高音も付属無く出ていて、シャリシャリとしたチープな音も感じなかったので、十分ヘッドホンとしての音質は良いと思います。

 

おわりに

ゲーミングヘッドホンと言うと、派手でピカピカ光る印象があるのですが、このヘッドホンはシンプルな黒と緑のデザインで派手な模様は一切無く、LEDライトもコントロールパネルのスイッチで簡単にオフに出来るので、普段使いのヘッドホンとしても使えると思います。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

当該商品

The following two tabs change content below.
記事を読んでいただき有り難うございました。当ブログは管理人が日々購入した物や観た物の感想やレビューを書いていくHPです。何かの参考になれば幸いです。(詳しいプロフィールお知らせレビュー依頼お問い合わせ

関連記事

  1. 0.5秒で体温や表面温度を測れる非接触体温計「HT-668/桜beauty life」レビュー

  2. イヤーフック無しでもしっかり装着出来るBluetoothヘッドセット「cozyponyスポーツイヤホ…

  3. 太陽光でスマホに充電可能「折りたたみ式 大容量 24W 3ポート ソーラーパネル/RAVPower」…

  4. Amazonオリジナルの安価でしっかりした三脚「軽量三脚 150cm/Amazonベーシック」レビュ…

  5. 大きいけど機能が豊富な電源タップ「電源タップ/Te-Rich」レビュー

  6. スリムな20mのモジュラーケーブル「MJ-20WH/エレコム」レビュー

  7. どんな激しい動きをしても一切ずれないヘッドセット「QY11/Innoo Tech」レビュー

  8. USB3.0の格安カードリーダー「TS-RDF5K/Transcend」レビュー

  9. 40インチ液晶TV「REGZA 40A1/東芝」レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP